« 昔の風シリーズ・・・赤坂おまいりどころ(2) | トップページ | 〖Nikon D4s〗実践テスト・・・桜を撮る »

2014年3月30日 (日)

ゆるゆると昔の風がふいていた・・・早稲田・漱石

※ 夏目漱石の片鱗

1.
402a101
2.
402a103
3.
402a102
4.
402a104
5.
402a105
6.
402a111
7.
402a107
8.
402a108
9.
402a109
10.
402a106
11.
402a110

|

« 昔の風シリーズ・・・赤坂おまいりどころ(2) | トップページ | 〖Nikon D4s〗実践テスト・・・桜を撮る »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

ちょっと懐かしい場所ですが、標識がないとどこにでもある街ですね。
休日だったのでしょうか? 人通りも少ないですね。
漱石先生は今のこの界隈をどうご覧になっているのでしょうかね?

文学書も古本屋さんも姿を消していっているのでしょうね。

投稿: 瑠璃 | 2014年4月 2日 (水) 00時44分

impact 瑠璃さん
漱石先生は若くして亡くなられていますが、もし、長生きをされていればさぞかし素晴らしい文学作品を一杯残されたことと、ここを訪ねてしみじみ思いました。
私もファンのひとりとして残念に思いました。
しかし、このようにして後世に名を残し、衆人に慕われていることは喜ばしいことなんでしょうね。
“坊ちゃん”は高校生時代に数回読みました。

投稿: イソップ | 2014年4月 2日 (水) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/59381212

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風がふいていた・・・早稲田・漱石:

« 昔の風シリーズ・・・赤坂おまいりどころ(2) | トップページ | 〖Nikon D4s〗実践テスト・・・桜を撮る »