« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・愛宕神社 | トップページ | 港七福神めぐり・・・(1) »

2015年1月18日 (日)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮

  この神社は東京の真ん中、しかも、かの有名な虎ノ門にある。周囲には見上げるばかりの高層ビルが立ち並びぽっかりと穴の開いた空の下に鎮座している姿は、きれいに舗装され整えられた境内と共に不思議な感覚に陥る。
  概説によれば、讃岐丸亀藩主の京極高和が領地にある「讃岐金刀比羅大神」を万治3年(1660)に三田の江戸藩邸に勧請し、その後、現在の地に移り、今は東京都選定歴史的建造物となっている。
  御祭神は「大物主神(オオモノヌシノカミ)」・「崇徳天皇」で、豊漁満帆、海陸安穏、福徳守護を御神徳としている。

1.
410b101
2.
410b103
3.
410b114
4.
410b109
5.
410b106
6.
410b107
7.
410b104
8.
410b108
9.
410b102
10.
410b110
11.
410b111
12.
410b113
13.
410b115
14.
410b112
15.
410b105

|

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・愛宕神社 | トップページ | 港七福神めぐり・・・(1) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
まあ!いつ行かれたんでしょう。
私、金曜日に歩いたばかりですよ。
歯医者さんで椅子に座って窓をみると金毘羅宮の
庇が見えるんです。

金毘羅さんに着物姿のご婦人。とても良いところを
撮られましたね。

投稿: おーちゃん | 2015年1月19日 (月) 14時03分

impact おーちゃん
こんにちは。
そうですか、近くの歯医者さんへお通いなのですね。
九日に愛宕神社とここへお邪魔してきました。
最近は寒さが厳しいので、出不精を決めていますが、少し歩かないと体調が良くありませんので務めて歩くようにしています。
先日も東京ドームへ“ふるさと祭り東京”を見に行ってきましたよ。

投稿: イソップ | 2015年1月19日 (月) 14時39分

東京の都心ならでわのお写真ですね!
意外とビルや近代建築とマッチしてるように見えますね。
赤い鳥居や幟がある木造建築の空間は庶民の心休まる場所になってるのでしょうね。
高層建築と隣接しながらも神社が昔ながらの体裁を失わずにいることが嬉しいです。
東京は本当に魅力ある都市です♪

投稿: 瑠璃 | 2015年1月21日 (水) 17時36分

impact 瑠璃さん
おっしゃるとおり、ビルの谷間に周囲に気を使いながら立っているという風情ですが、境内に土が少ないので堅苦しい感じがするのも仕方ないでしょうね。
赤い鳥居の稲荷神社と結びの神祠が救いでした。
参詣参拝者も結構あったのでホッとしました。

投稿: イソップ | 2015年1月21日 (水) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/60993541

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮:

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・愛宕神社 | トップページ | 港七福神めぐり・・・(1) »