« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

昔の風シリーズ・・・慈眼山萬福寺(南馬込)

  古くて新しいお寺。
 四角堂には色鮮やかな方位守護仏が収められていたり、なかなか魅力のあるお寺さんでした。

(画像2回クリック拡大対応)

1.

206c28

2.

206c22

3.

206c23

4.

206c26

5.

206c24

6.

206c25

7.

206c21

8.
206c27

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・大田区南馬込(2)

  南馬込の続きです。
何十年とそこにあったと思われる松の木は、何を見てきたのでしょう。
 我々には思い知ることの出来ない昔を見て、今の時代を見て、何を考えているのでしょうか?
  この地域もご多分に漏れず消えてゆく歴史を見せ付けられた様で寂しい思いをしながらシャッターを切っていました。

(画像2回クリック拡大対応)

1.

206c32

2.

206c33

3.

206c31

4.

206c35

5.

206c34

6.

206c36

7.
206c37 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・大田区南馬込(1)

  馬込という地名は、昔、馬が飼われているところがいっぱいあって馬が込んでいる、というところから「まごみ」となり「まごめ」となったそうです。
 馬込小学校も134周年を迎えたそうで、地域の歴史の古さを物語っています。
 しかし、街を歩いてみると結構古い建物や、かなり疲れた商店街なども見られ、ご多分に漏れず個人経営のお店は次第に無くなって行くのでしょうか。

(画像2回クリック拡大対応)

1.

206c109

2.

206c101

3.

206c102

4.

206c106

5.

206c107

6.

206c108

7.

206c110

8.

206c105

9.

206c103

10.
206c104

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

昔の風シリーズ・・・環七通り・馬込地区

  今は東京の大動脈になっている環状七号線、最近は、沿道に建つ商店や飲食店から嫌われているともっぱらの噂があります。
 理由はなんと言っても騒音と排気ガスにあるといわれていますが、どんなものかと地域撮影の折に、たまたま大田区の大森駅近くに行く機会がありましたので様子を見てみました。
 確かにたった数百メートルの区間でしたけれど、思わず寂しい気持ちになってしまいました。

(画像2回クリック拡大対応)

1.

206c403

2.

206c404

3.

206c402

4.

206c401

5.

206c407

6.

206c406

7.
206c405

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区飯田橋・富士見

 ここは町名も古いままの街で、飯田橋という橋があり、昔は富士山が見えたことから富士見町と言いましたが、今はどこからも見えなくなってしまったそうです。
 最も高層ビルがあちこちにあるので中には見えるところもあることでしょう。

 また、この近辺の地域ともたがわず古い昔の建物が高層ビルの隙間にこじんまりと有るのは分かるのですが、古式ゆかしき縁結びの神様が鎮座していたり、店先の犬に挨拶してゆく人が居たり、川魚の日干しがぶら下げてあったりと、なかなか魅力のある面白い街です。

(画像2回クリック拡大対応)

1.

206a401

2.

206a402

3.

206a406

4.

206a403

5.

206a404

6.

206a405

7.

206a409

8.
206a408

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

初夏の花たち・・・(2)

 相変わらず全国を豪雨が駆け巡り、東京も落ち着きのない天候に振り回されています。
 そのせいかどうかは分かりませんが、花たちは、時期を同じくして一斉に咲き出し、短い命を惜しむかのように果てて行くさまが見えます。
 今年は、天変地異があちこちで起こり、波乱に満ちた夏が足早に過ぎてゆくのでしょうか・・・

(画像2回クリック拡大対応。)

one

206d201

two

206d202

three

206d203

four

206d204

five

206d205

six

206d206

seven

206d207

eight

206d208

おまけ
206d209

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田多町

  この街も古い歴史のあるところで、戦後に建てられた建物があちこちに残っていますが、間もなくそれも時代の波に飲み込まれてゆくことでしょう。
 もうひとつは、この戦後の建物の二代目が残っていることです。
 大きなビルの谷間に、やゝ新しい建物と見えるのはそれらの名残なのですが、当時の建築規制により二階建てまでにしか出来なかったのだそうです。
 これらもいずれは消えてゆく運命にあることでしょうね。

(画像2回クリック拡大対応です。)

1.

206b501

2.

206b505

3.

206b506

4.

206b502

5.

206b507

6.

206b503

7.

206b504

8.
206b508

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

初夏の花たち・・・(1)

 豪雨が降ったり、灼熱の真夏のような太陽が照ったり、まだ梅雨明けでもないのに目まぐるしい陽気の変化には身体が付いてゆくのも大変なこの頃ですが、初夏に頑張っている花たちは一生懸命に咲いていました。

(画像2回クリック拡大対応です。)

one

206d101

two

206d103

three

206d104

four

206d105

five

206d108

six

206d107

seven

206d106

eight

206d102

おまけ
206d109

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田須田町

 須田町と言えば昔から“肉の万世”と相場が決まっていましたが、なかなか牛肉を食べることは出来ませんでした。
 夏になると屋上にビァガーデンが出来、下から指を咥えてみていた想い出が有りますが、今は大衆的なお店となりました。
 同じようにラジオ小僧が通ったのがガードしたの『ラジオガーデン』でしたね。
 名前こそ残っていますが、ほとんど姿を消しています。
 この後ろには交通博物館が有り、結構、胸を躍らせながら見たものです。
 これだけ近代化された街であっても、ちょっと裏路地へ入れば、まだまだ昔の風が吹いています。

(画像二回クリック拡大対応です。)

1.

206b405

2.

206b401

3.

206b402

4.

206b403

5.

206b404

6.

206b408

7.

206b406

8.
206b407

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・千代田区神田神保町(2)

 神保町交差点脇には『救世軍』本部があります。
 ここも昔は古めかしい教会みたいな建物でしたが、すっかりモダンになりました。
 古本屋さんを巡ってみて、意外と女性のお客さんが多いことを発見しましたが、なかなか素敵なジェントルマンにも何人かお会いできました。
 まだまだいち押しのカットはたくさん有りますが・・・神保町は本編でいったん終わります。


(画像ダブルクリック対応です。)

1.

206a302

2.

206a304

3.

206a303

4.

206a301

5.

206a305

6.
206a306

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »