« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・東新宿から曙橋へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・御茶ノ水から九段上へ(1) »

2014年6月29日 (日)

昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・東新宿から曙橋へ(2)

  抜け弁天から南側の通り(余丁町通り) を南下して靖国通り方向へ向かいます。ちょうど抜け弁天社が上り坂の上になった様にここからはなだらかな下り道となりました。

1.
  余丁町通りを都心に向かって少し進むと、右手の車道側に「坪内逍遥旧居跡」の解説板が立っています。付近を見回してもこれ以外のものはありません。406a201_2
2.
  解説版には古びたモノ写真がありましたが、写真からみるとかなり大きな立派な住居であったようです。406a202
3.
  さらに200mほど進むと、左手のビルの脇に今度は「永井荷風旧居跡」の解説板があります。406a203
4.
  ほんの眼と鼻の先に文豪が二人も居住していたわけで、殆んど同じ年代であったというのも何か因縁を感じます。406a204
5.
  荷風居住跡から少し戻り、道路を横断して住宅街の細い通りをくねくねと曲がりながら坂を下りて靖国通りへと出ると右手に古い建物が見えますが、ここが「成女学園」の校舎です。
  ここは、靖国通りに面した旧正門ですが、この右奥に「小泉八雲」の旧居跡があったのです。406a207
6.
  今は何もありませんが、成女学園の日本風庭園になっていて、ちょうど突き当たり付近に石碑が建っています。406a206
7.
  校庭内ですし、簡単には見えませんが、学校のご厚意で中へ入れさせていただきました。406a205
8.
  靖国通りを隔てた反対側に位置する住宅街に「三島由紀夫」の生誕地があった、といわれていますが、何の表示もありません。ここは三島の自伝的小説“仮面の告白”の作品中に生家の説明があり、そこから導き出されたものだそうです。406a208
9.
  靖国通りを曙橋方向へ進み富久町交差点を過ぎたところの右手に「暗坂(くらやみざか)」があります。東京にはいくつかの暗闇坂がありますが、荷風の随筆“日和下駄”に出てくる坂がこの坂です。406a209
10.
  もう目の前がゴールの曙橋です。
  こうしてまわってみると文豪の足あととして残るものは解説版というのが決まりのようで何か大切なものを忘れたような一抹の寂しさを感じるばかりです。406a210
end

|

« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・東新宿から曙橋へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・御茶ノ水から九段上へ(1) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

相変わらず精力的に歩いて廻られたのですね!

文人たちが思いのほかご近所に住んでいたというのも面白いですね。
そのとき、そのときで敏感に世相や物事を感じ取り、筆を走らせていたのでしょうね。

時代は変わっても植え込みや石碑の周りなどはきちんと手入れされていて、やはり東京だなと感じました。

都会の神社や仏閣のほうが清掃が行き届き、安らぎと共にいい意味での緊張感が漂っているように思えます。

解説版だけになったのはさびしいですが、大きな時代のうねりには抗えませんしね。

おかげ様で、歩かずに文学散歩をさせていただきました。
ありがとうございました。

投稿: 瑠璃 | 2014年7月 2日 (水) 14時18分

impact 瑠璃さん
改めて調べてみると東京は意外と歴史の舞台が多いことに気付かされました。
今後も機会あるごとに撮り歩きをしようと思っています。
懸命に保護に係わっているところもあれば、一度作ったらそれだけというところも見受けられます。
もう、歳から考えてもこれが生涯の仕事になるかもしれませんね。

投稿: イソップ | 2014年7月 2日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/59896060

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・東新宿から曙橋へ(2):

« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・東新宿から曙橋へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・撮り歩き・御茶ノ水から九段上へ(1) »