« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・人形町から日本橋へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(1) »

2014年6月 5日 (木)

昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・人形町から日本橋へ(2)

 つづきです。
  目的地の日本橋に近づくにつれて、外苑外堀通りに“橋”の多いのには新しい発見として驚かされました。また、それぞれの橋にはそれぞれのいわくがあり面白く感じ、そのうち、じっくりと訪ね歩くのも楽しいことかもしれません。


1.
  前回の銀杏八幡宮から直ぐ西側のところに日本橋兜町と日本橋小網町を結ぶ「鎧橋」があります。この橋は江戸の昔に「鎧の渡し」という渡し場があった所に架けられていて、この橋のたもとには東京証券取引所があります。405b201
2.
  この橋も一見文学にはかかわりがなさそうですが、ここ兜町は、「鬼平犯科帳」などの時代小説で知られる池波正太郎が青年時代を過ごした場所なんです。405b202
3.
  そのまま茅場町交差点まで進み、永代通りを左折するとみずほ銀行のATMコーナーの角に小さな石碑があり、「其角居住跡」とあります。405b203
4.
  ここは松尾芭蕉の蕉門十哲といわれた弟子の一人、宝井其角の住居があった場所です。405b204
5.
  其角居住跡から茅場町交差点へ戻り、永代通りを日本橋方向へ進むと「千代田橋」があります。今は埋め立てられて下に川はありませんが、当時の姿を残しています。この橋の名前から今の千代田区という名前もできたとか・・・405b205
6.
  永代通りを西方向にさらに進むとコレド日本橋ビルの横手を入ったところの歩道の脇に「漱石名作の舞台」と記された石碑があります。この場所は「三四郎」や「こころ」の作品の中で、登場人物がたびたび訪れている白木屋百貨店があった場所です。405b206
7.405b207
8.
  そのまま、日本橋方向へ進み三越前の和雑貨や鰹節などの老舗店が並ぶむろまち小路へ向かいます。405b211
9.
  数十メートル先の左側、佃煮店の入口脇に「発句也松尾桃青宿の春」と彫られた立派な石碑があります。芭蕉が伊賀国上野(三重県)から江戸へ出てきて初めて身を寄せたのがこの地であったそうです。405b212
10.405b213
11.
  むろまち小路を戻って中央通を北方に進むと右手の大きなビルの陰に「夜半亭」との解説板があります。ここは、与謝野蕪村の居住跡なんですが、何もなく、この解説板が寂しく立てられているだけでした。405b214
12.
  さて、最終目的地の「日本橋」へ到着しましたが、何処から見ても首都高の下になっていて、欄干には獅子や麒麟のブロンズ像が並び、日本一有名な橋なんですが、なんとも残念な風情です。405b208
13.
405b210
14.
  わずかに橋のたもとに残っている「日本橋魚市場発祥の地」のスペースが救いになっているということでしょうか!405b209
END

|

« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・人形町から日本橋へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(1) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

建物など現存していないのは残念ですが、それもまた時の流れなのでしょうか。
それでも昔を思い浮かべながら、街並みを歩くのも素敵ですね。

太秦映画村で小さい日本橋を見たので、この場所だったんだと見ていました。

投稿: もとかみ | 2014年6月 6日 (金) 06時05分

impact もとかみさん
おはようございます。
このところシリーズで昔の景色を探して歩いていますが、残っているところはどんどん少なくなってきています。
そのうち記録そのものも無くなってしまうのではないか、と危惧しながら記録に努めています。

日本橋は橋そのものは残っていますが、残念な景観となっていて写真になりません。太秦にあるミニチュアのほうが素敵に再現されているのではないでしょうか!

投稿: イソップ | 2014年6月 6日 (金) 08時32分

日本橋には文学にまつわる場所が結構あったのですね。
石碑だけというのも寂しいですが、時代の流れなので仕方がないのでしょうね。
今では兜町、証券取引所の場所というほうが若い人には親しみがわくのでしょうけどね。

いつものことですが、東京の奥深さとめまぐるしく変わる時代の流れを感じました。
今を写したこのお写真も「あら~懐かしい!」という時代がやってくるのでしょうね。


投稿: 瑠璃 | 2014年6月 7日 (土) 17時35分

impact 瑠璃さん
色々分析したところ、今でこそ銀座や日本橋は日本の中心のように言われていますけれど、明治や大正の時代は、近くまでが海になっていて町を形成するのは難しかったようで割合と住むには安く済んだのか、貧乏生活をしていた物書きには良かったようです。
しかし、どんどん発展してきたため、昔の記録はほとんど無いに等しいですね。説明板の残っているというか作られているのもほんの一部になってしまっているようです。

もちろんこれ以外に多くのカットを撮っていますのでそのうち日の目を見るときが来ると良いのですが・・・

投稿: イソップ | 2014年6月 7日 (土) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/59733597

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・人形町から日本橋へ(2):

« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・人形町から日本橋へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(1) »