« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月16日 (木)

金らん・銀らん

 金蘭も銀蘭も開花期間がとても短く、昨年は訪問が遅くなり、みんな染み付きの花弁となってしまっていましたが、今年はジャストミートで、それはそれは素敵な状態に遇えました。
 この花達はとても恥ずかしがり屋で、あまり陽の届かない林の日陰にこっそりと咲いているので、こちらも遠慮がちに声を潜めて話しかけながら撮って来ました。
 ただ、嬉しかったことは撮影に選別できる程度の数があったので気に入ったものにしぼりがかけられた、という幸運に見舞われたことでした。

1.
305a44
2.
305a49
3.
305a41
4.
305a42
5.
305a46
6.
305a48
7.
305a47 8.
305a45
9.
305a43

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

終焉の美・・・③

 終わりです。
 まだまた撮りためてありますが、みんな大同小異、そろそろご覧の皆様も飽きて来られたことでしょう。
 来年は、咲き誇る綺麗なチューリップの花たちと会話をしながら最高の微笑を撮りたいと思います。
 拙い半端画像にお付き合いを頂き有難うございました。

A.
304d302
B.
304d304
C.
304d307
D.
304d306
E.
304d303
F.
304d301
G.
304d305
H.
304d308

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

終焉の美・・・②

 続きです。
 最近のチューリップは複雑怪奇、見れば見るほど昔の面影は消えて行くような気がします。
 幼児、児童時代に書いた典型的な花の形は何処へ行ったのでしょう。
 確かに、色とりどりで形も、“えぇー、これが???”とつい叫びたくなるようなものばかり・・・だからなのでしょうか、散り行く最後まで自己主張をしています。
 王冠形のチューリップやぁーい!
 

A.
304d206
B.
304d208
C.
304d207
D.
304d203
E.
304d204
F.
304d202
G.
304d205
H.
304d201

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

終焉の美・・・①

 花の命は短くて悲しきことのみ・・・昔の人は絢爛豪華に咲く花を見て、悔し紛れにこういうことを言ったようですが、確かに美しい花ほど、その末路は寂しいものかもしれません。
 花の終焉を見て、花が舞う、花びらが散る、花台が落ちる、花が崩れる等と色々の表現が有りますが、チューリップの終わりは何と表現したらよいのでしょうか?

A.
304d109
B.
304d107
C.
304d106
D.
304d108
E.
304d104
F.
304d102
G.
304d101
H.
304d110
I.
304d105
J.
304d103

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

2013,禁断のケシ開花!

 都立薬草園の禁断のケシが咲きました。
 開花は始まったばかりで、当日は係員が花に被せてあった紙袋をはずし快晴の天気にケシたちが大きく深呼吸を始めたところでした。
 今年は、気温が低めなので花たちはかなり長持ちをするのではないでしょうか、とのことでした。

1.
305a102
2.
305a101
3.
305a110
4.
305a106
5.
305a104
6.
305a105
7.
305a112
8.
305a103
9.
305a107
※おまけ
 ヒマラヤの青いケシも開花を迎えていましたが、今年は色が淡く、ちょっと寂しげに見えました。
305a113

305a114

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

ようやく逢えた花々

 久しぶりに何も予定のない4月末の祝日、しかも快晴に恵まれ、ウズウズしていた気持ちに勝てず“おっとりカメラ”で出掛けました。
 もう既に春と言うには少しばかり時期を逸したようでしたが、まだ、路傍の花は咲いていました。
 すっかり最盛期を終え申し訳に咲いているという風情でしたが、心の満足は満たされました。


1.
304c09
2.
304c03
3.
304c07
4.
304c06
5.
304c02
6.
304c08
7.
304c10
8.
304c04
9.
304c01
10.
304c05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »