« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(3) »

2014年7月18日 (金)

昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(2)

  続きです。目赤不動尊は当初、赤目不動と呼ばれていましたが、三代将軍家光が鷹狩りの折にここを訪れ、目赤不動尊に改名したという謂れがあります。

1.
  瑞泰寺本堂。かなり大きいが、造りは新しい。1406c201_3
2.
  この地蔵像が東都六地蔵のひとつです。1406c202
3.
  門柱に乗った象は精密に描写されているがどこか可愛らしく、狛犬のように向かい合わせに鎮座している。1406c203
4.
  本郷通りをさらに巣鴨方向へ進むと、左側に南谷寺目赤不動尊があります。
  この不動尊は五色不動のひとつに数えられています。1406c204
5.
  大きな立派な本堂がありましたが、ひと気はなく、静かな雰囲気の中に建っていました。1406c209
6.
  本堂の横には独立して不動堂が建っています。1406c206
7.
  不動堂正面には立派な名額と信仰の深さが表されている飾額がありました。1406c207
8.
  歴史の古さを感じる眼光鋭き不動明王坐像が鎮座しています。1406c208
9.1406c205
serial

|

« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(3) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

目黒不動尊の記事のときにいつか五色不動尊を訪ねたいとおっしゃってましたが、目赤不動尊はここにあるのですね♪
赤目が目赤になったのも、面白いですね~。

撮り方も参考になるので、秋になったら私も撮りに行きたくなりました。
東京はその点、交通機関が発達してるのでいいですよね~。
本当にいろいろなお寺さんや不動尊、神社などがあって撮り甲斐がありますね!
イソップさんの楽しそうな顔が目に浮かびます!

投稿: 瑠璃 | 2014年7月21日 (月) 19時37分

impact 瑠璃さん
今回は街道一本で距離もさほどありませんでしたが、撮る所はたくさんありました。
五色不動もいっぺんに撮り歩いてしまうより、こうして、探しながら他の対象に合わせて出てくるほうが面白いと思っています。

きりがないというと語弊がありますが、こうして取り組んでみると本当に東京には一杯ありますね。
当分は運動不足解消を兼ねて撮り歩こうと思っています。
帰京の節はぜひご一緒ください。

投稿: イソップ | 2014年7月21日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/60003745

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(2):

« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・白山から巣鴨へ(3) »