« 谷中七福神めぐり・・・(5)毘沙門天 | トップページ | 谷中七福神めぐり・・・(7)辯才天 »

2011年1月18日 (火)

谷中七福神めぐり・・・(6)大黒天

大黒天・富や出世、繁盛をもたらしてくれる神様。
護國院・台東区上野公園10-18
  東叡山寛永寺釈迦堂の別当寺として開創。大黒天像の後ろに飾られている大黒天画像は、徳川家光公が所蔵していた絵巻でこの時期にしか一般公開はされない。

※ Nikon D700


1a0601


1a0602


1a0608


1a0609


1a0603


1a0604


1a0605


1a0606


1a0607

|

« 谷中七福神めぐり・・・(5)毘沙門天 | トップページ | 谷中七福神めぐり・・・(7)辯才天 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

(o´・∀・)o))コンバンワデース

遅くなりました○┓ペコッ♪
東京の方にも、七福神巡りってあるんだぁ~
こっちにもあるんだよ(*・v・。)v

ロウバイのお花が綺麗だね~
神社の中も写真OKだなんていいなぁ~^^

投稿: ねこ | 2011年1月18日 (火) 23時52分

最後の ≪大黒天・画像≫ は イソップ先生の写真力でなければ捉えられない、と感心しました。

そもそも、写真とは一瞬を捉えるもの。
次の瞬間に時間は過ぎて、もう元に戻らない。
時の刻みを捉えるなんて至難の業です。

「生きている」って、不思議ですね。

闇から闇へ、その一瞬が「命」なんですね。
それを画面に捉えて残す。
それが「写真」なんでしょうか。

イソップ先生にもっと早くお会いできたら勉強することが出来たのに・・・。

一期一会の人生です。

今を 良く生きることですね。

風邪を引かないでください。

投稿: 田吾作 | 2011年1月19日 (水) 02時59分

歴史のあるお寺はやはり風格がありますね~。
内部の撮影などを考えるとこの時期にお参りするのがベストですね。
蝋梅がもう咲いていたのですね!
大黒天画など予備知識も必要になりますね。
直々のご教授、一日もはやく実現できますように!!

投稿: | 2011年1月19日 (水) 11時51分

impact ねこさん
お久しぶり。
東京の谷中七福神が一番古いんですよ。
毎年この時期はご開帳されますが、このときばかりは写真も撮れるんです。
礼儀として、一応ひとことお願いはしますけど・・・

蝋梅どころか早咲きの梅が一、二輪ですけど咲いていました。

投稿: イソップ | 2011年1月19日 (水) 13時06分

impact 田吾作さん
最後の写真にお褒めを頂き有難うございます。
ちょうど人波が途切れた寸時に撮影することが出来ました。
まあ、たまたまうまく行ったというところでしょう。

何をやるのにも遅いということはありません。
今からやりましょうよ。
その人の体力や能力に適応して指導できるのがプロというものです。
まだまだこれからいくらでも、やり方があります。
重荷にならず楽しめればいいんです。

投稿: イソップ | 2011年1月19日 (水) 13時16分

impact 瑠璃さん
最近は名前が出てきませんねー。
文面や内容から、推測していますが、間違いはないでしょう。

正月のこの時期しかご開帳はありません。
従って撮影できるのも期間限定というところでしょう。
とにかく参拝者が多いので人波サーフィンをやっているようなものです。
また、何処も格式ばってでしょうか、照明の暗いのも難儀する点ですが、
それを如何に乗り越えるかが醍醐味のひとつでもあります。
ご一緒できたらいいですね~!

投稿: イソップ | 2011年1月19日 (水) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/50575189

この記事へのトラックバック一覧です: 谷中七福神めぐり・・・(6)大黒天:

« 谷中七福神めぐり・・・(5)毘沙門天 | トップページ | 谷中七福神めぐり・・・(7)辯才天 »