« 谷中七福神めぐり・・・(4)壽老人 | トップページ | 谷中七福神めぐり・・・(6)大黒天 »

2011年1月17日 (月)

谷中七福神めぐり・・・(5)毘沙門天

毘沙門天・ご利益は威光。信者に十種の福を授けるといわれる神様。
天王寺・台東区谷中7-14-8
  このお寺は、谷中霊園に接してあり、境内も広く立派です。
  江戸時代“富くじ”で賑わった古刹でしたが、毘沙門天を祀る毘沙門堂は、消失した五重塔の残材のケヤキで建てられたといわれる造りです。
  ただ、堂内は照明もなく暗いため肉眼ではその御姿をはっきり拝観できません。

 Nikon D700


1a0501


1a0503

1a0504

1a0502

1a0508

1a0505

1a0506


1a0507

|

« 谷中七福神めぐり・・・(4)壽老人 | トップページ | 谷中七福神めぐり・・・(6)大黒天 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

イソップ先生の精力的なこと!!

見習わなくてはいけない、と思いながら今の田吾作では 酸素ボンベ という厄介者を抱えての行動に制限されて、思うように動けません。

カメラマンが増えました。
定年退職者が先ず志望するのがカメラなんでしょうね。
皆さん、立派なカメラを持っています。

少し暖かくなったら田吾作も庭先に出られるかな?
このところの雪で、道路の凍結が心配されます。
スリップ事故が多いんですよ。

投稿: 田吾作 | 2011年1月18日 (火) 02時48分

いかにも古刹という感じがしますね。
木造のお堂にも歴史を感じます。
地方のお寺より古い物を大切にしてるかもしれません。
参拝客の数も地方とは比較にならないので仕方ないかもしれませんが、ずっと守っていってもらいたいですね。
いつかここも訪れてみたいです。

投稿: | 2011年1月18日 (火) 10時17分

impact 田吾作さん
これでも、フウフウ云いながらの行脚でした。
若い時にいくら鍛えたとは言え、寄る年波に日ごと衰えを感じるこの頃ですが、
まだまだ楽しまなくては、と重いカメラを引っさげて感度の鈍った頭で悪戦苦闘を
しています。

デジタルがこれだけ普及してから若い女性もカメラを提げて歩くようになり、
本当に増えました。
本来ならば喜ぶべきことなんでしょうけど、マナーの基本が出来ていない現実を見ると考えてしまうこともあります。

もう春は目の前です、お互いに首を伸ばして待ちましょう。

投稿: イソップ | 2011年1月18日 (火) 10時46分

impact たぶん瑠璃さん
私も七福神めぐりは久し振りのことでしたけれど、以前と変わったことは、
若い女性の姿が多くなったということです。
お寺さんも、そのへんを考慮して飾り付けや造作を現代風にしたり、色々と
サービスに心を配っているようです。

なかなか無理かもしれませんが、早く東京に戻り訪ねてみてください。
その頃まで私が元気ならご案内をさせて頂く事が出来るかも、ですね!

投稿: イソップ | 2011年1月18日 (火) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/50575105

この記事へのトラックバック一覧です: 谷中七福神めぐり・・・(5)毘沙門天:

« 谷中七福神めぐり・・・(4)壽老人 | トップページ | 谷中七福神めぐり・・・(6)大黒天 »