« 都立横網町公園・東京都慰霊堂 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区 亀沢・石原 »

2012年5月13日 (日)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区両国・緑

 両国駅は戦災での焼失を免れ、高架下は飲食店が並んで賑わいを見せています。
駅の南側、南東側は空襲でほとんど焼けてしまったところですが、その後の復興は凄まじく、当時建てられた建物がいまだに残っているそうです。
 でも、最近は、すっかり流行りとなった「ちゃんこや」に姿を替えあちこちに立ち並んでいます。
 この日は、地元商店街の“にぎわい祭り”と称するイベントが開かれていて、ローカルキャラが一生懸命愛嬌を振りまいていました。


1.

204c502

2.

204c503

3.

204c501

4.

204c504

5.

204c505

6.

204c508

7.

204c509

8.

204c506

9.
204c507

|

« 都立横網町公園・東京都慰霊堂 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区 亀沢・石原 »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

なんか~ほっとする風景ですね~
昔~私が小さなころを思い出すな~
大阪にも残ってるんだけど
ビルの谷間で頑張ってるよねO(≧▽≦)O

投稿: なぎさ | 2012年5月13日 (日) 21時22分

impact なぎささん
かって下町大空襲でそのほとんどが焼けてしまったところなのですが、不思議なことに駅の周辺だけは焼けずに済んだのです。
そんな古い家屋を改築して、ちゃんこ専門店がかなり有りますが、時期柄決して安価ではなく、やはりガード下に人気があるようです。

時代の流れでだんだん淘汰されてゆく下町気質ですが、ここだけはまだいくらか残っているような気がします。

投稿: イソップ | 2012年5月13日 (日) 21時41分

庶民の生活がぎっちり詰まっている街。
40年前、賑やかだった街。

カメラを肩に、郷愁を探して歩くイソップ先生の姿が彷彿と浮かんで見えます。
この街に、田吾作も溶け込んでしまいました。

この街が、日本の経済を支えてアメリカを追い越しているんでしょうね。
円の強さを象徴いるような街なんでしょうか。

投稿: 田吾作 | 2012年5月13日 (日) 23時34分

impact 田吾作さん
地元の人たちに言わせれば、復興が早かったのは下町の人情とほぼ全ての地域が戦火にまみれ、後片付けが容易であった、ことなのだそうです。
あまり感心できることではないでしょうが、当時のバラック生活から抜け出すことが、
一番の目標だったのでしょう。
そういうことから、この町は意外と道路や町並みがしっかり区切られているんです。
裏路地は確かに狭いけれど、碁盤の目のように整備されているので、分かりやすいんです。
ただ、最近はそれもだんだん崩れてきているそうです。

投稿: イソップ | 2012年5月14日 (月) 07時41分

ご無沙汰しておりました。
この下町のキャラクターも
ゆるキャラと言われる部類なんでしょうね。
暑くなってくると、いろいろ大変だろうなぁと思います。
頑張れ~と応援したくなります(^^)

何故だか3枚目の塀のお写真が好きです。
塀に描かれた模様が気球で、
実際の空には飛行船が浮かんでいるからでしょうか。

投稿: ははだよ | 2012年5月14日 (月) 21時01分

impact ははだよさん
このキャラたちは、お祭りの景気付けに集めてきたのでしょう。
テント張りの屋台が出ていますが、何処も全部500円均一でちゃんこを売っていました。

飛行船に気が付いてくださって有難うございました。
実際に眼で見るものはもっと大きいのですが、壁の絵とのコラボを考え構図を作るとこのようになってしまいます。
このまま気球が空まで登っていったら面白いだろうになー、なんて夢見たいな想像に酔っていました。

投稿: イソップ | 2012年5月14日 (月) 21時24分

ちゃんこやさんですか?! 両国らしいですね~。
ガード下の風景を見ると、さすが東京だなと思いましたね!
地方にはこんな長いガード下はありませんもの。
山手線の電車が懐かしいです!

たしかに道路や町並みがしっかりしてますね。
下町も戦火の被害が違うのでそれぞれ様子が違うんですね。
古い家もやがては壊される運命にあるのでしょうね。

投稿: 瑠璃 | 2012年5月16日 (水) 21時30分

impact 瑠璃さん
この辺の空襲の戦火は千葉街道を集中的に狙われ、焼夷弾が落とされました。
当時は、相撲部屋もかなり固まっていたようですから、その流れを汲んで『ちゃんこや』が多いんでしょうね。

そんなことから、建物もしっかり作られていたのでしょうが、寄る年並みには勝てず、いずれは解体される憂き目に遭うことになるのでしょうね。

投稿: イソップ | 2012年5月16日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/54702973

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区両国・緑:

« 都立横網町公園・東京都慰霊堂 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区 亀沢・石原 »