« 重要文化財・旧岩崎邸をかいま見る・・・(3) | トップページ | ハンカチーフをどうぞ!! »

2009年10月18日 (日)

重要文化財・旧岩崎邸をかいま見る・・・(4)

最終回です。
インテリアと融合した内装物などを撮ってみました。
和館にはちょっとしたお休み所も設けられていて、抹茶や軽い飲食が出来るようになっていました。

一生懸命カメラを振り回していましたので小腹も空いたことから、「白玉汁粉」を注文してみましたが、お味のほどはご想像にお任せします。金600円でした。

 Nikon  D700 / 28-300mm


Ago0401


Ago0402


Ago0403


Ago0404


Ago0405


Ago0406


Ago0407

|

« 重要文化財・旧岩崎邸をかいま見る・・・(3) | トップページ | ハンカチーフをどうぞ!! »

カメラ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

イソップさん
こんばんは
綺麗過ぎる物は何か重たいものを感じます。
グラス
暖炉
手毬
どれも綺麗で素敵ですが、壊してはいけない・汚してはいけない・・うまく言い表わせませんが、とても重たい何かを感じます。
どのように感じるかは個々人によると思いますが、写真は凄い力を持つのだなと・・・

白玉汁粉・・・ご馳走様でした。

投稿: おいちゃん | 2009年10月18日 (日) 17時52分

impact おいちゃん
こんばんは。
まったく同感ですが、当時の岩崎家の方々はこれをこともなげに毎日使用していたと考えると、いかにも贅沢とも思います。
しかし、現実にこんにちこのように残っているということは、それだけ注意深く使われていたという証拠でもあります。
時代は流れてもそれぞれが誇りと自信を持って自己主張している様子を読み取ってもらえれば、撮影した甲斐が有りは成功です。

白玉汁粉、張詰めた緊張と疲れには何とも云えない癒しの味でした。

投稿: イソップ | 2009年10月18日 (日) 19時23分

一流の品々を眺めるのは心が落ち着きますね~。
こういう調度品や食器に囲まれた晩餐ではどんな会話がはずんだのでしょうかね。
私が想像する以上に当時の上流階級の人々は洗練されていたのではないかと思います。
お写真を拝見してこちらまで優雅な気分になれましたよ。
ありがとうございました。

投稿: 瑠璃 | 2009年10月18日 (日) 21時59分

impact 瑠璃さん
この頃の富裕層の人たちは、今に比べても格段の違いがあったんですね。同じ家具やインテリアでもレベルが違うこと歴然です。
もっともこの岩崎邸は、三菱の創設者の本邸であったから、贅を尽くした造りだったんだと思いますよ。
重文ですからそんなことは考えられませんが、なんでも鑑定団に鑑定させたらハウマッチですかねー?

投稿: イソップ | 2009年10月18日 (日) 22時26分

~~~ヾ ^∇^おはよー♪
あのワイングラスかな?
素敵~~
暖炉も素敵です(o^ー^o)ウフッ
将来‥暖炉のある家に住みたいです~
白玉美味しくなかったの??
美味しそうですよ(o^ー^o)ウフッ
甘いものも大好きな私ですo(*^▽^*)o~♪

投稿: なぎさ | 2009年10月19日 (月) 08時41分

impact なぎささん
おはよー
暖炉とかマントルピースとかは夢でしたよね。エヤコンや床暖房が如何に進化しても、熱の当たりの柔らかさは暖炉には敵いませんね。
ここには、グラス製品しか展示されていませんでしたが、本当は陶磁器類も見たかったんです。
お汁粉、美味しかったですよ。ただ、甘党の私には、甘さ控えめでしたのでいまいち物足りなかったんですよ。
量ももう少し欲しかったし・・・(笑)

投稿: イソップ | 2009年10月19日 (月) 09時03分

古いものはいいですね。

イソップさんの写真力と相俟って満喫しました。

投稿: 田吾作 | 2009年10月20日 (火) 05時44分

impact 田吾作さん
おはようございます。
まさに”温故知新”でした。
カメラと格闘しながらも心に安らぎを覚えるひと時を過ごすことが出来、撮影の醍醐味を十分堪能しました。

田吾作さんのブログも更新毎に必ず見せてもらっていますが、なるべくご負担にならないように配慮しています。

投稿: イソップ | 2009年10月20日 (火) 08時27分

床から天井に至るまで、文化財の価値が集約されています。
素晴らしい見学をさせて頂きました。
ありがとうございます。

最後に白玉善哉を召し上がられ、満足でしたでしょう。

投稿: 花と風景 | 2009年10月20日 (火) 08時31分

impact 花と風景さん
おはようございます。
何処を見ても当時のすばらしい建築技術の集大成という感じでした。
また、これまで良くこれだけのものが保存されていたということも驚きです。見た目の範囲では虫咬痕も無く、木造建築として、如何に細かいことに配意されていたかを思い知らされました。

白玉善哉もとても上品な味でしたけれど、甘党の私には、もう少し甘味が欲しいところでした。

投稿: イソップ | 2009年10月20日 (火) 08時45分

グラスと、まりの写真が印象的でした。
上質の小道具と、イソップさんの技術がコラボすると
こんなに素敵な写真になるんですね。
至福のひと時を味わうことができました(^^)
ありがとうございました。

投稿: ははだよ | 2009年10月21日 (水) 07時02分

impact ははだよさん
おはようございます。
新しいもの、古いものにかかわらず、じっくり観察し一番良いアングルを探し出すようにしています。
昔は、フイルムですからあまり無駄撃ちは出来ませんでしたが、デジになってからは、ワンシーンにかなりの数を使うようになりました。
それが良いのか悪いのかはまだ、試行錯誤をしています。

投稿: イソップ | 2009年10月21日 (水) 08時45分

イソップさん 毎回拝見させていただきました
こうして 人が写っていない写真もいいものですね
重要文化財 独り占めのように見ました
古いものもいいものです

投稿: Tulip | 2009年10月22日 (木) 00時50分

impact Tulipさん
おはようございます。
ここも、見学者が多く、なるべくお邪魔にならないようにしていましたが、なかなか人波の途切れるのを待つのに時間がかかりました。
昔の人の心意気に触れることが出来、満足してまいりました。
白玉汁粉も良かったです。

投稿: イソップ | 2009年10月22日 (木) 10時02分

旧・岩崎邸はお気に入りでした♪
冬のフクジュソウ、春の日本タンポポ、初夏のオドリコソウ、よく撮りにいきました・・・・
すごいお屋敷で、三菱財閥のものすごさを痛感しますが、実をいうとぜんぜんうらやましくないのです。
というのも、あのお家は観るのはとっても素敵ですけど、住むには冬が寒すぎます(笑)
超冷え性の私は、着ぶくれて達磨のようにならないと快適にすめないでしょう。こたつも欲しいし。
だいたい広すぎて掃除が大変!昔のお金持ちは大変だったんだなぁ・・・・
御汁粉があるのですか!?なんと・・・これはすごくうらやましいです。お腹がすいてきました(泣)

投稿: きょんち | 2009年10月22日 (木) 22時27分

impact きょんちさん
おはようございます。
確かにそうですね。見る分にはとても素晴らしいし、気候の良いときなら住んでみたい気もしますが、維持費が大変でしょう。
日本の文化に触れ、先達の技術を伝える貴重な生きた資料と位置づけましょう。
庭も広々、芝生も綺麗、でしたが花は余りありませんでした。
お汁粉、良かったですよ。このほかにもケーキや軽喫茶ものがありました。

投稿: イソップ | 2009年10月23日 (金) 08時40分

最後のが美味しそうで、今の私にはピーンって
きちゃったぁ~
とっても美味しそうだもんo(=^○^=)o アーン♪

さっき、コメントした所の暗号は
何回も間違えて焦っちゃったよ(´;ω;`)

ポチ♪

投稿: ねこ | 2009年10月26日 (月) 00時03分

impact ねこさん
ごめんね。こうでもしておかないと変なコメントがいっぱい来るので仕方なくまだ解除していません。
私のところは、傑作ポチッがありませんので、そのつもりでやってください。
白玉汁粉、美味しかったですよ。今風に少し甘さ控えめでしたけれど、小豆の味は
しっかりしていました。
これならば、二、三杯はいけそうです。

投稿: イソップ | 2009年10月26日 (月) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/46473290

この記事へのトラックバック一覧です: 重要文化財・旧岩崎邸をかいま見る・・・(4):

« 重要文化財・旧岩崎邸をかいま見る・・・(3) | トップページ | ハンカチーフをどうぞ!! »