旅行・地域

2013年9月11日 (水)

史跡「六角堂」見聞録・・・(後)

    続きです。
  六角堂のガラスが汚れているため、つぶさに中は見られませんでしたが、特に仏像などの安置飾りもなく、写真の通りの念仏板が置いてあるだけでした。
  また、入口の床にはお賽銭がたくさんありましたが、やはり賽銭箱は置くべきでしょうね。

one
309a109_2
two
309a111_2
three
309a110_2
four
309a115
five
309a116
six
309a113
seven
309a112
eight
309a114
おまけ
309a117

大きな貝の殻を拾っている子が居ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

史跡「六角堂」見聞録・・・(前)

  山梨県富士河口湖町八木崎公園に所在する「六角堂」を見てきました。
  テレビや新聞でも話題になったあの六角堂です。
  普段は舟でしか渡ることの出来ないところなんですが、このところの河口湖の水位の低下によって八木崎公園と陸続きになったので誰でも歩いて行ける状態になっています。
  ただ、いつまた湖の水位が回復し元のようになってしまうかも知れませんので渡れるうちに記録をしておくのも必要かと思い、撮影行となりました。

one
309a102
two
309a101
three
309a103
four
309a104
five
309a105
six
309a119
seven
309a106
eight
309a107
nine
309a108
おまけ
309a118

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

<箱根関所>

1.
308a101
2.
308a108
3.
308a103
4.
308a104
5.
308a110
6.
308a109
7.
308a111
8.
308a105
9.
308a112
10.
308a107
11.
308a106
12.
308a102

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

わいにぃ 何か御用でっかぁ?・・・(後)

 毎日、雨ばかりの昨今です。
 出掛ける気になっても写真撮影となるとどうしても二の足を踏んでしまいます。
 こう云うときは前に撮った写真でもゆっくりと振り返って見ながら過ごすしかないのでしょうね。
 梅雨明けはまだまだ先のようですから・・・、そのうちにまた、逢いに行きます。
  

one
305b102



two
305b120



three
305b115



four
305b112



five
305b104



six
305b111



seven
305b117



eight
305b119



nine
305b118


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

わいにぃ 何か御用でっかぁ?・・・(前)

 石像、石佛などは気をつけて歩くと結構あるものです。
 神社仏閣には必ずあるものでし、都心のビル街にも忘れられたようにひっそりと座していることもあります。
 撮ろうと思ってカメラを向けると、いきなり挨拶されたり、用件を聞かれたり、で戸惑うことも屡々ありますね。
すまし顔で撮らせてくれる場合は、ホッとします。 
  


one
305b101_2



two
305b107_2



three
305b110_3



four
305b106



five
305b103



six
305b108



seven
305b114



eight
305b113



nine
305b116





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

早春のディズニー・シーを撮み喰い・・・②

 つづきです。
 ディズニー知識“№1”のブロガーさん達にご案内を頂き、zero番写真の金ぴかドームの中にこんな素晴らしい星空が広がっていることを初めて知りました。
 とても素敵な大宇宙でした。


one
303a113
two
303a109
three
303a115
four
303a114
five
303a116
six
303a111
seven
303a112
eight
303a110
nine
303a122
zero
303a118

おまけ

303a119

303a120

303a121

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

早春のディズニー・シーを撮み喰い・・・①

 東京地方に春一番が吹いた後の某日、快晴でしたが、眼を開けていられないほどの強風の中、すっかり暖かくなった気候に誘われてディズニー・シーへ行ってきました。
 カメラを構えるのも躊躇するほどの風に立ち向かいながらも、苦しみながら、楽しみながらの一日を過ごし、ご懇意にして頂いている素敵なブロガーさん達ともお会いする約束も果たすことが出来ました。
 いよいよ春到来、寒がりの私も行動開始とする気にされてしまいました。

one
303a101
two
303a102
three
303a103
four
303a104
five
303a106
six
303a105
seven
303a108
eight
303a117
nine
303a107

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

昔の風シリーズ・・・落合楼を撮る(4)

 大量に撮影しましたが、限られたブログ内では全部を紹介するわけにも行きませんので、特徴のあるものや、思わずカメラを向けてしまうものなどをUPしてみました。

1.
208c409

2.
208c405

3.
208c407

4.
208c408

5.
208c406

6.
208c403

7.
208c402

8.
208c401

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

昔の風シリーズ・・・落合楼・・残ったつり橋

 落合楼は“狩野川”に沿って建てられていて、「当時の電力事情ではとてもこの大きな施設をまかなえる配電は出来なかったことから、自らが川の水力を活用して発電所を持っていた」との話でした。
 発電所の管理をかねてその横にはつり橋がかけられ、今でも対岸まで行くことが出来ますが、対岸には何の施設もなく、往復して川の流れを眺めてくるだけのものとなっています。
 もちろん発電所はその規模も小さく今は使われていませんが、しっかり管理され、取水口や放水路も活きているところから見ると、有事の際にはすぐにも活用できるのではないかと思える状態でした。
 こういう設備が取り壊されずに残っていると言うのも魅力のひとつでしょう。


1.
208c601

2.
208c602

3.
208c606

4.
208c604

5.
208c603

6.
208c605

7.
208c607

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

Nikon D4試写・・・修善寺にて

 メイン機種の入れ替えに伴い、某日、中伊豆修善寺を撮り歩いてみました。
 色々と自分なりに試写、実験をやって見ましたが、相変わらずの重量と大きさにはそれなりの覚悟をしなければならないことを改めて実感しました。
 しかし、やはり自分の撮影スタイルとしてはこのカメラの持てる諸機能に加え、使用するレンズ群とのバランスなどを考えると、これだけの重さと把持感が必要である、と言う結果に到達しました。
 後は、体力・腕力・気力を鍛えることに尽きるものと納得した次第です。
 

(画像2回クリック拡大対応)

1.

208c701

2.

208c714

3.

208c712

4.

208c713

5.

208c711

6.

208c702

7.

208c703

8.

208c704

9.

208c705

10.

208c706

11.

208c709

12.

208c710

13.

208c707

14.

208c708

15.
208c715

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧