« 兼六園の燈籠拾態 | トップページ | 名残雪・・・上野東照宮ぼたん苑(2) »

2018年2月 5日 (月)

名残雪・・・上野東照宮ぼたん苑(1)

 暦では立春を過ぎたというのに寒波の襲来で厳しい寒さが続いています。
 久しぶりに東京にも思わぬ大雪が降り、震えるような毎日ですが、上野東照宮にあるぼたん苑を訪ねてみました。
 名残雪に咲くぼたんの花は素晴らしく、思わず「♬今春が来て君は綺麗になった~去年よりずーっと綺麗になった♫」などと口ずさみながらカメラを向けてきました。
 牡丹は、日本に奈良時代に伝来したとされていて平安時代に著された「枕草子」や「蜻蛉日記」にも登場しています。
 その後、多くの品種が生み出されるようになったのは、庶民の園芸文化が花開いた江戸時代のことでした。
 同苑には、寒牡丹や冬牡丹が200株ほど咲いていましたが、それぞれが“私こそは…”と美を競い、媚を売る.様には写欲を刺激されずには居られませんでした。


1.
801d101
2.
801d102
3.
801d103
4.
801d104
5.
801d105
6.
801d107
7.
801d106
8.
801d108
9.
801d109
10.
801d111
11.
801d112
12.
801d116
13.
801d115
14.
801d113
15.
801d114
つづく

|

« 兼六園の燈籠拾態 | トップページ | 名残雪・・・上野東照宮ぼたん苑(2) »

写真」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/66359807

この記事へのトラックバック一覧です: 名残雪・・・上野東照宮ぼたん苑(1):

« 兼六園の燈籠拾態 | トップページ | 名残雪・・・上野東照宮ぼたん苑(2) »