« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田神保町(2) | トップページ | 初夏の花たち・・・(1) »

2012年7月 8日 (日)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田須田町

 須田町と言えば昔から“肉の万世”と相場が決まっていましたが、なかなか牛肉を食べることは出来ませんでした。
 夏になると屋上にビァガーデンが出来、下から指を咥えてみていた想い出が有りますが、今は大衆的なお店となりました。
 同じようにラジオ小僧が通ったのがガードしたの『ラジオガーデン』でしたね。
 名前こそ残っていますが、ほとんど姿を消しています。
 この後ろには交通博物館が有り、結構、胸を躍らせながら見たものです。
 これだけ近代化された街であっても、ちょっと裏路地へ入れば、まだまだ昔の風が吹いています。

(画像二回クリック拡大対応です。)

1.

206b405

2.

206b401

3.

206b402

4.

206b403

5.

206b404

6.

206b408

7.

206b406

8.
206b407

|

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田神保町(2) | トップページ | 初夏の花たち・・・(1) »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

主人は最初の数年間、子会社に出向していて須田町に通っていたのをこの記事で思い出しました!
毎日埼玉の入間郡からここまで通い、本社にも顔を出し、ぺーぺーなのに帰りはいつも午前様でした。
高度成長期の頃とはすっかり様変わりしてるのでしょうね。
住宅事情も、生活様式も、社会の大きな変化の中で様変わりしてるのに、路地裏のお店は頑張ってますね~。

あの高度成長期の明日への希望はどこへ行ったのでしょうね~。
みんな必死で働いたのに、こんな時代がくるなんて思いもしませんでした。

投稿: 瑠璃 | 2012年7月 8日 (日) 12時10分

impact瑠璃さん
ここは12番線の都電の終点でもありました。
秋葉原の電気街は、大人の街で値段も高く、学生はみんなこのガード下の小さな電気屋へ通ったものでした。
ご主人もここまで通勤されていたのでは、さぞかし思い出もたくさんおありになることでしょう。

この辺は電車の路線が珍しく変わらずに有るので、線路下を歩くと色々と思いでも湧き上がっときますが、幹線道路を除いてはみんな狭い路地であり、小さなお店がひしめき合っていたのです。
その名残が今でもあるというのは驚きですよね。

投稿: イソップ | 2012年7月 8日 (日) 13時04分

「昔と今と同居」というところに イソップ先生のお心の暖かさが伝わってきます。
毎度言ってることですが、写真の裏に心を通わせるには どうすればいいのでしょうね?

教えて戴いて 出来ることではないでしょうね。
田吾作は生きた里山を撮りたいです。

投稿: 田吾作 | 2012年7月 9日 (月) 02時48分

impact 田吾作さん
都会のこういう風景は、綺麗もあり汚れもありでその調和を図りながら画面を構成してゆきます。
その調整の視点をどこに置くか、がポイントになります。
したがって、構図によってはなぜこうなんだろう、なぜここでカットしているのだろう、なぜこの向きなんだろうなどとカメラディスタンスやカメラアングルに疑問を持つようなものもあります。
田吾作さんのように写真の裏を見ていただける人はその訴えが心に響く見方をして頂けるのでありがたいことです。

さて、生きた里山、の撮影方法ですが、いくら時間があっても話しきれないくらい大きな課題ですね。
したがって、最低限のことを2,3書いてみますので参考にしてください。
① 光線状態を読むこと。
 見通しは良いか、逆光ではないか、ただし逆光のほうがよい場合も有りますので希望する光線状態は何かを読んで下さい。
② カメラブレを防ぐこと。
 風景写真は広く撮るのが目的となることが多いと思いますが、撮影対象の一つひとつが画面内では通常小さくなります。
 したがって、微細なカメラブレでも小さく写るものは先鋭度や形状が呆けてしまい、全体がぼやけた力のない写真となってしまいます。
③ レンズの絞りを選ぶこと。
 使用するレンズの種類に係わらず、絞りを絞りすぎないこと。特にデジタルは絞りすぎると画像が崩れて悪化します。
 レンズの過焦点距離を上手に使って、絞りは必要最小限に明るくすること。
④ 画面の水平を確認すること。
 水平線が曲がっていると不安定になります。しっかりファインダーを覗いて水平を確認してください。

等々、大まかに羅列しましたが、この程度のことに気を使っても写真は違ってきます。
なお、生きた里山ということであれば、広い景色に限らず、足元を見て自然の素晴らしさを発見し、大きく写すのも、また、楽しいものです。

投稿: イソップ | 2012年7月 9日 (月) 09時48分

有難うございます。

お忙しい中、懇切丁寧なご指導を頂き、早速 カメラ行脚に出かけたいと思いました。
成果のほどは ブログに発表しますが、どんな評価が下るやら、楽しみであります。

これからも ご指導のほど、どうか宜しくお願い致します。

投稿: 田吾作 | 2012年7月 9日 (月) 10時06分

6枚目のショットが好き~
大阪にも同じようなところがあります~
大阪では下はお店になってるけどね(〃∀〃)エヘッ★
だんだんと風情のある風景が減ってます…
素敵なショットを✿アリガトウ✾“ヽ(。◕‿◕。)ノ”✾✿

投稿: なぎさ | 2012年7月 9日 (月) 10時11分

impact 田吾作さん
再度のコメント有難うございました。
分かりきったことを羅列しましたが、ブログアップが楽しみです。
無理をせずにマイペースで挑戦してみてください。

投稿: イソップ | 2012年7月 9日 (月) 10時21分

impact なぎささん
おはようございます。
東京も“むかし”がドンドン融解して行きます。
そのうち探すのに苦労する時期も来ることでしょう。

6枚目、ここは倉庫として使われ昔も今も変わりませんが、新橋駅付近の跨線下は色々なお店になっています。
新橋ガード下の赤提灯は有名です。

投稿: イソップ | 2012年7月 9日 (月) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/55147080

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田須田町:

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田神保町(2) | トップページ | 初夏の花たち・・・(1) »