« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮 | トップページ | 港七福神めぐり・・・(2) »

2015年1月26日 (月)

港七福神めぐり・・・(1)

  今年ももはや一月の終わりを迎えようとしていますが、思い立ったが吉日、とばかりせめて正月中にと、東京の中心的地域である港区に散在する「七福神」を巡ってきました。
  東京タワーと六本木ヒルズをつなぐように構成された参拝コースは七福神を祀る5社2寺に宝船の参拝所を加え、8ヶ所が組み込まれていてこれが特徴となっています。
  やはり、場所柄大きく広い境内や社殿とはいかず、林立する高層ビルに埋没しながらも地元の信仰は厚く、大切にされているのだという感じはひしひしと伝わってきました。

①弁財天(宝珠院)
  港区芝公園4-8-55
  朱色の弁天堂には、開運出生、財宝を授けるという女神が祀られ、また、港区指定文化財の寄木造りで高さ2mの「閻魔大王像」を収めた閻魔堂もあります。
  この像は貞享2年(1685)の作といわれ、右に司録、左に司命の二像を従えているのが特徴です。
.
501d101
.
501d102
.
501d103
.
501d104
.
501d105

②恵比寿(熊野神社)
  港区麻布台2-2-14
  商売繁盛をもたらす恵比寿様が祀られいますが、熊野神社の勧請・縁起は、元禄16年(1703)の火事で記録が焼失して分からないそうです。
.
501d106
.
501d107
.
501d108
.
501d109

③布袋尊(久國神社)
    港区六本木2-1-16
  福徳円満の神「布袋尊」が祀られ、太田道灌が鎌倉時代の名工・久国作の宝剣を寄進したことから「久國稲荷大明神」として崇敬されています。
  正面拝殿の額は勝海舟の筆によるものといわれています。
.
501d110
.
501d111
.
501d112
.
501d113 

|

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮 | トップページ | 港七福神めぐり・・・(2) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/61038513

この記事へのトラックバック一覧です: 港七福神めぐり・・・(1):

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・虎ノ門金刀比羅宮 | トップページ | 港七福神めぐり・・・(2) »