« 新春ひろい撮り・・・(1) | トップページ | 東郷神社 »

2013年1月 8日 (火)

新春ひろい撮り・・・(2)

 続きです。
 明治神宮のおみくじは、大吉とか凶とかで表現されるのではなく、明治天皇や昭憲皇太后様などの詠まれた御歌を『大御心(おおみごころ)』として伝えられるものになっています。
 なかなか難しい御歌などもあり、薀蓄のある道しるべとなるものなんです。
 皆さんが何を読まれたかは知る由も有りませんが、希望と輝かしい一年を過ごすことが出来るのであれば喜ばしいことです。
 また、原宿口から本殿までの中間の広場では、屋台が出たりして全国のうまい物会などをやっていました。

one
301a112
two
301a111
three
301a110
four
301a117
five
301a118
six
301a119
seven
301a103
eight
301a104
nine
301a105
※ おまけ

301a107  建物の飾りにも・・・ハトがいたりハートがあったり笑顔が迎えてくれたり、なかなかのものですよね。

 Nikon D600  AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm

|

« 新春ひろい撮り・・・(1) | トップページ | 東郷神社 »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

やはり隅々まで計算されて撮られてますね~。ため息ができます。
若い女性の和服姿もけっこう多いですね~。

東京にいるときは大宮神社(杉並)と明治神宮には必ずお参りに行ってたので懐かしいです。
でもおみくじのことは知りませんでした。

えっ?? D600を買われたのですか?!
色は少しあっさりしてるような気がしてましたが、お天気がよくて光を意識されてるからだろうと思ってました。

D4より軽いのでしょう? 
D4とは色々レベルがちがうのでしょうね。クロップが見てみたいです!

投稿: 瑠璃 | 2013年1月 8日 (火) 23時56分

impact 瑠璃さん
早速のコメント、有難うございます。
明治神宮はさすがに人気があります。どこへ行っても人の波でカメラポジションを取るのにも苦労しました。

そうなんです、D600は試行中で、実は昨年の最後のUPになります佃島もこのカメラです。
現在は、レンズとの相性を検証中ですが、佃島は28-300mmを使っています。
ニコンでもFXタイプでは一番軽いし小さいということになっていますが、重量以外の取り扱いは他の物とあまり変わらないようです。

おっしゃるとおり、発色はD4に比べるとあっさりした滲みのないもので、さすがに切れ込みも素晴らしいのですが、D4のまったりとした深みのある色に比べるといまいち質感描写に不満が残ります。

撮像素子の多寡については日常の使用ではどちらも充分な数値を確保しているものと思われますが、グラデーション、テクスチュアはD4に軍配が上がりますね。
しかし、軽さから言えば、日常的に持ち歩くには邪魔にならず良いとおもわれます。

まだ、使い始めたばかりで、多くの疑問を持ったままですが、レンズとの相性について試行錯誤を繰り返している状態です。

最後の「おまけ」写真はかなりの距離から撮っていますが、ほぼ、中央部のクロッピングになり、これもテストの一環として載せてみました。
ですから、おまけなんです(笑)。

投稿: イソップ | 2013年1月 9日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/56499656

この記事へのトラックバック一覧です: 新春ひろい撮り・・・(2):

« 新春ひろい撮り・・・(1) | トップページ | 東郷神社 »