« 大井の大佛(おおぼとけ)・・・木造五智如来坐像 | トップページ | 九品佛浄眞寺・・・(1) »

2016年7月23日 (土)

東京大仏・乘蓮寺

  東京大仏は、板橋区赤塚5丁目所在の『赤塚山慶学院乘蓮寺』境内に鎮座しています。このお寺はもと江戸四宿のひとつで、中山道の板橋宿の中心にあり、徳川家康公を始め、歴代将軍の「御休処」となっていました。
  そのようなことから徳川家より「御朱印」を賜り家紋である「三つ葉葵」を掲げることが許されているのだそうです。
  昭和40年代に板橋にあった本寺は首都高速5号線道路の建設や国道17号、環状6号線等の道路建設のため現在地への移転を余儀なくされました。
  この大仏は当山第24世の住職・若林隆道上人の発願により製造され、昭和52年4月10日に開眼を行なったそうです。
  立派なブロンズ像で、非常に丁寧細やかに作られていて素晴らしい躯体でした。写真もしっかりと撮影させていただきました。


1.  本山正門。三つ葉葵の紋が眩しい。
607c101

2. 正門右側にある閻魔堂
607c102

3. 閻魔堂内に鎮座する閻魔大王さま
607c103

4. 奪衣婆さん
607c104

5. 赤塚山山門
607c114

6. 乘蓮寺本堂
607c111

7. 本堂前の庭の池にある弁天堂
607c112

8. 上記弁天堂に祀られている弁財天さま
607c113

9. 手水舎の昇り龍
607c105

10. 赤塚城二の丸跡石碑
607c115

11. 境内に安置された東京大仏のおすがた。
607c106

12. 立派なお姿の阿弥陀様。基壇からの高さが13㍍、重さは32㌧あ  ります。
607c107

13. お顔の見映えが良い右側面像
607c109

14. ふくよかな背中にも温かみを感じます。
607c110

15. 慈愛に満ちたご尊顔
607c108
end

|

« 大井の大佛(おおぼとけ)・・・木造五智如来坐像 | トップページ | 九品佛浄眞寺・・・(1) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
大変りっぱな大仏様ですね。
外にいますのにぴかぴかと新しいように見えます。

閻魔堂の奪衣婆さんは怖い顔をしてなくてほっとしました。
新宿のお寺のはとても怖いですよ~。

手水舎の昇り龍は珍しくこちらも又立派ですね。

板橋はうちからちょっと遠いですが、いつか訪れてみたいものです。

投稿: おーちゃん | 2016年7月24日 (日) 20時38分

shine おーちゃん
こんばんわ。ちょっと遠いかもしれませんが、是非一度お訪ね下さい。
都営三田線の新高島平駅から歩いて15~20分です。
これからは暑くなるので、秋口が良いかも知れません。紅葉も結構綺麗だと思いますから。

そうですね、脱衣婆さんは割合と優しいのかもしれません、閻魔大王もそれほど怖い顔ではありませんでしたから(笑)。
大仏様は屋外なので、ピーカンよりも薄曇のほうが光線の具合は良いでしょう。

投稿: イソップ | 2016年7月24日 (日) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/63955127

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大仏・乘蓮寺:

« 大井の大佛(おおぼとけ)・・・木造五智如来坐像 | トップページ | 九品佛浄眞寺・・・(1) »