« お母さんの肩たたき | トップページ | 温故知新 »

2010年5月16日 (日)

藤の花の咲くころ

世間の藤の花は満開だと言うのに、ようやく、不順な天候を乗り越え、なじみの藤の花が咲き出しました。

 Nikon D700

one

Afq0801_2

two

Afq0802

three

Afq0806

four

Afq0804

five

Afq0803

six

Afq0805

 おまけの赤
(1)
Afq0807

(2)
Afq0808

|

« お母さんの肩たたき | トップページ | 温故知新 »

カメラ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
前回のポピーの赤にぞくぞくしましたが、今回もつやのある赤にため息ができました。
藤の花もバックの緑と相まって五月のまぶしい日差しを感じます。
もう蝶々も飛んでいるんですね!
お花と昆虫撮影が楽しい季節になりましたね!
ここのお花に癒されながら勉強させていただいています。

投稿: 瑠璃 | 2010年5月16日 (日) 23時02分

impact 瑠璃さん
お待ちしておりました。あまり気負わずにゆっくり行きましょう。

今回は、おまけの赤を除いた前6点について、ほんわかとした芯のある柔らかさを出してみました。
少しばかり、倍率色収差が出てしまいましたが、質感を出すためには仕方ないのかもしれません。
触れたときに、初夏の日差しのような頼りない柔らかさがある、と言うような感じを抱いていただければよいのですが・・・

投稿: イソップ | 2010年5月16日 (日) 23時41分

おはようございます
妙高もようやく暖かさが戻ってきました、少しばかり初夏の香りが・・・里山の藤も一斉に咲きだしてきました。
イソップさんの手にかかると、お花たちはどうしてこんなに生き生きとしているのでしょう?

投稿: ロココ | 2010年5月17日 (月) 05時33分

おはようございます。

藤の花が、凄く美しいですね。
私もこのように撮影したいところです。

わたくし事ではございますが、写真のイロハを教えて頂きましたイソップ様にご報告しておかなければならないと、まかり越しました。

6月より、市内で開催される祭りのイベントにより、銀行内に私の写真を展示させてほしいとの依頼がございました。

今日、フジカラー宇都宮営業所にて、現像とギャラリーパネルの発注、さらに、展示会のノウハウを担当者より御伺いしてまいります。
無事、開催にこぎつけることができますか心配な面があり、プレッシャーにつぶされそうな心境でございます。

投稿: 花と風景 | 2010年5月17日 (月) 06時23分

impact ロココさん
おはようございます。
お褒めを戴き有難うございます。
本当にめまぐるしい天気が続きますが、花たちはちゃんと心得ているようですね。
妙高の山々にも、ようやく初夏が訪れたようでこれから楽しみですね。
機会がありましたら、是非一度、老体に鞭打って訪ねてみたいです。

投稿: イソップ | 2010年5月17日 (月) 08時32分

impact 花と風景さん
おはようございます。
それは、それはおめでとうございます。
たいしたご指導も出来ず、赤面の至りですが、対面指導と違い、ブログ上のことゆえ、色々と齟齬を来たす事もあったと思います。

やはり、そうして皆様の目に留まるということは、それだけの実力が付かれたと言うことですし、私も自分のことのようにうれしいです。

写真を展示すると言うことは、非常に神経を使うことですが、花風さんなら大丈夫です。
今までの積み上げたノウハウがありますから、きっとうまく行きますよ。
もう、本当に私からの助言等は必要のない実力をお持ちになられましたから。

実は、今年の初年に、やはり同じようにブログを通じてご案内しておりました方が、その作品を見初められ、神社へ奉納すると言ううれしい出来事がありました。
こうなると、ブログと言えども決して侮れないものだと思いますし、益々、気を引き締めてご厚誼を願わなければならないと心に誓った次第です。
先ずは、大変おめでとうございます。

投稿: イソップ | 2010年5月17日 (月) 08時52分

こんばんは。
みんな目が覚めるような美しさですね。
おまけの赤の①は、まあ~!何でしょう?
まるで金魚のようですね。不思議な花です。

投稿: おーちゃん | 2010年5月17日 (月) 21時27分

おまけ1の赤い花は何でしょう?
面白い形!可愛いですね~
そして一枚目の藤!この花は難しいです、特にはっきりと写すとなると背景がごちゃごちゃして。
さすがですねぇ~すっきりとまとめられて。
レモンイエローのチョウチョもお花の一種のようです♪

投稿: きょんち | 2010年5月17日 (月) 22時06分

impact おーちゃん
こんばんは。
今回は、花の色を考えて少し柔らかく撮ってみました。
感じが出ていれば良いのですが。
おまけの赤は、花というより色にこだわってみました。
(1)は、聞いたことがあると思いますが、ミッキーマウスの木の実です。
本当はもっとミッキーに似ているのですが、この実は栄養が良すぎて少しメタボになっていますね。
花は黄色い可愛いものが咲きます。

投稿: イソップ | 2010年5月17日 (月) 22時41分

impact きょんちさん
こんばんは。
(1)はミッキーマウスの木の実です。
藤の花も今どこも満開のようですが、ただ、長く下がって居るものをとっても面白みがないので、一枝だけまとめてみました。
こういう撮り方も結構特徴が良く出て楽しめるものです。

投稿: イソップ | 2010年5月17日 (月) 22時46分

イソップさんのお花を見た後に自分の花を見ると・・・
いやいや、いつかは私にも素敵な写真が撮れるかも。
そんなことを思いながらカメラ片手にお出かけします。
藤の花って撮るの難しいし、色も思うように出ないし苦手です。
なんていって得意な花があるわけじゃないのですが ^^;
撮ることこそ上達への道・・・ですよね?

投稿: ははだよ | 2010年5月18日 (火) 07時41分

impact ははだよさん
おはようございます。
その通りです。花は数撮ることによって、何をどう表現するかが判って来ます。
でも、人それぞれによって感性も違いますし、美しく撮る基準も違います。
なかなか難しいことですが、じっくり時間をかけてよく観察することに意義があるのではないでしょうか。

投稿: イソップ | 2010年5月18日 (火) 08時33分

藤の花って、花そのものよりも存在している環境が難しいような気がするんですが・・・。

花だけ撮ればいいのと、置かれている環境を考えながら撮らなければいけない、となると難しさが倍増です。

水面に下がる藤を探しにいってきます。

投稿: 田吾作 | 2010年5月18日 (火) 17時05分

impact 田吾作さん
こんばんは。お元気そうで何よりです。
藤の花といえば、滝のように房が垂れ下がっているのが定番ですが、あれはありきたりで面白くありません。
私のようなへそ曲がりは、違ったものが欲しくなるんです。
水面に下がる藤、いいですね・・・鯉が花を啄ばんでいたりしたら最高です。
是非、探して、無理をせずに撮って来てください。池ポチャじゃ困りますから、気をつけて!

投稿: イソップ | 2010年5月18日 (火) 21時07分

(◎・`v・)ノ ☆.,;*コンバンワー☆.,;*

遅くなりましたぁ○┓ペコッ♪

藤の花が綺麗ですね~♪
私は藤の花を見ながらも、今年は近くにクマバチが
多く飛んでる日ばかりで、とうとう撮らずに
終わっちゃったよ(=´;ω;`=)ニャン・・

おまけの1は、タコちゃんみたいで可愛い(笑)

投稿: ねこ | 2010年5月20日 (木) 01時01分

impact ねこさん
おはよー。
藤の花も難しい花の代表です。あまりにも多くてなかなかまとまらないのですが、
場合によっては部分的に絞って撮るのもひとつの手です。
花の多いところには、蜂がいっぱいいます。刺激をしなければ刺されることはありませんが、相手は昆虫、いつ、どう気分を変えるか判りません。充分に注意が必要です。

おまけの赤い実は、ミッキーマウスなんですが、もっとミッキーに似たものもあるのです。
残念ながら今回は見つかりませんでした。

投稿: イソップ | 2010年5月20日 (木) 09時16分

あら~この記事見逃してた~~(ρε;) クスン
藤綺麗ですね~
最後の赤‥こんな綺麗に撮れたら
写すのも楽しいでしょうね~
私‥赤と白‥苦手です‥(ρε;) クスン
この頃‥ちょっとカメラが苦手に思えて来たよ‥
なんか‥自信なくて‥
難しい‥(ρε;) クスン

素敵なショットを○o。ありがとぅ。o○

投稿: なぎさ | 2010年5月24日 (月) 16時05分

impact なぎささん
こんばんは。
自信がない・・・壁にぶつかったかな?
でも、最近は一眼レフの特徴をうまく使って良い写真を撮っているじゃないですか。
大丈夫です。どんどん伸びますよ。
良い写真をとってやろうなどと背伸びをしないで、思ったとおりに撮って下さい。
商売じゃないんですから、楽しくやりましょうよ。
これらの写真は全部デジタルで撮っています。

投稿: イソップ | 2010年5月24日 (月) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/48372698

この記事へのトラックバック一覧です: 藤の花の咲くころ:

« お母さんの肩たたき | トップページ | 温故知新 »