« 小さい秋が見つかりました! | トップページ | 続・今年も赤い実たちが輝いていました »

2010年11月12日 (金)

今年も赤い実たちが輝いていました

冬であることを忘れるような暖かい昨今、紅葉も遅々として進まず、我々にとっては過ごしやすい毎日ですが、秋を迎えた木々たちは今年も忘れずに赤い実をつけ、着実に一年の営みの成果を表現していました。
やがてこの実たちは鳥に新天地へ運ばれ、鳥の羽を赤く染め、新しい芽吹きを待つのでしょう。

 Nikon D700

one

Zp0201_2

two

Zp0202

three

Zp0203

four

Zp0204

five

Zp0205

six

Zp0206

seven
Zp0207 

|

« 小さい秋が見つかりました! | トップページ | 続・今年も赤い実たちが輝いていました »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

赤い実を見ますと、秋の季節の深まりが一層感じられますね。
紅葉と赤い実、野山の彩りが増して、冷たい空気の中にも温もりを感じます。

今年は東京の紅葉を見に行くことができそうにありません。
残念です。

投稿: 花と風景 | 2010年11月13日 (土) 06時30分

impact 花と風景さん
おはようございます。
毎年忘れずに実りの秋を迎え、子孫繁栄を小鳥達に託す・・・繰り返されることですが、少しでも綺麗に、少しでも美味しそうにと頑張っている木々たちの努力を見ることが出来るのもこの時期だけです。
そして、使命を終わった葉っぱたちが紅葉を向かえる、自然の摂理とはうまく出来ているものだとつくづく思います。

今年の東京の紅葉は、遅速があり、あまり期待できないかもしれません。

投稿: イソップ | 2010年11月13日 (土) 09時21分

うわ~、綺麗ですね!
いつも周りを観察されているんですね。
色といい、艶といい、小鳥たちを惹きつけるように自然は良くできていますね。
身近にある自然で秋を実感できるって素晴らしいです!
私はたかだか数年のカメラ歴ですが、長年日本の秋を見てこられたイソップさんですから、年々変わりゆく自然を実感なさいますでしょう?

投稿: 瑠璃 | 2010年11月13日 (土) 11時32分

impact 瑠璃さん
こんにちは。
福岡も黄砂で大変だったようですが、今、東京も大変なことになっています。

毎年、秋になると、赤い実を撮って歩くのが恒例のようになっています。
紅葉は、秋の移ろいを色の変化で見せてくれますが、その年の実りはどこにでも有る木の実が一番良く知っているように思うんです。
色、つや、実りの多少によってこの一年が判るんです。
私の自然に対する年間バロメーターみたいなもので、当分続けることになると思います。

投稿: イソップ | 2010年11月13日 (土) 15時00分

こんにちは。
赤は暖かい色ですが、ほんとに一枚目から温かさを感じます。
壁に飾ると良いですね。happy01

投稿: おーちゃん | 2010年11月13日 (土) 15時47分

impact おーちゃん
こんにちは。
実りの秋はこれが一番の楽しみです。
鳥たちが食べるのですから、このうちのどれかはおそらく食べられるものも有るとは思いますが、色を楽しむのが第一でしょうね。
大きく伸ばして壁に飾ったら見栄えもよくなるかもしれませんが、まだ、
やったことがありませんので、そのうち挑戦してみます。

投稿: イソップ | 2010年11月13日 (土) 16時38分

お写真の真っ赤な実は、艶々と本当に美味しそうに見えますね!
手を出すのを我慢しなければ、なりません。苦笑
たくさんの赤い実。お近くでの撮影なのですね。良い環境にお住まいですね。
福岡での今年の柿は不作で、とても残念です。(柿好きなもので。。。)
実りの秋=馬肥ゆる秋。。。気をつけなければです。ははは

投稿: yukai~♪ | 2010年11月13日 (土) 16時57分

impact yukai~♪さん
こんばんは。
これがみんなグミの様に美味しかったらもう残ってはいないでしょうね。
毎年のことですが、秋はこれが楽しみなんです。
もちろん、東京の田舎ですから、柿を始めみかん等も生っていますが、
先ずは鳥のように赤い実を探して歩きます。
私も柿は大好物ですが、最近は値段も高くなっておいそれとは買えなくなりました。

yukaiさんは、大きな重いカメラやレンズをお使いのようですから、もう少し太って
土台をしっかりさせても大丈夫なのでは・・・?

投稿: イソップ | 2010年11月13日 (土) 19時48分

光り輝く赤い実。
とっても幸せな気持ちになれるのは何故でしょう。
豊かな実りを連想させるから?

私が撮ったらこんなふうに艶々と
立体感ある写真になりません。
ほんの少しずつでも、カメラの力に頼りながらでも
いつかこんなふうに撮ってみたいと思います。

投稿: ははだよ | 2010年11月13日 (土) 22時53分

impact ははだよさん
おはようございます。
木々の実たちは“豊年満作”のようです。
でも、これもほんの一時で、アッと言う間になくなってしまうんです。
そう、鳥たちがみんな食べてしまいます。真っ赤な実りを見つけて、翌日撮りに行くと
みすぼらしい姿になっていたりして・・・
美味しい木の実は良く知っていますので、時期を見計らい競争です。
良い時期、良いチャンスに遭遇すれば誰でも素敵に撮れますよ。

投稿: イソップ | 2010年11月14日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/50008846

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も赤い実たちが輝いていました:

« 小さい秋が見つかりました! | トップページ | 続・今年も赤い実たちが輝いていました »