« 法医学リーズン《79》 | トップページ | 法医学リーズン《81》 »

2009年6月29日 (月)

法医学リーズン《80》

~墜落死・転落死~

1 概 説
  最近、高層ビルなどからの飛び降り自殺が話題となっています。
  このほかにも、工事現場の足場から作業員が足を滑らせて墜落死するという
 ようなことがよくあります。これらのように、高所からの落下が原因で死亡したも
 のの大部分は、自殺又は過失による事故死です。
  しかし、時には、崖やビルなどの高所から人を突き落として殺害するとか、階
 段の上でけんかをした挙げ句、階段から突き落として死亡させるなどの事件が
 発生することがあります。
  ところで、これらは、高所から落下した際の衝突に伴う損傷が原因で死亡する
 ものがほとんどですから、死因別に見れば、先に説明した損傷死に当たります。
  しかし、凶器を用いた損傷死とは若干趣が異なりますので、ここでは、あえて
 損傷死とは区別して説明することにします。
 (1)   墜落死・転落死の定義
    高所から落下して死亡した場合、その落下の態様を基準として、通常、
   墜落死と転落死の二通りに区別されています。すなわち、ビルの屋上や工事
   現場の足場などから、飛び降りたり、又は、滑り落ちたような場合、その地点
   から落下地点までの間に他の箇所に衝突することなく一直線に落下して死亡
   したものを墜落死といいます。
    しかし、このように定義付けて見ても、現実に高所から転落した場合に、こ
   の両者を明確に区別することは困難な場合が多く、また、区別する実益も
   それほどありませんから、両者をあわせて説明します。

|

« 法医学リーズン《79》 | トップページ | 法医学リーズン《81》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

今度は≪転落死≫ですか。

崖から海へ突き落として殺した場合なんかは、判定が難しいでしょうね。
死体が上がらなかったら完全犯罪になる場合もあるでしょうね。

殺されたのか、死んだのか・・・。

興味津々です。

投稿: 田吾作 | 2009年6月30日 (火) 01時56分

impact 田吾作さん
良く、スリラー物や事件物に使われることが多いですね。
事件、事故の判断は大変難しいのでしょう。それだけに、発生現場の観察が非常に重要になりますね。
最近発生した重機の横転事故や高所からの転落事故も非常に参考になります。
また、列車の衝突事故や飛行機の墜落事故なども法医学的には同じような状態になるんです。

投稿: イソップ | 2009年6月30日 (火) 12時40分

ひどい風邪を引きました。
のどが痛く、おまけに鼻をかむのが忙しいし、頭がボーーーとしています。

人の墜落死が殺人か、自殺か、事故か。
その難しい判断を下すには、それ相応の状況証拠が必要なんでしょうね。

投稿: 花と風景 | 2009年7月 1日 (水) 11時07分

impact 花と風景さん
それはお辛いでしょう。今の風邪は一番たちが悪いそうです。
体を温めれば熱くて参るし、つい、夜は冷やしてしまうし、無理をせずに十分養生して早く治して下さい。

自他殺の判断は、状況から事の伸展を読み取って、やはり、長い経験と感が必要になるようですよ。

投稿: イソップ | 2009年7月 1日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/45357828

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《80》:

« 法医学リーズン《79》 | トップページ | 法医学リーズン《81》 »