« 新年富士山三景 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮 »

2015年1月12日 (月)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・愛宕神社

  愛宕山は、洪積層の丘陵地で標高は26m。山頂にある愛宕神社は、江戸時代から信仰と見晴らしの名所として賑わった。
  当時の山頂からの眺望は素晴らしく、東京湾や房総半島まで望むことが出来た、といわれている。
  愛宕神社の祭神は火の神(火産霊命=ほむすびのみこと)で火伏の神として信仰されてきた。
  また、神社に登るには男坂、女坂、新坂などの坂道があり、男坂は神社正面の86段の急勾配の石段で、寛永年間に「曲垣平九郎」が乗馬して昇り降りしたと伝えられている。

1.
501b114
2.
501b113
3.
501b112
4.
501b107
5.
501b115
6.
501b101
7.
501b103
8.
501b109
9.
501b110
10.
501b111
11.
501b105
12.
501b106
13.
501b102
14.
501b104
15.
501b108
.

|

« 新年富士山三景 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮 »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

お写真で見るとけっこう長い階段ですね。
階段の撮り方もいろいろあって勉強になります。
その昔、ここからの眺めは本当に美しかったでしょうから、
階段も登り甲斐があったでしょう!

夕暮れなのでしょうか? 一部に光がさして情緒がありますね。
この時間の静かな境内にも参拝の人がいって嬉しいです。
最後は若いのに、優しい方ですね!

投稿: 瑠璃 | 2015年1月15日 (木) 20時23分

impact 瑠璃さん
階段は二ヶ所ありますが、男坂の階段はかなりきついです。
ここを馬に乗って昇り降りしたのは大変だったと思います。
降りる時は馬の横腹にしがみつくようにしたという説もあるようですが、
どうなんでしょうかね?

ここにはNHKの愛宕山スタジオもあったところで、今も放送博物館があります。
都心とは思えないような静けさの中にあり、神社の境内には大きな池まであるんですよ!!
驚きました。

投稿: イソップ | 2015年1月16日 (金) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/60964411

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・愛宕神社:

« 新年富士山三景 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮 »