« 昔の風シリーズ・・・高円寺ゆかりの片鱗(2) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・阿佐ヶ谷えにしを垣間見る(2) »

2017年10月14日 (土)

昔の風シリーズ・・・阿佐ヶ谷えにしを垣間見る(1)

 前回に続き今度は「阿佐ヶ谷のえにし」を訪ねてみました。
 ここも古い歴史の中に培われてきた土地の人びとの隙間に他方から移動してきた人びとが根を下ろし、その居住区に同化していく、という姿が垣間見えすっかり現代化して来てはいますが、昔から大切にされてきた地域の宝や風物は伝承され生き残っているということのほんの一部ですが知ることができたと思っています。

1.
 阿佐ヶ谷の地名の発祥となったお寺と言われています「阿谷山世尊院」。610e101_2


2.
 境内の一部を垣間見てみました。610e100

3.
 弘法大師像も見守っています。610e102_2



4.
 神明宮も地元の氏神様として非常に古い歴史を持っています。610e109

5.
610e104

6.
 同社には三体の御神体が祀られています。610e103

7.
 「東御殿・月読尊」610e106

8.
 「御正殿・天照大御神」610e107

9.
 「西御殿・須佐之男尊」610e108

10.
 必勝合格祈願の五角形の合格鳥居。610e105

11.
 阿佐ヶ谷駅前のアーケード商店街「パールロード」入り口。610e110

12.
 アーケード街の中は雨が降っても濡れる心配はない。610e111

13.
610e112

14.
 中ほどには、三百数十年前に村人たちによって村のはずれに祀られたと言われる風情のある庚申様や地蔵尊が鎮座されていました。昔をしのばれる貴重なしるしでしょう。610e113

15.
 撮影しながら童謡や懐かしい歌詞のメロディが脳裏をかすめました。
 新しい花が捧げられ、地元の人びとの温かい心を見ました。
610e114

続く・・・

|

« 昔の風シリーズ・・・高円寺ゆかりの片鱗(2) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・阿佐ヶ谷えにしを垣間見る(2) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます^^

神社仏閣が都会にも沢山あることが解り、東京もいろいろな側面があるのに驚きました。
神代植物公園のバラ園は行ったことがありますが、外国の庭園に迷い込んだような記憶が残っています。
東京にも探せばオアシスが見つかるものですね。

投稿: けい子 | 2017年10月16日 (月) 21時00分

shine けい子さん
こんばんわ。
コメントをありがとうございます。
けい子さんの花の写真が素敵でしたので、毎回お邪魔して見せて頂いていました。私もブログに「花だより・・・」などとしていますので花の写真が本道なのですが、最近は健康管理を兼ねて、神社仏閣などを撮り歩くようになり、すっかりその神秘と魅力にハマってしまいました。
また、花の写真を…思っています。

投稿: イソップ | 2017年10月16日 (月) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/65916071

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・阿佐ヶ谷えにしを垣間見る(1):

« 昔の風シリーズ・・・高円寺ゆかりの片鱗(2) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・阿佐ヶ谷えにしを垣間見る(2) »