« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

温故知新

光陰矢のごとしと言いますが、本年の6月でブログを始めて4年となります。
それまでは、パソコンそのものとの接点も浅く、暗中模索の状態からはじめた、この広く世間に情報を発信すると言う未だかってない未知の世界に、何をするのにも戸惑いながら1年、2年と年を重ね、ようやく曲がりなりにも、何とか今日を迎えることが出来ました。
その間、温かいご支援と親身になったご指導を皆様からいただいたおかげで、多くの方々のご訪問を戴き、アクセス件数も20万件を目前とするまでに成長することが出来ました。
つたないブログに懲りもせずご高覧、ご意見を戴いたことについて、深く深く感謝する次第であります。

さて、この4年間を省みて、銀塩主義を大上段に振りかぶっていた私ですが、最近のデジタルの進歩発展の速さには、目を見張るものがあり、当時とは隔世の差があることを理解すると同時に、デジタルの果たした写真界に対する貢献は素晴らしいものと首肯せざるを得ない心境に達しました。

また、最近の映像技術をつぶさに観察し、熟考熟慮のうえ広く資料を求め、自らが対応する立場で分析した結果、ある一定のレベルのカメラ機材を使うことによって過去に疎ましく感じていた画質や質感描写についても、要求を満たすには充分である、あるいは条件によっては銀塩を上回る能力のあることも分かってきました。

さらに、撮像素子の画素の数だけを追求する必要もなく、ある一定の画素数を充足したイメージセンサーがあれば、芸術的表現はもちろん、日常的に展示し鑑賞するには充分な能力のあることも理解できました。

したがって、画素数の多寡を競っているのはカメラ生産業界に携わるものやきわめて一部の物欲的嗜好者であると言うことも否めない事実であると思います。
確かに業界技術の進歩発展のためには必要不可欠な研究開発であることは明らかでありますが、いたずらに競争心をあおり、そういうことに地道をあげている富裕層に新製品として購買心をくすぐり、生産者として経済的救済措置を転嫁するのはいかがなものかとも思います。

私なりの結論としては、もちろんエマルジョンによる映像表現の素晴らしさを捨て去ることも出来ませんし、これだけ煮詰められたデジタル技法による画像再現にも魅力はいっぱいと言うところから、今後は、エマルジョン:デジタルの比率を2:8くらいにせざるを得ないこととなりました。

そんなこんなで、このところだいぶ悩んでおりましたが、今後は、上記のように考え方を転換し、ブログもその視点に立って続けて行こうと思います。
また、当ブログの開設以来、投稿して来た写真は大体同じレベルを保持してきましたが、若干の技能的軌道修正をして、写真表現、描写画像の内容等を今までより少しだけレベルを上げてゆくことと致します。
こんにちまでの皆さんのご厚情には、心からありがたく、感謝いたしておりますが、今後とも、前に増して深くご厚誼の程をお願い申し上げます。

天翔る少女
Afq0809

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

藤の花の咲くころ

世間の藤の花は満開だと言うのに、ようやく、不順な天候を乗り越え、なじみの藤の花が咲き出しました。

 Nikon D700

one

Afq0801_2

two

Afq0802

three

Afq0806

four

Afq0804

five

Afq0803

six

Afq0805

 おまけの赤
(1)
Afq0807

(2)
Afq0808

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

お母さんの肩たたき

♪・・・母さんお肩をたたきましょ・・・♪
初夏の日がいっぱい射す縁側で、タントン、タントン、タントントンと、やさしいお母さんの肩をたたいた懐かしい想い出・・・

 Nikon D700

one
Afq0703

two
Afq0705

three
Afq0701

four
Afq0702

five
Afq0704

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

初夏に咲く・・・(3)

最終回です。
清楚に咲く白い花を集めてみました。
ご訪問、ご高覧を戴き有難うございました。

 Nikon D700

one
Afq0504

two
Afq0505

three
Afq0602

four
Afq0603

five
Afq0604

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

初夏に咲く・・・(2)

初夏に咲く花の続きです。
☆ベニバナサルビア ☆ギョリュウ ☆イチハツ ☆オオアマナ ☆ヒメシャガ 
さて、どれがどの花の名前でしょう。

 Nikon D700

one
Afq0304

two
Afq0501

three
Afq0502

four
Afq0407

five
Afq0408

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

初夏に咲く・・・(1)

初夏に咲く花というと、牡丹や躑躅など明るく派手な色の花を思い浮かべてしまいますが、木陰や林の隅などでひっそりと咲いている花たちを集めてみました。

 Nikon D700

one
Afq0301

two
Afq0302

three
Afq0305

four
Afq0401

five
Afq0402

six
Afq0403

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

碇草(イカリソウ)

碇草(イカリソウ)は、木の根元に広がる下草や生い茂る雑草の中などにひっそりと咲く花で、なかなか見つけるのに苦労する上、撮影するにも物陰に隠れていることが多く、周囲の状態、採光状況から良いアングルを構えるのに色々工夫が必要となる気難しい花である。
また、葉および茎には生薬名をインヨウカクという成分を含み、滋養、強壮薬の原料となる。

 Nikon D700

one
Afq0202

two
Afq0204

three
Afq0205

four ※バイカイカリソウ
Afq0201

five ※ホザキイカリソウ
Afq0206

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

牡丹と遊ぶ・・・

写真には遊び心も必要です。
時には、思い切って遊んでみましょう。

何も考えず気持ちを開放し、カメラやレンズを自由に使い、とんでもない写真を撮るのも日ごろのストレス解消には良いものです。
でも、これも自分の技術水準を維持し能力を高める一助にはなるはずです。

 Nikon D700

one
Afq0101

two
Afq0102

three
Afq0104

four
Afq0103

five
Afq0105

six
Afq0107

seven
Afq0106

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »