« 法医学リーズン《80》 | トップページ | 法医学リーズン《82》 »

2009年7月 1日 (水)

法医学リーズン《81》

(2)  墜落死・転落死の外部所見
  墜落死にしろ転落死にしろ、高所から落下して死亡した場合には、落下地点
 の物体と衝突する際に人体に相当な衝撃が加わっていますから、これらの死体
 の大部分は、頭蓋骨・脊椎・足根部などが骨折していたり、内臓が破裂するなど
 の大きな損傷を伴っています。
  なお、墜落死では、下肢の方から飛び降りることが多いため、損傷部位も四肢
 部が中心となっているのに対し、転落死の場合は、頭部に多くの損傷が認めら
 れます。
  墜落死・転落死の場合には、その損傷に特徴的なものがしばしば見受けられ
 ますので、簡単に説明します。
 ア 辺縁性出血
   墜落死体および転落死体の上肢や下肢には、その内部にある長骨の形状
  を形どる辺縁に、鉄パイプで殴られたような場合にできる二重条痕様の皮下
  出血(長骨の部分が白くなり、その辺縁に皮下出血が見られる)が認められる
  ことがあります。これを、一般に辺縁性皮下出血と呼んでいます。
   この辺縁性皮下出血は、高所から落下した場合に、上肢や下肢が路面など
  の落下面に平行にたたき付けられたときにできるもので、高所から落下した
  ことを如実に示す外部所見といえます。
   もっとも、これは、上肢及び下肢の長骨が落下面と平行して衝突しなければ
  できないものですから、辺縁性皮下出血がないからといって、高所から落下し
  たものではないということはできませんので、注意が必要です。
  イ 落下面に符合する創傷
   高所から落下した場合、その落下面に符合した創傷、例えば、マンホールの
  上に落下したのであれば、その蓋の模様の皮下出血が認められることがあり
  ます。なお、落下地点が路上の場合、路上面にある砂などの跡を現すような小
  さな点状の表皮剥脱や皮下出血が認められることがありますが、これも、やは
  り高所からの落下を物語る所見であり、交通事故死と区別するのに役立ちます。
 ウ 伸展創
   伸展創は、鉄棒や金槌などの鈍器で殴られたような場合、皮膚が伸び切るた
  めに、当該鈍器が作用した部分以外の皮膚が裂けてできるもので、皮膚の表
  層が浅く裂け、いわゆるちりめん状を呈しています。
   この伸展創は、交通事故による死体に多く見受けられますが、墜落死・転落死
  の死体でも、時々見られることがあります。


  

|

« 法医学リーズン《80》 | トップページ | 法医学リーズン《82》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

これだけ事細かに解説していただくと、田吾作にも判ります。
俄かに≪検視官≫になったような気になります。

でも、田吾作亭のまわりに高い建物はありません。

投稿: 田吾作 | 2009年7月 2日 (木) 02時25分

impact 田吾作さん
おはようございます。
あまり面白くもない記事にコメントを戴き有難うございます。
本件は、変死の扱いの中でも確かに難しい部類に入ると思います。
かなり研究していないとなかなか真実は導き出せないのですが・・・
参考になれば幸いです。

このところ、東京は梅雨空で、なかなか外出が出来ず、
写真を撮るチャンスもありません。
早く天気になることを願うばかりです。
雨の日の撮影も色々面白いことに遭遇することもあるのですが、もう、そういう歳でもありませんのでおとなしくしています。

投稿: イソップ | 2009年7月 2日 (木) 09時18分

長年の研究の成果が積み重ねられて来ているのでしょうね。

しかし、その研究の成果も、警察官(検視官)の誤った診断がなければのことですね。

私には、多くの浮かばれない仏さんが居たように思えてくるのですが。

投稿: 花と風景 | 2009年7月 2日 (木) 10時09分

impact 花と風景さん
おはようございます。
こればかりは、長年の経験と実績が結果に結びつくもので、如何に医学や科学が進歩しても人間の感にはまだまだ追いつけないのではないでしょうか。
監察医務院制度のあるところは最終的には監察医(法医学者)が検案、死亡診断をするので、それが検視官等の誤見分を防ぐ砦となっていますが、その他の地域では、経験の浅い警察医が見分官の見分結果を参考に死亡の診断や判断をします。
このへんに問題があるのでしょうけど、やはり司法権を持った検視官(見分官)の実力や能力の向上を図らなければならない問題でしょうね。

投稿: イソップ | 2009年7月 2日 (木) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/45370914

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《81》:

« 法医学リーズン《80》 | トップページ | 法医学リーズン《82》 »