« 川崎大師風鈴市・・・⑸ | トップページ | 誰そ彼れどきの薄れ行く光を花で拾う・・・Part 1 »

2013年8月25日 (日)

<箱根関所>

1.
308a101
2.
308a108
3.
308a103
4.
308a104
5.
308a110
6.
308a109
7.
308a111
8.
308a105
9.
308a112
10.
308a107
11.
308a106
12.
308a102

|

« 川崎大師風鈴市・・・⑸ | トップページ | 誰そ彼れどきの薄れ行く光を花で拾う・・・Part 1 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

箱根には行ったことがありますが、ここは知りませんでした。
カラーから変換されたのでしょうか?
白黒じゃないところがまた面白いですね~、
トーンやメリハリのつけ方がともて勉強になります。
12は幹の質感や葉っぱのてかり具合などもよく判りますね~。

目で見た風景で大体のトーンが想像できるのでしょうね。
立体的で気持ちのいい濃淡の配分、私もこういうお写真をはやく撮れるようになりたいです。

投稿: 瑠璃 | 2013年8月25日 (日) 18時27分

impact 瑠璃さん
おはようございます。
この関所址はかなり以前からあるのですが、形だけが作られた、と言う感じで史料価値には乏しいようです。
また、色々とはっきりしないことも多いため、見るものに史実とは異なったイメージを与えると言う可能性もあることからシルエット展示で表現する方法をとったようです。
したがってそのような理由も考慮してセピア調で仕上げてみました。
もちろん撮影はカラーなのですが、ニコンのキャプチュアーNXで調色加工をしました。

投稿: イソップ | 2013年8月26日 (月) 05時45分

セピアの写真って、懐かしいイメージでするね。
きっと、昔の写真が古くなって変色してしまった雰囲気とダブるからなんでしょう。
1枚目の坂道(かな?)と階段の感じが好きです。
あと最後の木とお花も。
箱根はいつも混んでるイメージがあって、最近は全然足が遠のいていますが、
また行ってみたくなりました。

投稿: ははだよ | 2013年8月28日 (水) 09時29分

impact ははだよさん
久しぶりにレトロ気分に浸っています。
この場所は私も初めてでしたが、訪ねて即モノで勝負だと思いました。
なぜなら、建物が全部黒色で塗られていた上、内部も無彩色が多く使われていたからでした。
黒色で仕上げるつもりで居たのですが、さらに懐古的にしてみようとセピア
でということになりました。
それなりに古さを感じて頂けれはうれしいです。

投稿: イソップ | 2013年8月28日 (水) 19時27分

こんにちは。
あ~!なんかしら資料館の写真を見てるようですね。
雰囲気が重厚になって、関所にはぴったりですね。
カラーからこのように変換出来るんですね!
何年か前に歩き、ブログに普通にアップしました。
この手があったとは!
良いですね。いつかやって見たいです。
手始めに谷根千あたりでやってみましょうかnotes
変換は出来ないと思いますから、セピアで撮るでしょう。

投稿: おーちゃん | 2013年8月29日 (木) 15時36分

impact おーちゃん
結構見栄えは良いでしょう?
とにかく、黒色を基調にした彩色をしてあったのではじめから、モノに決めていました。
ただ、白黒にするかセピアにするかは映像を見てからのつもりで、結局セピアになりました。

谷根千、ぜひやってみてください。
PCで色変換をしなくてもカメラでも出来るはずですから、カラーと違う面白さも味わってください。

投稿: イソップ | 2013年8月29日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/58062017

この記事へのトラックバック一覧です: <箱根関所>:

« 川崎大師風鈴市・・・⑸ | トップページ | 誰そ彼れどきの薄れ行く光を花で拾う・・・Part 1 »