« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(3) | トップページ | 法医学リーズン《88》・な~わ »

2014年7月25日 (金)

昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(4)

  
    ゴールの巣鴨もまもなくというところで、本郷通りから少しばかり東側の住宅街にある二つの歴史ある神社に寄っていきます。

1.
  ここは、昔、神明宮といわれた天祖神社です。
  立派な鳥居と石柱が出迎えてくれます。1406c401
2.
  源頼朝が、文治五年(1189)に奥州征伐の折、霊夢に導かれて天照大神祀ったことが始まりとされています。1406c402
3.1406c403
4.
  神殿もさほど大きくはありませんが、境内全体に神域らしい厳かな雰囲気が満ちています。1406c404
5.
  神社の直ぐ横手には、立派な縁結び子育地蔵尊が祀られているのも合縁奇縁というのでしょうか。1406c405
6.
  お地蔵さんをお参りして本郷通りへ戻る手前にあるのが、富士神社です。1406c406
7.1406c408
8.
  名前が示すように、江戸時代に富士山信仰の拠点のひとつとなった神社で、本殿の所在には駒込富士と呼ばれた富士塚に建てられ、周囲には多くの石碑が建てられています。1406c407
9.
  本殿は極めてシンプルにできていますが、駒込富士の山頂にあり、江戸時代には庶民らがこのお山に登って集い、無病息災を祈ったことでしょう。1406c410
10.1406c411
11.
  石碑の多くは、加賀前田家お抱えの火消衆・加賀鳶から奉納されたものだそうです。1406c409
12.
  鉞(まさかり)のぶっちがいは加賀鳶衆の纏しるしです。1406c412
end

|

« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(3) | トップページ | 法医学リーズン《88》・な~わ »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

住宅街にあるとは思えないほど緑も多く、静かなたたずまいに驚いてます。
富士講は広い関東平野ならでわのことですよね。
東大の旧住所が本富士町というのも面白いです。

福岡も大雨や雷、酷暑など今年の夏もまだまだ油断なりません。
被写体探しにも困ってますが、無理せずに夏を乗り切ろうと思ってます。

投稿: 瑠璃 | 2014年8月 1日 (金) 19時42分

impact 瑠璃さん
毎日猛暑が続き、ゲリラ雷雨に悩まされ厳しい夏を送っています。
最近は、夏休みをとる所が増えてきて、昼間の街歩きもすっかり東京砂漠の様相を呈しています。
白山やその周辺もだんだん昔の面影がなくなりつつありますし、やはり、一抹の寂しさを感じています。
私は暑さには強いのですが、最近は少し外出を控えるようにしています。
お互いに無理をせず機会を待ちましょう。
この時間に今も雷公が吼えています。

「追記」は読みました。

投稿: イソップ | 2014年8月 1日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/60040815

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(4):

« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(3) | トップページ | 法医学リーズン《88》・な~わ »