« 柘榴の嘆き | トップページ | 閑話休題 »

2011年12月16日 (金)

公孫樹は終わりぬ

 イチョウの葉も親樹を離れ、冷たい路上に舞う。
 人々の営みに関係なく、黄金に輝く扇子となって冬日に群れて寒風に遊ぶ。

one

12b0104

two

12b0105

three

12b0101

four

12b0103

five

12b0102

 D3s

|

« 柘榴の嘆き | トップページ | 閑話休題 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

1枚目、落ち葉の色と青空がマッチしてとっても素敵です!
葉っぱがまだ枝に少し残ってるんですね。
銀杏の落ち葉がまぶしくて美しいですね!
私はいつもJR西立川の入口から入るので銀杏並木といえばバーベキュガーデンのそばしか知りませんでした。
ここにも公孫樹があるのですね。
御苑よりもやはり寒いのでしょうね、落葉が早いようです。
マンションの近所にはまだ葉の茂った銀杏があったりします。
お写真からはのんびりとした公園の様子が覗えますね。

投稿: 瑠璃 | 2011年12月16日 (金) 16時08分

impact 瑠璃さん
この日はあまり風もなく、はらはらと落ちるイチョウの葉は撮れませんでしたが、
都心よりは気温も低いようですね。

もうほとんど葉っぱは残っていませんでした。
落ちたばかりの葉の色の美しさはため息の出るようなものばかりでしたが、
やがて片付けられる運命にあるのでしょうから少しでも早く記録しておきたいと少しばかり焦りもあり、なかなか難しいアングルになってしまいました。

投稿: イソップ | 2011年12月16日 (金) 18時35分

イソップ先生は何処にでも「美」を見つけるんですね。

間もなく、踏みにじられて汚れる地面。
その寸前の≪美≫。

田吾作は先生に教えられた「絞り」の勉強中です。

寒くなってきて、外へ出るのが億劫になってきました。
でも、温かい時間を選んで、たとえ5分でも外へ出るようにしています。

いろいろと教えてください。

投稿: 田吾作 | 2011年12月16日 (金) 21時33分

impact 田吾作さん
イチョウの葉の黄金は、一度踏みにじられたらもう駄目になってしまいますよね。
また、落葉しだすと一度に落ちてしまいますので後が無いという難しさがあります。
タイミングとチャンスの取り合わせで撮影時期が決まってしまいます。

絞りの研究中ですか、大いに役立つと思いますので飽きずにやってください。
レンズの描写力は、一番明るい絞りから、絞りの倍数系列で3~4段目くらいが一番良い像を結ぶといわれています。
使用しているレンズの良像面積の一番よい絞りの値を見つけ出して、活用して下さい。

外での活動は、体調と相談しながら無理のない範囲にして下さい。

投稿: イソップ | 2011年12月16日 (金) 22時16分

黄色いじゅうたんが、とっても綺麗ですね。
降り積もった雪の上と同じくらい
足を踏み入れるのがもったいないと思っちゃいます。
5枚目の並んだベンチのところは藤棚のところでしょうか。
(って、昭和記念公園で合ってますか?)

もう黄色い葉っぱも片付けられて色の少ない寒い季節が
しばらく続くのでしょうね。
時々あったかい日があるのが嬉しいのですが、
その分寒さがぶり返すと骨身にしみて寒さを感じます。
風邪などひかれませんよう、ご自愛くださいませ。

投稿: ははだよ | 2011年12月18日 (日) 09時13分

impact ははだよさん
これも昭和記念公園で撮ったものです。
この絨毯は、一度足を踏み入れれば新雪と同じようにその風情はなくなってしまいます。

そうなんです、この藤棚は、若いカップルに人気があり、写真を撮り合ったり、三脚を立てて記念撮影をしたりする姿が良く見られます。

今のところ、まだ、元気ですので、何とかこのまま冬眠に入らず頑張り、この冬を乗り切りたいと思っております。
暖かいご配心をありがとうございます。
ははだよさんも暖かくして楽しいディズニーで一杯写真を楽しんでください。お待ちしております。

投稿: イソップ | 2011年12月18日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/53495555

この記事へのトラックバック一覧です: 公孫樹は終わりぬ:

« 柘榴の嘆き | トップページ | 閑話休題 »