« 盛夏に咲く・町田ダリア園・・・(4) | トップページ | Dr.イソップの「このレンズ」を使ってみました・・・(2) »

2010年8月14日 (土)

Dr.イソップの「このレンズ」を使ってみました・・・(1)

この度の機構改革の第2弾として、撮影レンズの組み換えに着手しておりましたが、種々の条件を検討した結果、フイルムカメラとして使用しているメインカメラ「Nikon F6」および、サブカメラ「Nikon F100」ならびにデジタルカメラとして使用しているメインカメラ「Nikon D3S」および、サブカメラ「Nikon D700」に共通して使用できるレンズということで、今回はNIKKORのナノクリスタルコート・レンズに統一することにしました。
もちろん、全て新レンズのため初めて使うものばかりです。
そこで、少しでも早くレンズに慣れ、自分の分身として使えるようにするために、自分なりに必要とする用件や条件、今後使ってゆくための特徴や欠点について実写検討をして見ました。
なんら面白くない画像の羅列となりましたが、そのような意味合いを含んでおりますので参考に見流していただければ結構です。

今回の使用レンズは一番頻度の多くなるメインレンズとなると思われますので、少しばかり念入りにテストを繰り返しましたが、全部の写真をUPするわけにも行かず適時取捨選択をしましたのでご容赦下さい。

 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED D3S・D700

1.白壁の明部と暗部の反射による色の変化
Zx0201_2

2.路面が入った晴天の空、陰となる部分の発色
Zx0202

3.細かい造形の多い風景の描写
Zx0203

4.動体描写と画像の奥行き
Zx0204

5.平面的に当たる光線状態における立体描写
Zx0205

6.最短焦点距離(24mm)における描写能力
Zx0206

7.最長焦点距離(70mm)における描写能力
Zx0208

8.虹の七色は拾えてますか?
Zx0207


毎年の慣例となっていますが、8月12日前後には“JAL123”関係のアクセスが大変多くなり、12日を前後して3日間で5,000余件を越えました。
それだけ皆様の関心が多いということは、この事故が如何に凄惨なものであったかという証だと思います。
もちろん、このブログを続けることによって、空の安全を考える一助になれば幸いですし、この事故事件の風化を少しでも防ぐことができればという観点から今後も削除はしないこととしましたので、それがお役に立てればと思っております。

ここに改めて犠牲となられた520柱に対し深く哀悼の意を捧げ ご冥福をお祈り申し上げます

|

« 盛夏に咲く・町田ダリア園・・・(4) | トップページ | Dr.イソップの「このレンズ」を使ってみました・・・(2) »

カメラ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

レンズ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

JAL123といえば、イソップさん渾身の写真を思い出します・・・
本当にお気の毒な、今残された遺書や遺品を見ても胸が痛くなる事件でしたね。
それでもあれだけの写真をお撮りになって、逝かれたかたもお喜びになっているのでは無いでしょうか?
さすがF2,8レンズです、くっきりクリア、色も良い!
私もまたしてもレンズ病がうずいています。というのもようやく右手のテニスひじが完治に近くなって、重いものも持てるしひねってもなにも異常がなくなったからなのです。
あー仕事では父の不備でいろいろ出金がかさんでいるというのに(泣)
虹、なんてきれいに・・・・あーやっぱりレンズの差を感じます。

投稿: きょんち | 2010年8月14日 (土) 17時00分

impact きょんちさん
こんばんは。
ここしばらく試行錯誤の日々でした。
今回、全てのレンズを入れ替えるという構想にたち、色々と検討していました。おかげさまで大体の方向性もまとまり、今回、試写にこぎつけた次第です。

このレンズは、ズームながらも関係者の評判も良く、単体レンズに決して劣らない、との話から使うことにしました。

まだまだ、その性能を引き出すことはおろか、何にも把握できていない状態でどうにもなりませんが、とりあえず撮ってみた中の一部です。
早速貴重なご意見を有難うございました。

JAL123につきましては、毎年この時期にはアクセスが集中します。
本年は6,000件余りとなったようです。

投稿: isoxp | 2010年8月14日 (土) 20時28分

ほんとに美しい虹ですね。
コンデジだけの私には何も言う資格はありませんで、ただ
美しいとおもうばかりです。
JAL123の事故は余りに大きな悲しみです。
どんなに無念な気持ちで逝かれたことでしょう。
絶対に風化させていけないことですね

投稿: おーちゃん | 2010年8月14日 (土) 22時04分

impact おーちゃん
こんばんは。
このレンズはまだまだ何とも判りません。
良いレンズらしいのですが、重いのが欠点ですね。まあ、そのうち慣れるでしょうけど、そのうえ、カメラも重いと言うことで若くもないのに苦労します。

御巣鷹山は本当に悲しい事故でした。
25年過ぎた今は、遺族も第二世代、第三世代となりつつありますが、決して風化させてはならないことだと思います。

投稿: イソップ | 2010年8月14日 (土) 22時30分

イソップさんにとっては、忘れることのできない辛いお仕事でしたが、写真の原点でもある記録ということに関しては、大変貴重な物を残されたことになりますね。
イソップさんの撮られたお写真がいつの時代にも雄弁に事件を語り続けてくれるでしょう。
犠牲者のご冥福を心からお祈りいたします。

うう、このレンズ、私には宝の持ち腐れでーす。
まだ使いこなせていませんが、重さはちょっとも気になりませんよ。
すぐに持ち出したくなるレンズであることは確かです。
撮る人によってこんなにもレンズの良さが引き出されるのですね。
嬉しいような、悲しいような……。


投稿: 瑠璃 | 2010年8月14日 (土) 23時57分

おはようございます。

レンズを一新ですか?
私も、カメラとレンズの重さには閉口して居ります。
特に山道を歩く撮影には、体力の低下に、足が悲鳴を上げます。

撮影は、体力勝負ですね。

毎年のお盆といいますと、御巣鷹山の惨事が思い出され、イソップさんの、「JAL123」が思い出されます。

投稿: 花と風景 | 2010年8月15日 (日) 06時48分

impact 瑠璃さん
おはようございます。
「JAL123」関係の写真は差しさわりの無い、ごく一部しかUPしておりませんが、
そのうち時期が来ればやがては全てを発表できる日も来ると思います。

このレンズについては、まだまだ何も解っていませんが、使い心地は良いですね。
ファインダーを覗いた感じからもそれは伺えます。
もう少し、使い込んでから再度、検討してみたいと思っておりますが、いずれにしても
デジイチのメインレンズになることと思います。
ただ、ブログの場合はUP写真の容量が1KB以下と制限を受けますので本当の良さが再現されているとは言えない所がちょっと物足りないですね。

投稿: イソップ | 2010年8月15日 (日) 08時59分

impact 花と風景さん
おはようございます。
そうなんですよ、寄る年波には勝てず、今回効率の良いレンズに鞍替えすることにしました。
ちょうどニコンから高性能のレンズが出ていますので、なるべく持ち歩く本数を少なくと考え、Nコートのズームに統一することにしました。
どんな展開になるかは、まだ闇の中ですが・・・

御巣鷹も今年で25年となってしまいました。光陰矢のごとしとはこういうことでしょうね。
風化を防ぐために努力をしている方々の少しでもお役に立てばと思っております。

投稿: イソップ | 2010年8月15日 (日) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/49139187

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.イソップの「このレンズ」を使ってみました・・・(1):

« 盛夏に咲く・町田ダリア園・・・(4) | トップページ | Dr.イソップの「このレンズ」を使ってみました・・・(2) »