« 雪は降る あなたは来ない! | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・稲城市大丸 »

2012年3月 1日 (木)

ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・稲城市東長沼

 一雨ごとに温かくなる、といわれたこの時期なのに東京は大雪に泣き、震え上がるような寒さについ籠もりがちとなる。
 しかし、啓蟄も目の前だし、どうやら梅の固い蕾も緩みだしたようだが、今年は総じて春が遅いことは確かのようだ。などと言って何時までも冬眠しているわけにはいかない、そろそろ活動を開始しなければ益々老けてしまう、ということで眼を覚ましました。

 最近の時代の変遷は、ますますスピードを上げてきているようで、明治・大正期の雰囲気を探すのも難しくなってしまった。
 さすがにまだ昭和の残り香は其処此処に辛うじて残っているが、これとて探し出すのは並大抵のことではない。

 そのような時代に、昔の風が吹くような気のする場所を行き当たりばったりに探してみることにした。
 こういう分野の写真は、人それぞれで感じ方や評価も違ってくるものであるが、大きな要素としては、撮影者の生い立ちや人生観、鑑賞者の人生経験の深浅や生活環境などが大きく係わってくるものと思う。
 しかし、どう観るか、どう反応するかはその人の勝手であり、好きなように観て頂ければそれで良いと思っている。
 それによって感じたことやご意見があれば、ぜひお聞かせ頂ければ幸甚であります。
 

one

202b304

two

202b303

three

202b306

four

202b305

five

202b302

six

202b307

seven

202b301

eight
202b308

|

« 雪は降る あなたは来ない! | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・稲城市大丸 »

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

イソップ先生の仰る通りで、撮る人の感性と、観る人の感性がありますよね。
田吾作は一番と二番が好きです。
一番は ”三叉路” 角の商い屋の風情が懐かしい
二番は ”羽目板”(二分三厘と呼ばれた 薄い杉材)長屋の外壁は          みんなこれでした。
イソップ先生の確かな目。

タダで見せて戴いてよいのでしょうか。


投稿: 田吾作 | 2012年3月 3日 (土) 03時31分

impact 田吾作さん
本日は久しぶりに都心を歩いてきました。

大変貴重なご感想を有難うございました。
やはり時代を見る眼の確かさを再確認させていただきました。

さほど先のない身、少しばかり昔の風情を追ってみたのですが、どうなることやら・・・
でも、これだけ時代の流れが速いと誰かが何処かを見ておかないと無くなってしまいますものね。

投稿: イソップ | 2012年3月 3日 (土) 18時10分

こんばんは。
街を歩いてる時や電車から外を見てる時に、あ!昭和だって懐かしく
思う旧い建物を見ることありますね。
私もイソップさんにならって撮りたくなりました。
ただ、なかなか行きあたらないですが。

7番の、あれは何を表わしているのでしょうね。リボンのようにも見えます(*^_^*)

投稿: おーちゃん | 2012年3月 3日 (土) 19時07分

impact おーちゃん
おばんでーす。
テレビを見ていても新聞を読んでいても本当に昭和は遠くなってしまいましたね。
一世を風靡した俳優さんたちも次々とお別れして行きましたし、やはり寂しいです。

これだけ時代の変遷が早いと、自分だけ置いていかれるような気がして、最近はあせっています。

これからの写真の中には、何でこれが・・・? と思うようなものもたびたび出てきますが、私の個人的な感性で撮っていますので、ご想像にお任せします。
sevenの写真は私にも良くわかりませんが、地元に住んでいる芸術家が作成したのだと聞いております。
この下には暗渠になった川が流れているので何か関係があるのかもですね。

投稿: イソップ | 2012年3月 3日 (土) 19時27分

①と④が好きです。
職人さんの姿も、見なくなった気がします。
小さい頃、植木屋さんのおじさんをよく見たのに。。。
最近の時代の変化は、ちっともゆるゆるしてませんね。
昭和って、とても長かったのに
平成に飲み込まれたのでしょうか。
①の三叉路、いつまでも残っててほしいです。

投稿: ははだよ | 2012年3月 3日 (土) 20時36分

impact ははだよさん
庭師の姿もあまり見なくなりました。
この地域は、けっこう古い豪邸もあるので立派な庭がありますが、もともとが農家なので、自分のところで手入れをしているようです。

目の回るような最近の時代の流れに反抗して、せめてゆるゆると昔の風を探しながら歩いているこの頃です。
早くしないと皆なくなってしまうような物寂しい感じを受けているんです。

投稿: イソップ | 2012年3月 3日 (土) 21時01分

寒がりのイソップさんはまだ炬燵の中だとばかり思っておりました。
本当に失礼しました。
昭和の名残もだんだん消えていきますね~。
私も1,2枚目が懐かしいですし、8枚目が面白いなと思いました。
不知火って熊本にだけあるのかと思ってましたよ~。
脚立は現代的なデザインですね!

投稿: 瑠璃 | 2012年3月 5日 (月) 19時41分

impact 瑠璃さん
相変わらず暖かかったり寒かったりの日々ですが、あまりのんびりともしていられず、
動き出しました。
私よりカメラが承知してくれません。

今のうちに残して置かないと無くなってしまう物が一杯有ることに最近になって気が付きました。歳を取ったせいもあるのかもしれませんが、後どれくらい頑張れるかと思うと寂しくなりますね。
せいぜい歩きたいと思います。

投稿: イソップ | 2012年3月 5日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/54108692

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・稲城市東長沼:

« 雪は降る あなたは来ない! | トップページ | ゆるゆると昔の風が吹いていた・・・稲城市大丸 »