« 撰在壱隅・東京の記憶・・・(7) | トップページ | 撰在壱隅・東京の記憶・・・(9) »

2015年7月 2日 (木)

撰在壱隅・東京の記憶・・・(8)

  よみがえる想い出・・・

one
503b207
two
503b201
three
503b203
four
503b206
five
503b204
six
503b202
seven
503b208_4
eight
503b205

|

« 撰在壱隅・東京の記憶・・・(7) | トップページ | 撰在壱隅・東京の記憶・・・(9) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

博多にも港があるので船をよく目にしますが、船と高層ビルのコラボは東京ならではの景観ですね。
遊覧船からの眺めも素晴らしいでしょうね。
こうやってみると船も色々でそれぞれにロマンがあります。
東京も場所によってはそうなのでしょうが、博多はアジアにも近く貨物船や海に隣接した巨大な倉庫のイメージが強く、ロマンより商業や産業の担い手という印象が強いです。
港や船も土地の歴史や産業と結びついていて面白い被写体ですね!

投稿: 瑠璃 | 2015年7月 5日 (日) 18時42分

impact 瑠璃さん
この風景は高層ビルが乱立し、東京湾の要衝とも思えないほどの状態ですが、最もなじみのある竹芝桟橋からの撮影です。
eightはかねての面影はありませんが、東京で育ったわれわれみんなが懐かしく想い出のある東海汽船の「橘丸」なんです。少なくても都立高校で学んだ生徒であれば、当時大島航路に就航していたこの船に乗船した経験を持っているはずです。
もちろん私立の学生、生徒も同じことだろうと思います。
当時は美しい船だったのですがねー。
そんなことで、よみがえる想い出、としてみました。

投稿: イソップ | 2015年7月 5日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/61827225

この記事へのトラックバック一覧です: 撰在壱隅・東京の記憶・・・(8):

« 撰在壱隅・東京の記憶・・・(7) | トップページ | 撰在壱隅・東京の記憶・・・(9) »