« 川崎大師風鈴市・・・⑶ | トップページ | 川崎大師風鈴市・・・⑸ »

2013年8月 5日 (月)

川崎大師風鈴市・・・⑷

  いよいよ佳境となってきた午後四時過ぎには、人気の風鈴は売り切れが出るようになってきました。
  一部の人たちを除いては、購入決定の主役は子供さんや若い女性が握っているようでした。
  出店の売り子さんたちも、売り切れを早く出したいためか最後の一つが売れるときには、もう、即「完売御礼」の札を下げる手際の良さでした。

① 最後のお店は、海外の風鈴として展示していましたが目を引く
  ほどのものはありませんでした。
307d127


307d128

③ 高知のくじら風鈴、最後の売り上げに偶然立ち会うことが出来
  ました。子供さんに人気があったそうです。
  浦戸の沖でくじらを釣った思い出の人が多かったのでしょうか?
307d129

④ 瀬戸焼ふうりんは負けず劣らず良い音色を出していました。
307d130

⑤ 売り買いの駆け引きはなかなか興味深いものがありました。
307d131

⑥ 愛想の良い外人さんは何処でも人気者です。
  カメラ人たちが群がっていましたが、ちゃんと相手をしてくれて
  いました。
307d135

⑦ 新しいふうりんを買ったら、古くなったり破損したものは
  ここへ納めれば供養をしてくれるんだそうです。
  私も初めて知りました。でも、それが日本人の心なのでしょうね。
307d132

|

« 川崎大師風鈴市・・・⑶ | トップページ | 川崎大師風鈴市・・・⑸ »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

色んな風鈴が展示されていて、お客さんが大勢買いに来ているのにも驚きましたが、カメラ人の多さもすごいですね!
どこに行っても写真をする人が多くて驚きます。

完売が出るほどの人気とは知りませんでしたが、売り子さんの腕も相当なものでしょうね。

風鈴が揺れているのを見るだけでも涼しさと音色が響いてきます。
供養もしてくださるなんて嬉しいですよね。

風鈴の展示やお客さんと売り子さんの様子など、参考になるお写真が満載でした。
人の多い場所での撮影は大変でしたでしょうが、お陰で楽しませていただきました。
ありがとうございました。

投稿: 瑠璃 | 2013年8月 6日 (火) 10時20分

impact 瑠璃さん
風鈴の数もさることながら、おっしゃるとおりカメラ人も半端ではない多さでした。

何処へ行ってもそうなんですが、私が撮影しているといつの間にか回りに写真人が集まってくるんです。
そして、いつの間にかはじき出されて後の方で指を銜えていることになるんです。そういう運命なのかもしれませんね。

壊れた風鈴の供養も出来ると言うことはここで初めて知りました。
納め風鈴法楽、と言う行事なんだそうですが、この期間中は毎日、正午と午後四時に読経が行われるそうです。

風鈴の賑やかな音につられて、つい撮り過ぎになってしまいました。
まだまだきりがありませんが、もう一回ぐらいで〆ます。

投稿: イソップ | 2013年8月 6日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/57934312

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎大師風鈴市・・・⑷:

« 川崎大師風鈴市・・・⑶ | トップページ | 川崎大師風鈴市・・・⑸ »