« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(3) »

2014年4月30日 (水)

昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(2)

 今回は、多くの文人たちが青春時代を過ごした下宿屋の跡やその周辺に昔の風を感じながら東京離れした別世界を訪ねてみました。

1.
 1897年にこの場所で創業された下宿「菊富士楼」は、大正時代に洋風ホテルとなり、終戦とともにその歴史を終えました。
 その約50年の間に、宇野千代夫妻や谷崎潤一郎、直木三十五など多くの文人や思想家たちが滞在しました。
 今は「本郷菊富士ホテルの跡」と彫られた石碑が立っています。
404e201
2.
 菊富士ホテル跡から北方約100mのところに[赤心館跡」と書かれた解説板が立っています。もちろん当時の建物はありませんが、石川啄木が上京したときに金田一京助の世話でここに4ヶ月ほど下宿をしていたのだそうです。
404e202
3.
 赤心館跡から南へ200mほど下ったところの石段の脇に「宮沢賢治旧居跡」の解説板が立っていますが、ただそれだけのもので当時を偲ぶよすがはありません。
404e203
4.
 この周辺は何処へ歩いても坂また坂ととても坂の多い地形ですが、その一角に自然主義文学の代表的作家であった「徳田秋声」旧宅があります。
 もちろん、手入れはされているのでしょうが、当時の姿を留めている数少ない史跡でしょう。
 ちなみに、板塀の上に葉を茂らせている業平竹は、同郷の「室生犀星」から贈られたものなんだそうです。
404e208
5.
404e209
6.
 徳田秋声旧宅から西方へ200mほど歩くと「蓋平館別荘跡」があり、現在は太栄館という旅館として営業されていますが、赤心館から転居した啄木がここで9ヶ月ほど暮らしたそうです。
 玄関脇には解説板と石碑が残されています。
404e210
7.
 石碑には「東海の小島の磯の白砂に我泣きぬれて蟹とたはむる」の歌が刻まれています。
404e211
8.
 太栄館の横には新坂という勾配の急な坂がありますが、ここは坪内逍遥が良く歩いたところだそうです。
404e212
9.
 この周辺で有名なのが胸突坂という長い急坂ですが、この坂の左右には第二次世界大戦の際に空襲を免れた建物が今も残っていて旅館として営業を続けています。
 歳月を感じさせる黒ずんだ看板や柱には昔の風を感じ、なにやら不思議な心境になります。
404e204
10.
404e205
11.
404e206
12.
404e207
つづく

|

« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(3) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/59559949

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(2):

« 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(1) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・文豪の足あと・文京区春日から本郷へ(3) »