コンデジ

2010年11月24日 (水)

コンデジで紅葉を撮る

ようやく遅ればせながら東京地方にも紅葉の時期がやってきました。
今回は、短時間勝負で歩きながら紅葉を探し、このところ出番の少なくなってぐずぐずと文句を言っているコンデジを持ち出しての撮影となりました。
他のカメラを持って行くとどうしてもコンデジは影の存在となってしまいますので、これ一台だけという冒険行脚です。
まあ、これといって大した物にも出会えませんでしたが、今年の紅葉はこんなものだというところでご容赦下さい。
(腕の無いのを棚に上げての言訳です・・・苦笑)

 Nikon COOLPIX P5000

1)
Zp0601

2)
Zp0610

3)
Zp0611

4)
Zp0607

5)
Zp0608

6)
Zp0606

7)
Zp0604

8)
Zp0605

9)Zp0602_2

10)Zp0603

11)
Zp0612

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

寄道・道草・草枕・・・鉄輪温泉の夜明け

一夜を過ごした別府鉄輪(かんなわ)温泉、ふっと目を覚まし、窓の外を見ると薄曇の中、既に日は昇り昨夜の投宿時には見えなかった源泉の湯煙が静かに舞い上がっていた。
町中が源泉という風景は珍しい。
この湯煙も明るい昼間は見えなくなるという。旅寄りの私にとっては貴重な一枚!
(画像クリックで拡大します。)

Zs0101

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

生命のメッセージ展・・・いのちを見つめて

本日、都下日野市で開催された“生命のメッセージ展”へ行ってきました。
本展は、犯罪被害者としていのちを落とされた方々の悔念の思いをメッセージとして、如何に人命が大切なものであるか、このような理不尽がまかり通ってよいものか等を世に問う非常に重厚な問題を投げかけているものでした。
聞くところによれば、運営は全てボランティアの方々の奉仕によって行われているとのことであり、生命ある者としていろいろと考えさせられる貴重な体験をいたしました。
また、会場には20点余りの生命の息吹を表現された写真が展示されていましたが、辛いあるいは苦しい中にも明日を見据えた素晴らしい作品ばかりでした。
出展者は、私とブログを通じてご交誼を頂いてる方で、厳粛な中にも親近感を覚え、大変有意義なひと時を過ごしてまいりました。
コンデジのみの撮影でしたけれど、ここにその内容を15コマにまとめてみましたので、ご感想など頂ければ幸いです。

1)

Zt0100

2)
Zt0101

3)
Zt0102

4)
Zt0103

5)
Zt0105

6)
Zt0104

7)
Zt0106

8)
Zt0107

9)
Zt0108

10)
Zt0110

11)
Zt0111

12)
Zt0112

13)
Zt0113

14)
Zt0114

15)
Zt0115

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

寄道・道草・草枕・・・香りが持つ二つの感覚(2)

前回に続き、心洗われる香りの海を漂いながら、豪華な容器に魅せられ、そこに昔年の思いを観ながら醸し出されて来る香気を想像するのも、また、感覚を研ぎ澄ます試練となるものであるということを強く感じました。

one
Zu0203

two
Zu0204

three
Zu0205

four
Zu0208

five
Zu0209

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

寄道・道草・草枕・・・香りが持つ二つの感覚(1)

旅の徒然に吸い寄せられるように入ってみました。
ひとの持つ五感のうち、視覚と嗅覚をゆっくりと味わいながら急かされる事の無い自由を満喫しました。
おそらくデジイチを持っていれば、いつものペースに巻き込まれるところだったでしようけど、そこはコンデジの強み、スナップ感覚でのショットです。
しかし、そうなると第六感も働かせたことになるのかなー・・・

one
Zu0210

two
Zu0202

three
Zu0201

four
Zu0206

five
Zu0207

| | コメント (14) | トラックバック (0)