« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

昔の風シリーズ・・・真性寺

1.
209a15

2.
209a14

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

伊豆 ガラスと工芸美術館・・・(2)

 ライティングとの真っ向勝負、ちょっと位置を変えただけで大きく変わる光と影、色々苦労をしましたが久しぶりに燃えて面白かったです。
 いかにも挑戦的に『いくら撮ってもいいですよ!』と言っていた係員の言葉が身にしみて分かりました。

208a105

208a108

208a109

208a110

208a106

208a102

208a103

208a112

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

伊豆 ガラスと工芸美術館・・・(1)

 大変ご無沙汰をしてしまいました。
 8月中旬以降、講演の準備で忙しい日々を送っていました。
 資料を探し揃えたり、原稿を書いてみたり、リハをやって見たりと結構ハードなスケジュールに追われ気も漫ろでしたが、ようやく講演依頼の予定をこなし、少しばかり余裕が出来てきましたので、皆様に忘れられないようにと思い、拙い記事ですが仮UPを致しました。
 なお、今後もいくつかの講演予定をこなさなければならず、10月いっぱいは厳しいこととなりそうですが、どうかお忘れにならないようにお付き合いの程をよろしくお願い致します。

 さて本題ですが、この美術館は、対象が『ガラス』だけに見学者の見易い様に展示照明等がなされていて、また、各所に鏡がふんだんに使用されており、照明自体も写真撮影をするのには非常に難しい環境となっていました。
 受付で職員に確認したところ、「撮影は、どうぞご自由に」ということでしたが、この照明で撮れるものなら撮ってごらんなさい、と言わんばかりの雰囲気でしたので余計に闘志が湧いてきて、“ライティングと勝負”にチャレンジした次第です。
 展示室内は映画館の内部のように暗く、ほぼ全部がガラスケースの中に展示されているので、スピードライトを使うのは無理ですし、カメラディスタンス、撮影の位置方向を悩みながら頑張ると共に写真家魂に火がつきました。


208a101

208a107
208a111
208a113

208a114

208a115

208a116

208a104

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »