« 昔の風シリーズ・・・慈眼山萬福寺(南馬込) | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・渋谷区円山町(2) »

2012年8月 1日 (水)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・渋谷区円山町(1)

 渋谷の神泉、円山町といえば閑静な住宅街でありましたが、すっかり様変わりをして神泉駅の近くは道路拡張工事が進み、近代的なマンションなどが立て並び、昔の面影はすっかり影を潜めてしまいました。
 駅の裏から道玄坂へ抜ける路地裏に辛うじて昔の風を感じる場所があるのを発見し、ホッとした次第です。
 昔の姿が、ドンドン消えてゆくスピードは凄まじい限りでした。


(画像2回クリック拡大対応)

1.

207a11

2.

207a12

3.

207a13

4.

207a14

5.

207a18

6.

207a17

7.

207a15

8.

207a16

|

« 昔の風シリーズ・・・慈眼山萬福寺(南馬込) | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・渋谷区円山町(2) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

旧いのやら、新しいのやら、入り混じって≪混沌≫。
住んでる人間も ≪混沌≫ なんでしょうか。

南馬込の涼しげな所で一息ついていた田吾作は、いきなり 混沌の世界に放り出されてしまいました。
のんびり人生を楽しんでいる田吾作には≪混沌≫はいけません。

イソップ先生の 透徹した眼差しは 容赦なく文明を抉り出してしまいますね。

投稿: 田吾作 | 2012年8月 2日 (木) 01時05分

impact 田吾作さん
今まさに道路拡張工事が行われ、新しい近代的なマンションが建てられたばかりという風情には、かなりのショックでした。

しかし、ひとたび裏路地へ入れば昔のままの円山町がそこにはありました。
2階の窓から非難梯子がかけられているような複雑な気持ちになり、時代の流れに逆らえない人間の弱さを見せ付けられてきました。

投稿: イソップ | 2012年8月 2日 (木) 08時47分

1、2枚目だと福岡ではオフィスビルなんですけど、渋谷の神泉あたりでは住居マンションなんですよね。
それにしてもビルの谷間で戸建てが遠慮がちに残っているのに驚きます。
昔をよくご存知で、たまに訪れるイソップさんにはその変化が信じられないでしょうね。
地方はゆるやかですが、確実に東京のあとを追っているので、まだまだですが時間の問題でしょう。
ますます自然のありがたみが身にしみますね~。

投稿: 瑠璃 | 2012年8月 2日 (木) 14時43分

impact 瑠璃さん
渋谷区でも道玄坂に近いところは開発も早かったのですが、神泉駅付近の円山町や松濤は古い町並みを保っていました。
しかし、今回行ってみたところ道路拡張の最中で道路に面したよい場所にはマンションが連なっていました。
おそらく、拡張開発で立ち退きを余儀なくされた人たちが入居したものなのでしょうね。
東京は恐ろしい、ちょっと眼を離すとこのように変化してしまうのですから・・・
何れは歴史の何もかもが消えて行くのでしょうかね。

投稿: イソップ | 2012年8月 2日 (木) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/55331031

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・渋谷区円山町(1):

« 昔の風シリーズ・・・慈眼山萬福寺(南馬込) | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・渋谷区円山町(2) »