« 法医学リーズン《81》 | トップページ | 法医学リーズン《83》 »

2009年7月 5日 (日)

法医学リーズン《82》

エ 頭部損傷
  頭部損傷といっても、軟部蓋損傷(頭皮損傷・・・皮下出血・表皮剥脱・挫創・
 裂創・割創など)・頭蓋骨折(陥没・亀裂)・脳膜損傷(硬膜外血腫・硬膜下血
 腫・蜘蛛膜下出血)・脳損傷(脳震盪・脳圧迫・脳挫傷)と様々なものがあり、
 この中には、これといった所見を呈しないものがあります。
  そこで、ここでは、次のような所見があれば、一応、頭部に損傷を負っている
 可能性が大であるというものを挙げるだけに止めておきます。
 ○ 眼瞼部の皮膚変色・・・眼瞼部がくまどりされたように青藍色を呈している
  場合は、頭蓋骨折の疑いがある。
 ○ 耳・鼻からの出血・・・外耳道及び鼻腔部から出血している場合は、頭蓋骨
  折の疑いがある。
 ○ 瞳孔の差異・・・左右の瞳孔の大きさに差異が認められるときは、脳幹部
  に損傷(出血・挫傷)を負っている可能性が極めて強い。
 ○ 嘔吐・・・頭蓋内に損傷を負った場合には、吐き気を催し、嘔吐することが
  多い。
 ○ 高い体温・・・頭蓋内を損傷した場合には、脳幹部の温熱中枢の調節が侵
  されて体温が異常に上昇することがあり、そのような場合は、普通の死体に
  比較して体温が高くなっている。
オ 出血の状況
  超高層ビルのような非常に高い所から墜落した死体の場合には、大きな創
 傷が生じているのに出血量が予想外に少ないことがあります。
  しかし、解剖してみると、内部組織には相当量の内出血が認められます。
カ 滑液の洩出
  肘・膝間接部に当る部分の着衣に、車両の油と見誤るようなものが付着して
 いることがあります(写真参照)。
  これは、間接内の滑液が洩出して着衣に浸み込んだもので、墜落死特有の
 所見です。
キ 着衣の破損
  墜落死・転落死の場合には、衝突時の衝撃により、着衣が裂けたり、ほころ
 びていることが多く、時には、ズボンのベルトが切れていることがあります。

Dscn086250
      ※滑液の洩出(スカートに浸み込んだもの)


 
  

|

« 法医学リーズン《81》 | トップページ | 法医学リーズン《83》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

墜落死にもいろんな証拠を残すものですね。
それを的確に所見する。
神業ですね。

投稿: 花と風景 | 2009年7月 6日 (月) 07時55分

impact 花と風景さん
おはようございます。
やはり、長年の多くの経験と知識の高度さがものをいう世界ですよね。
いくら学問的に分かっていても、実際と机上の知識とでは大きな差が出ます。
なんて云うといかにも何でも分かっているように見えますが、この分野は、日頃のたゆまぬ努力と多くの実際とが確実な見分に繋がるようです。
仏さんと話の出来る様になることの必要性の所以です。

投稿: イソップ | 2009年7月 6日 (月) 08時34分

イソップさんのお陰で、法医学に関する知識が豊富になってきました。

もう一息で田吾作は完全犯罪が可能です。

もう そろそろ いいかな?
いや、≪完全≫ だからもう少し勉強してから にします。

投稿: 田吾作 | 2009年7月 8日 (水) 10時50分

impact 田吾作さん
今日も東京は雨です。じめじめとして気分も晴れません。
愚にも付かない、つまらない話にお付き合いいただいて有難うございます。

完全犯罪と言うとなかなか難しいとは思いますが、私の前では駄目です。必ず解明しますから・・・ナンチャッテ!
まあ、もう少しお付き合い下さい。

投稿: イソップ | 2009年7月 8日 (水) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/45523854

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《82》:

« 法医学リーズン《81》 | トップページ | 法医学リーズン《83》 »