« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月18日 (金)

東北関東大震災に寄せて

 今般の三陸沖を震源とする未曾有の東北地方太平洋沖地震は発生からこんにちで一週間が経過しました。
 関係省庁や部署の懸命の努力にもかかわらず何の糸口も見えないうちに過ぎてしまいましたが、口惜しくも亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災されました方々に心より御見舞いを申し上げます。
 また、地元の方々の身を賭しての大変な人道的ご労苦や災害派遣で活動されている各組織部隊員に対し深く敬意を表すると共に被災地の一日も早い復旧復興を祈念いたします。

 いまさら、何をとやかく言ってもどうにもなりませんが、どうか生きてください。
 生きて、生きて、生き抜いてください。
きっと、笑顔になれる日が来ます。

  
 何にも無くても希望がある 。


2c0306_3

 明日がある、あしたがある。

2c0307_3

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

皇居一周撮影ウォーキング・・・(4)

いよいよ最終ラウンドとなりました。
ここからは、なだらかな下り坂となり、道幅もかなり広くなるので走り易くなります。
ただ、コースを右回りに採った場合にはとんでもなく長い上り坂となるので、登りきった半蔵門あたりでバテることは請け合いです。
さすがに右回りで走るランナーは見かけませんが、中には居るのかも知れません。

 Nikon D3sAF-S NIKKOR 28-300mm GED VR

one 半蔵門から桜田門方向を望む。

2b0401

two 半蔵門交差点から、四谷、新宿方向を望む。さすがに休日、ほとんど車も見えない。

2b0402

three ここは道幅も広く走り易い。

2b0403

four ただ、ここまで広がって走るのはNG!

2b0404

five このくらいの走り方なら、対向者とのすれ違いも問題はない。

2b0405

six 春の兆しでしょうか、お濠には水鳥がいっぱい羽を休めていました。

2b0406

seven 桜田門が見えてきました。皇居一周、お疲れ様でした。
   お付き合いを頂き、大変有難うございました。

2b0407

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

皇居一周撮影ウォーキング・・・(3)

心臓破りの坂道を登りきり、乾門を左に見てここから千鳥が淵へ向かうコースが始まる。

 Nikon D3s 

one 春には桜のトンネルとなり、人気の高いなだらかな下りコース。

2b0301

two 皇居周回で最も道幅の狭いところ! 一人が駆け抜けるのがやっと!

2b0302

three ここから千鳥が渕交差点までが問題のところ、トラブルも多い。

2b0303

four 絶え間なくランナーが通過する。戸惑う歩行者の姿も。
   高齢者や女性、子供などはかなりの危険がともなうようです。

2b0304

five ランナーにも危険が!!

2b0305

six この付近は、千鳥が淵公園内を走ればよい。

2b0306

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

皇居一周撮影ウォーキング・・・(2)

大手門のあたりまではまだ歩道も広く、横をすり抜けてゆくランナーたちもそれほどには感じませんが、道幅がだんだん狭くなるにつれ、後からの圧迫感みたいなものに襲われる気持ちになるのは私だけでしょうか?

 Nikon D3s

one やがて大手門、正面に東京消防庁が見えます。

2b0201

two まだこのあたりは道幅も広く余裕でした。
 
2b0202

three
2b0203

four 東京消防庁前、ここで道は大きく左へ曲がり竹橋へと向かいます。

2b0204

five やがて、毎日新聞社の立派な社屋が見えてきました。
 
2b0205

six 毎日新聞社前の竹橋を渡ります。

2b0206

seven 竹橋です。この橋も歴史は古いのですが、綺麗なめがね橋なんですね。

2b0207

eight ここから、このコースで一番厳しい“心臓破りの坂”が始まります。

2b0208

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »