« 北辰妙見尊蛇より行事・・・5 | トップページ | 初秋の戸惑い・・・(1) »

2011年8月23日 (火)

北辰妙見尊蛇より行事・・・6

 最終回です。
担ぎ上げられた蛇の胴体は、二十三夜塔の横までその前部が運ばれ、既に作られた頭部に繋がれます。
 二十三夜塔の前に設置された祭壇に、妙見寺の住職が座し、魂入れの行事が執り行われ、一連の神事は終わります。
 この行事も三百五十年と言う長い歴史の中にあるとはいえ、素朴ながら伝統のある民俗文化財ですから、地元の人々はもちろん、多くの人たちの努力と協力によって絶やさないようにしたいものです。
 最後に村民、世話役の方々の心づくしとして、参加者には御神酒が配られ、なおらい(直会)の儀が執り行われ総てを終了します。

(初めておいでの方は、<北辰妙見尊蛇より行事・・・1>からご覧下さい。)

① 蛇の前方部の縒り上がりには妙見寺の住職も立ち会う。
8a0701

② 魂入れの行事の行われる二十三夜塔前の祭壇。
8a0702

③ 作られた頭部が運び込まれる。
8a0704

④ 世話役たちによって塔の前に設置される。
8a0705


8a0706

⑥ 設置が完了し胴の到着を待つ。
8a0707

⑦ 住職の魂入れの儀式が始まる。
8a0703


8a0708

⑨ やがて妙見宮に繋がる蛇の胴体部分が合体される。
8a0709

⑩ 住職の読経と御神酒による魂入れ。
8a0710


8a0711


8a0712

⑬ 参加者に御神酒(茶碗酒)が振る舞われ、一切の行事か終わる。
8a0713

 Nikon D3s  NIKKOR LENSENS

|

« 北辰妙見尊蛇より行事・・・5 | トップページ | 初秋の戸惑い・・・(1) »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

400メートルですか?
この地方の人々が長い間、続けてきた行事!!
おかしな行事があったものですね。

それにしても、イソップ先生を駆り立ててきたこの情熱。
大変な気力です。

いや、お若い!
お若い!!!


投稿: 田吾作 | 2011年8月24日 (水) 02時08分

impact 田吾作さん
おはようございます。
今回で終了します。
たしかにきらびやかな明るいお祭りも魅力がありますが、こういう連綿と続いてきた行事には、何かわかりませんが惹かれるものがあります。
また、得てしてあまり記録のないのも事実です。
今回は、少しでも地元の役に立つのであればと、張り切ってみました。

まだまだこれからやらなければならないことがたくさんあります。
何とか若さと気力で乗り切って行きたいと思います(笑)。

投稿: イソップ | 2011年8月24日 (水) 08時10分

大丈夫です。

イソップ先生の若さと気力は衰えを知りません。

田吾作が保障します。

投稿: 田吾作 | 2011年8月24日 (水) 09時52分

おはようございます。
蛇の長さに驚きました。
それを担いで石段を上がってるひとたちは幸せそうなお顔を
してますね。触ると無病に!!有難いですね。
350年続いてるとは、驚きました。
詳しい写真でありがとうございました。
見るだけもご利益あるかも知れません(*^_^*)

投稿: おーちゃん | 2011年8月24日 (水) 10時40分

胴体と頭が合体して無事入魂式が執り行われたのですね。
脈々と続いてきた伝統行事、これからも絶えることなく続いていってほしいです。
こうやって記事になり、ネットに公開されれば参加者がふえるかもしれません。
記録写真を残すことはイソップさんにとって使命でもあるのですね。
地道な作業ですが、私たちも応援してます!

投稿: 瑠璃 | 2011年8月24日 (水) 19時58分

punch 田吾作さん
有難うございます。
若さに任せて頑張ります。
田吾作さんの保障があれば充分です。

投稿: イソップ | 2011年8月24日 (水) 20時18分

punch おーちゃん
こんばんは。
そうなんですよ、でも階段が急勾配で大変でした。
最後まで見ていただき有難うございます。
350年も続いていた行事にしては、皆、一生懸命やっていました。
最後には大勢の人たちが集まり、盛大でした。

きっと良いご利益がありますよ。

投稿: イソップ | 2011年8月24日 (水) 20時31分

impact 瑠璃さん
せっかくの伝統ある行事ですから、ちゃんとした記録が欲しいところですが、聞くところによると、あまりしっかりしたものは無いそうです。
もっとも、こういう行事というのは、一部の関係者による口伝がその方法として続いているもののようですし、なかなか記録に残すと言うのは難しいのかもしれません。

まあ、今回のことがきっかけとなり、少しでも多く人たちに知ってもらえれば、目標の一部でも達したことになると思います。
皆さんに応援を頂けると言うことはありがたいことですし、まだまだこうした行事は多くあるそうですので、機会に触れ記録しておきたいと思っています。

投稿: イソップ | 2011年8月26日 (金) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/52458398

この記事へのトラックバック一覧です: 北辰妙見尊蛇より行事・・・6:

« 北辰妙見尊蛇より行事・・・5 | トップページ | 初秋の戸惑い・・・(1) »