« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・台東区千束(3) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・アメ横(1) »

2012年6月 8日 (金)

昔の風シリーズ・・・東京復活大聖堂

 かの有名なニコライ堂を訪ねました。
 立派に造作されているだけに、非常に難しい撮影でした。
 残念なことに内部の撮影は許可いただけませんでしたが、設計意趣と特長をそれなりにまとめ、その一部をUPしてみました。
 なお、敷地入り口の格子門扉には、次のような紹介文が掲出されていました。

205c108

1.

205c101

2.

205c102

3.

205c103

4.

205c105

5.

205c104

6.

205c107

7.
205c106

|

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・台東区千束(3) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・アメ横(1) »

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

イソップ先生の力作ですね。
批評の外にあって、ただ唖然と見ているばかりです。
イソップ先生に、今まで見せて戴いた写真がここに凝縮されているような気がします。

ニコライ堂もいいですね。
先生の創作意欲をかき立てている何かを感じます。(素人には判りません)

こんな写真を無料で見せて戴いて宜しいのでしょうか。
大きく伸ばして、立派な額におさめて飾っておく写真です。

投稿: 田吾作 | 2012年6月 9日 (土) 05時00分

トルコに住んでいたので、ビザンチン文化には少し馴染みがありますが、やはり日本的な雰囲気も感じますね。
ここは大震災でかなりの被害を受けているのですね。
なかなか立派な造りですね~。
でも街中にあってどこからでも撮影できるというわけではないので、撮影位置が限られてもどかしい思いをされたのでしょうね。
近づきすぎると、上部のドームの様子が上手く収まらないし、少し距離をおくと視界をさえぎるものも多そうです。
でも窓やドーム天井などとても興味深く拝見しましたよ。
私も一度訪ねてみたいです。

投稿: 瑠璃 | 2012年6月 9日 (土) 09時23分

impact 田吾作さん
ニコライ堂というと聖橋から撮るのが定番なんですが、普通に撮ったのではあまりにも整いすぎていて面白味が有りません。

本当は内部をじっくり撮りたかったのです。飛込みでは当然許可がいただけず残念でしたが、仕方ないことでしょう。
撮影形態が無計画突き当たりばったりとしていますので、主意を変えるわけにも行きません、その代わり、外部はしっかりと撮って来ました。

投稿: イソップ | 2012年6月 9日 (土) 09時34分

impact 瑠璃さん
おっしゃるとおり、近くにいても、距離をとっても良いアングルは難しいです。
その上、上に何も無いので、太陽光線がまともに当たり、採光処理に非常に気を使います。
まして、白を基調とした色合いも問題となります。
一般の神社仏閣と違い、敷地もさほど広くは無いので撮影範囲も限られてしまいます。

などと小難しいことを並べましたが、やはり建物は素晴らしいです。
この辺は、このほかにも神田明神、湯島聖堂なども有りますので、撮り比べてみると面白いかも、ですね。
機会があればお供しますよ!

投稿: イソップ | 2012年6月 9日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/54907085

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の風シリーズ・・・東京復活大聖堂:

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・台東区千束(3) | トップページ | 昔の風シリーズ・・・アメ横(1) »