« 昔の風シリーズ・・・入谷から上野へ(前) | トップページ | 地域限定イベント・第3回稲城ぶらり散歩スタンプラリー »

2014年10月31日 (金)

昔の風シリーズ・・・入谷から上野へ(後)

  後編は、今までも散々撮り訪ねた鷲(おおとり)神社から合羽橋の名前の由来となった河童寺、通称仏壇通りと呼ばれる通りにあってゴールの上野駅のすぐ近くにある下谷神社までを昔の風を感じながら撮り歩きました。

1.
  前回の「飛不動尊」から国際通りへ向かう途中にあるのが「鷲神社」です。
  起こりは定かではありませんが、言い伝えによると日本神話のころから有ったといわれているそうで、浅草のおとり様として毎年11月になると酉の市が開かれ、縁起物の“熊手”を求める人々で賑わいます。407d201
2.
  境内からは隣のビルの間にスカイツリーが見えています。407d203
3.
  「酉の祭(マチ)」の時にはここに熊手を売る店が並びます。407d204
4.
  本殿前には、願をかけ叶うようにと“叶鷲”が奉納されています。407d202
5.
  本殿入口には大きな“お多福様”が一杯の笑顔で祀られています。407d205
6.
  鷲神社を出て国際通を南下してかっぱ橋本通りへ出たら左へ曲がり、JR上野駅方向へ向かうと、やがて右手に「曹源寺」があります。
  ここが通称かっぱ寺といわれ、この近辺に残る「合羽橋」の名称はこの寺の伝承に由来するといわれています。407d206
7.
  古事由来に似合わない近代的な白壁の本堂が建っています。407d207
8.
  境内には「波乗福河童大明神」という河童が祀られている立派なお堂があります。407d211
9.
  お堂の入口天井には三爪の竜神がしっかり護っています。
  ここの河童大明神は“河太郎”と呼ばれているようですね!407d210
10.
  入口階段下には、夫婦かっぱが鎮座しています。 407d208
11.
  お堂の中に祭られている河童の絵を見ることが出来ます。407d209
12.
  河童寺を出てさらに南下して浅草通りへ。
  ゴールである上野駅のすぐ手前の近代的なビル群に囲まれたところに、ちょっと場違いな感じを受ける大きな赤い鳥居がありますが、これが、下谷神社の大鳥居です。407d212
13. 
  この神社の祭神は大年神という神様で、俗にお稲荷様と呼ばれています。
  この付近の稲荷町という町名も地下鉄銀座線の稲荷町駅もこの神社からの名前が起源だそうです。   407d214
14.
  面白いことに、夕方になると境内への門が閉じられて本殿を拝礼できなくなってしまいます。407d215
15.
  天平2年(720)に創建されたと伝わるだけに、何回も改修されていることと思いますが、其処此処に歴史を感じる古さがあります。407d216
16.
  寛政10年(1798)に江戸で初めて“寄席”が開かれた場所という記録があり、境内にはそのことを示す石碑が置かれています。407d213
  ゴールの上野駅には夕方間近に到着しましたが、下町情緒をたっぷりと満喫しながら、カメラを向けて通り過ぎる路地や建物も古めかしく、昔の風をたっぷりと感じることの出来る心落ち着くコースでした。

End

|

« 昔の風シリーズ・・・入谷から上野へ(前) | トップページ | 地域限定イベント・第3回稲城ぶらり散歩スタンプラリー »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

デスクトップPCが故障したので入院させ、慣れないWin8のノートPCと格闘しながらコメントを書いています。

いや~ここはいろいろ面白いものがあって楽しいですね!
九州にもあちこち河童伝説がありますが、これほど歴史の古いものはありません。
九州の河童は子供っぽいのが多いですが、こちらのは由緒ある神社だけあってそれなりに風格があり、お堂の中も見応えがあります。
東京はあちこち見るところがあって楽しいですね♪
10月は色々楽しんで撮影してきましたよ!

投稿: 瑠璃 | 2014年10月31日 (金) 23時12分

impact 瑠璃さん
今回はほんの狭い範囲なのですが、結構面白いところがありました。
今までも何度か訪ねたところなんですが、改めて見直してみると、色々と新しい発見もありました。
それをどう表現するか、などと悩みながらレンズを向けるのも醍醐味の一つですよね。
これから、苦手な寒さが来ます。
出不精にならないようにしたいと思っています。

投稿: イソップ | 2014年11月 1日 (土) 20時37分

おはようございます。

いつもお写真を眺めては、見て周りたいなーと思っています。
ただ舞浜に行ってしまうと、なかなか脱出できませんね(笑)

でも素敵な場所の数々を、こうして見られるのは嬉しいです。
ありがとうございます。

そうそう米子市内でも街中のスタンプラリーがあるようです。
新聞に掲載されていたのを見たのですが、詳細が判れば周ってみたいとは思っています。

投稿: もとかみ | 2014年11月11日 (火) 05時45分

impact もとかみさん
おはようございます。
東京は、発展している割に古いものもたくさん残っています。
ただ、時代の進化に伴ってそういうものがどんどん無くなっていっています。
まあ、見る楽しみ、記録する楽しみをのんびりと味わっている、というところです。

最近は、あちこちの地方で町歩きのイベントをやっているようで何処も同じようなものでしょうが、地元の新しい発見のあるのも楽しいものですね。

投稿: イソップ | 2014年11月11日 (火) 09時08分

こんばんは。
今日は鉄人28号を教えてくださってありがとうございました。

曹源寺という名前のお寺でしたか。前にかっぱ橋商店街を歩いて
ちょっと寄った時に、かっぱの置物を見て、珍しいお寺だな~って
思ったのでした。お堂の中のあの絵を見たかどうか思い出しません。
ブログにも載せたのですが、はていつだっけと。
年月が余りに早く過ぎるので、昨日のことのようでも、数年経ってる
ことが多いです。

今日はほんとにありがとうございました。

投稿: おーちゃん | 2014年11月14日 (金) 23時23分

impact おーちゃん
こんばんは。
東京にはご存知の通り、江戸時代から継承されている古い歴史があちこちにあります。
今回まわったところは、あまり広くない範囲に色々と魅力的なところがたくさんありました。
曹源寺もそのひとつで、通称はカッパ寺で通っていますが、結構見るものもあります。
もし、今度再訪されることがありましたら是非、カッパの絵を見てください。
なかなか緻密に書かれています。
また、下谷神社も寄ってみてください。

投稿: イソップ | 2014年11月15日 (土) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/60547100

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・入谷から上野へ(後):

« 昔の風シリーズ・・・入谷から上野へ(前) | トップページ | 地域限定イベント・第3回稲城ぶらり散歩スタンプラリー »