« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(3) »

2014年6月15日 (日)

昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(2)

  続きです。二の橋を渡り、二の橋交差点を直進し仙台坂方向へ向かいます。
  麻布山入口の交差点を右折すると直ぐ左側に参道があります。

1.
  このあたりには、松平陸奥守や伊達藩の下屋敷があったことからこの名前が付いたといわれています。405d209_2
2.
  麻布山善福寺山門脇には、柳の井戸と書かれた説明板がありますが、古いもので書体も消えかかり、ようやく読める状態のものでした。405d201
3.
  これがその井戸で、今でも水が湧き出しているようでした。405d202
4.
  
立派な山門があり、弘法大師が真言宗を広めるために建てられたもので、その歴史は雷門で知られる浅草寺についで二番目に古いそうです。405d203
5.
  
本堂も立派です。この麻布山の寺名から麻布という地名がうまれたとも言われています。405d205
6.
  
鐘楼も古さを感じます。写真では見にくいのですが右下には「越路吹雪」の記念碑が建っています。405d206
7.

  安政六年(1859)にはアメリカ合衆国公使館が置かれ、総領事であるタウンゼント・はリスらがここで過ごしたのだそうです。405d204
8.
  また、見所はなんといっても推定樹齢750年以上という天然記念物に指定されている大銀杏でしょう。405d207
9.
  枝先が下方へ垂れ下がっている姿から、俗に逆さイチョウと呼ばれているそうで、これほどまでにエネルギーに満ち満ちている大木はなかなかお目にかかれないでしょう。405d208_2
10.
  寺の山門の直ぐ横の細い路地を進むと仙台坂の通りへ出るので、そのまま上ってゆくと左手に「韓国大使館」が見えてきます。
  色々と問題も多く制服の警察官が警備に当たっていました。
  ご苦労様です。405d210
つづく

|

« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(3) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

銀杏の樹齢○○年というのは、
わりとあちこちのお寺に見られますが
750年というのはすごいですね。
人間の一生などあっという間のことのような気がします。
どっしりとした佇まい、多少なりとも見習えたら・・・
そして、警察の方たちお疲れさまです。

投稿: ははだよ | 2014年6月15日 (日) 18時53分

impact ははだよさん
私もあちこちで樹齢の長いものは見ますが、ここのイチョウは大変なものでした。
まだ、これから先何年永らえることでしょうかね。
こういう環境を見ると人間の小さな存在は寂しいものですね。

韓国大使館がここにあることもはじめて知りました。
いろいろ難しい問題もあり、お巡りさんも大変です !

投稿: イソップ | 2014年6月15日 (日) 22時24分

街の雰囲気も風格がありますね~。
しかし生命力あふれた大銀杏には驚きました!
このエネルギーを分けてもらいたいですね。
この街をずっと見てきた大木は、今の世の中をどう見てるのでしょうかね。
最後のお写真、撮るのもなんとなく気を使いますね。

どのお写真も撮り方がとても勉強になりました。
見たときは「ふむふむ、やってみよう」と思うのですが、実際に撮った写真を見ると、やはりどこかぎこちないです。
さりげなく撮っても決まるようになりたいですね!


投稿: 瑠璃 | 2014年6月16日 (月) 23時44分

impact 瑠璃さん
これだけ大きくなるとイチョウとはいえ、何かが宿った神秘の感じがします。
このお寺も何回か災害にあって消失したそうですが、それでも残っている生命の強さには驚くばかりでした。

韓国大使館があるというのははじめて知りましたが、警備も大変のようで、撮影するのもはばかれました。、せめて韓国旗がはためいている状態を取りたいとチャンスを待ってみましたが、風の向きがうまくなく、この程度で早々に退散してきました。

投稿: イソップ | 2014年6月17日 (火) 09時08分

2009年に昭和55年の白黒西新宿の写真でコメントして以来、5年ぶりのコメントです。
横浜山手付近にも韓国大使館が確かありました。のどかで雰囲気の良い散歩通りで唯一いかつい顔で睨みをきかせて警備する人物がたっている韓国大使館。のどかな町で異様な威圧感を放っていて不愉快でした。

東京にもあるようですが、一般の警備会社ではない警察官が毎日警備しているのですか。大使館は一銭もお金を出さずにこんな至れり尽くせり税金を使って警備してもらえるのですかね。

投稿: 通りすがり | 2014年6月18日 (水) 11時50分

impact 通りすがりさん
その節はありがとうございました。
韓国大使館はここにしかありません。横浜の施設は私も見たことがありませんので、はっきりしたことはいえませんが、韓国の政府関係機関だと思います。
なお、現在は日韓関係も色々と問題があり、政治的にもギクシャクしているので、国際法・国内法に基づき国が警備しているのでしょう。
早く通常の体制に戻れば良いのですが、当分は駄目でしょうね。

投稿: イソップ | 2014年6月18日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/59818210

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(2):

« 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・赤羽根橋から六本木(3) »