昆虫

2010年10月29日 (金)

秋の蝶たち・蜜を求めて

暖かい秋の日を浴びながら、蝶たちとの出会いがありました。
(画像をクリックすると拡大します、さらにクリックするとさらに拡大します。)

 Nikon D3S / D700

1.
Zq0401

2.
Zq0402

3.
Zq0403

4.
Zq0404

5.
Zq0405

6.
Zq0406

7.
Zq0407

8.
Zq0408

9.
Zq0409

10.
Zq0410

11.
Zq0411

12.
Zq0412

13.
Zq0413

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

Nikon D700 テスト撮りをして見ました(5)

色々と条件を変えて撮ってみました。
WBはオートに設定しましたが、正確に働いているようです。
※画像をクリックすると拡大します、左上の閉じるボタン[←]で閉じてください。

one
Axa0601_2             

two
Axa0602_2

three
Axa0604

four
Axa0603_2

five
Axa0605

six
Axa0510

seven
Axa0606

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

一期一会・・・花を訪ねて〔16〕・蜜を求めて・・・

『心に残る思い出の作品』

※ 作品№0175   副題 「めおと蜂」
P01001
 §E100VS
 ラベンダーの蜂蜜はどんな味なんでしょう。 香りは?

※ 作品№0477    副題 「長いストロー」
O01018
 §RVP F
 ・・・私は、どの花を訪れるのも、マイ・ハシならぬマイ・ストローを持って行きます。昔からエコを実践しているんです・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

一期一会・・・花を訪ねて・思い出の一枚〔2〕

『作品の優劣ではなく、それぞれに、撮影のいきさつ、使用資機材、構図の組み立て、発色の忠実度など、心に残る思い出がある』

※ HCOP作品 №0003          副題「花粉の狩人」

Q01101
 § E100SW

※ようやく修理の終わったスキャナーのカラー調整を兼ねていますので、すでにUPした画像と同一場所で撮影した画像も含まれています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

アゲハ蝶の羽化

私は銀塩主義者ですが、この度、フイルムスキャナーが故障し修理中のため、デジタルカメラの実力をテストしてみようと思い立ち、直接パソコンへ画像転送の出来るコンデジを使用して無謀にもアゲハ蝶の産卵から羽化までをレポートしてみました。
もちろん、納得の行く出来ではありませんが、この位までは何とかなる、という貴重な経験をすることが出来ました。
何も考えず、撮りも撮ったり200枚、リバーサルじゃ大変な出費ですが、しかし、
“最近のデジタルは結構使えるな”というのが正直な感想です。
そこで、一部をダイジェストしてUPしてみましたので、ご笑覧下さい。


Dscn091396
5月のある晴れた日、庭の蜜柑の木に、アゲハ蝶が来て盛んに産卵をしていました。


Dscn094997
葉の裏には数個の卵が産み付けられていました。


Dscn093298
やがて数日後に卵は孵り、五ミリほどの幼虫となりました。


Dscn095999
幼虫は蜜柑の葉を食べながら成長し、三センチほどの大きさになりました。


Dscn0961100
一週間もすると、第一回の脱皮をしました。そう、青虫となったのです。


Dscn0983101
その食欲の旺盛なこと、見る見るうちに蜜柑の葉は食べ尽くされてゆきます。


Dscn0988104
やがて、蛹となり静かに眠っているようでした。


Dscn1016106
二週間が過ぎた日の朝、蛹の殻を破って出てきました。
背中が割れて出てくるものと思っていましたが、あにはからんや、腹部の方から出てきましたが、その早いこと、一瞬のうちの出来事でした。


Dscn1017107
自分の出た殻ににじり寄り、五分ほどで羽を伸ばし始めました。
蛹の腹側の前が破れているのが分かります。


Dscn1020108
やがて、しっかりと殻につかまり、大きく伸びを始め、それと同時に羽が次第に伸びていきます。


Dscn1028110
十分もするとすっかり羽も伸び肢体共にしっかりとしてきました。


Dscn1037111
両肢を大きく広げ、一頭の成蝶となり、大空のかなたへ飛んで行きました。
この間、約1時間半のドラマを楽しみました。


Dscn1024109
蝶がつかまっているのが、蛹の前側になります。


Dscn0984102
もうひとつ発見がありました。青虫の色のまま蛹になるのも居るんです。
物干竿の突端で糸をかけ蛹になりつつあります。


Dscn0987103
二日もすると青いままで立派な蛹になっていました。


Dscn0997105
羽化した蝶は同じアゲハでしたが、何が違うのでしょう。
雄、雌の違いでもあるのでしょうか?
大きな疑問が残ってしまいました。ご存知の方、教えて頂ければ有難いのですが・・・happy01

| | コメント (13) | トラックバック (0)