« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区 旧安田庭園 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区両国・緑 »

2012年5月 9日 (水)

都立横網町公園・東京都慰霊堂

 JR両国駅の北方約500mのところに、都立横網町公園が有ります。
 この公園は「被服廠跡」とも呼ばれていますが、昔の人はこの方が良く判るかも知れません。
 また、公園内には『東京都慰霊堂』が併設されていて、この慰霊堂には大正12年に発生した関東大震災による遭難死者約58,000人の遺骨と一連の東京大空襲による殉難者の遺骨などもあわせて、現在、約163,000体の遺骨が安置されています。
 公園の北東隅には関東大震災の惨事を長く後世に伝え、焦土を復興させた当時の大事業を記念するため、昭和6年に建設された「復興記念館」もあり、館内には震災および戦災の記念遺品、当時の状況を伝える絵画、写真、図表などが展示されています。
 ここばかりは、昔の風がゆるゆると吹いている風情ではなく、精神的にも緊張し無念の魂が吹き荒んでいる厳しさをひしひしと感じ、御霊安かれと祈念して参りました。

1.

204c710

2.

204c701

3.

204c702

4.

204c709

5.

204c703

6.

204c704

7.

204c705

8.

204c706

9.

204c707

10.
204c708

|

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区 旧安田庭園 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区両国・緑 »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

1枚目の写真、花(桜?)を一緒に入れたところに、イソップ先生の安らぎを思いました。
今度の写真集は、すべて、先生の罹災者を悼む気持ちが感じられます。

写真の裏の表現って難しい。
というより、素人には出来ません。

いい教材を見せて戴きました。
有難うございます。

投稿: 田吾作 | 2012年5月 9日 (水) 21時53分

impact 田吾作さん
1枚目は、あの独特の枝振りを持った八重桜を入れてみました。
自由を縛られた御霊が空でもがいているように見えて仕方なかったんです。

まだまだ多くのカットが有るのですが、ブログにUPするの少しばかりはばかれる物ですので割愛しました。

この10枚の写真からその心を読み取っていただければ幸いです。

投稿: イソップ | 2012年5月 9日 (水) 22時12分

お写真からも何か張り詰めた雰囲気が伝わってきます。
大震災や空襲に遭われた方やご遺族の悲しみが感じられます。
昨年の震災を経験しただけに、日本人としてその無念さが痛いように分かります。
まったく知らないところだったので、お写真をじっくり見せていただきながら、お写真の勉強もさせていただきました。


投稿: 瑠璃 | 2012年5月10日 (木) 22時05分

impact 瑠璃さん
最近は、近くに博物館が有ったり、国技館があったりであまり話題性がなくなりましたが、一時は、空襲にも焼け残り、多くの人たちが助かったところとして、慰霊の御霊の力だったのではないか、と言い伝えられていました。
そんなこともあってなおさら何か感じるものがありました。

きわめて極限的な写真しか載せていませんが、そのうち何かの機会があれば、再掲載をしたいと思います。

投稿: イソップ | 2012年5月10日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/54670078

この記事へのトラックバック一覧です: 都立横網町公園・東京都慰霊堂:

« ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区 旧安田庭園 | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・墨田区両国・緑 »