« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月22日 (水)

春の花々・折り紙、千代紙、色へんげ・・・(3)

表現の仕方、春の花々最終回です。
もっと部分的に切り取っても良かったかなとも思いますが、色の変化を楽しむということでまとめてみました。

季節は、いよいよ初夏を迎え、写真撮影には一番向いている良い時候のはずも、最近の陽気ではもう既に夏と言えるような暑さです。
牡丹に薔薇もきっと早く咲き始めることでしょう。例年のことですが、楽しみです。

※ Nikon D700

one
Aha0301

two
Aha0302

three
Aha0303

four
Aha0304

five
Aha0305

six
Aha0306

seven
Aha0307

eight
Aha0308

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

春の花々・折り紙、千代紙、色へんげ・・・(2)

春の花々続きです。
こんな模様の壁紙でインテリアを飾ったらさぞかし賑やかで暖かい部屋となることでしょう。夏季には向かないかも知れませんが、部屋中が明るくなり、ストレスやイライラも吹き飛ぶと思いますが如何でしょう。

※ Nikon D700

one
Aha0201

two
Aha0202

three
Aha0203

four
Aha0204

five
Aha0205

six
Aha0206

seven
Aha0207

eight
Aha0208

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

春の花々・折り紙、千代紙、色へんげ・・・(1)

花々をどう表現するか。
春は何処にでも花々が咲き乱れ、あふれています。
大きな花、可愛い花、集簇する花々など、どう表現すれば良いか大いに迷うところです。
今回は、思い切って、こう云う切り取り方もあるんだという発想から、対象を花そのものに絞り、撮影を試みてみました。
こういう折り紙で鶴や人形を、こういう千代紙で小引き出しや小物入れを飾り、それぞれの色へんげを楽しんだらどんなものでしょうか。

Nikon D700

one
Aha0101

two
Aha0102

three
Aha0103

four
Aha0104

five
Aha0105

six
Aha0106

seven
Aha0107

eight
Aha0108

| | コメント (10) | トラックバック (0)

法医学リーズン《72》

(2) 薬物中毒死
   薬物中毒死の疑いがある変死体を検視する場合には、次のような点に留
  意し、証拠物等の確保に当たらなければなりません。
  (ア) 現場の観察
     すべての変死体の検視に当たって、現場観察を徹底して行うことは大
    変に重要なことですが、取り分け、薬物中毒死の場合には、死体の外部
    所見からだけでは自他殺の判断ができないことが多いことから、現場観
    察の重要性が一層強くなります。
     なお、現場は、犯人や家族などによって変更されることがありますので、
    観察に当たっては、その矛盾等を十分に検討しなければなりません。
  (イ) 死体の服装・位置・姿勢等
     通常、自殺の場合には、汚れた衣服を新しい着衣と取り替えた上、布団
    の中で整然と死亡していることが多いものです。ところが、他殺や事故死
    の場合には、着衣が汚れたままであるとか、あるいは、助けを求めて、出
    口の方向へ飛び出そうとした姿勢等を示していますから、死体の服装・位
    置・姿勢等を十分に観察する必要があります。
  (ウ) 薬物容器等の発見と指紋検出
     自殺の場合には、死体の周辺に、薬物が入っていた空きびんや空箱が
    なければなりません。ただ、死者の家族等が片付けてしまっていることが
    ありますし、逆に、犯人が空きびんや空箱を故意において自殺のように
    偽装することもありますから薬物容器が死体の周辺にあるかどうかという
    ことだけで自他殺の判断をすることは危険です。
     なお、薬物の容器を発見した場合には、必ず指紋の検出を行い、その
    容器に印象されている指紋が誰のものかを特定するようにしなければな
    りません。
  (エ) 残存薬物及び吐しゃ物等の採取
     薬物中毒死の場合、その薬物が何であるかを知ることは大切なことで
    す。そこで、鑑定を行うための材料として、残存の薬物及び吐しゃ物、さ
    らには、失禁尿・脱糞などを必ず採取しておく必要があります。
  (オ) 症状の聴取
     死亡前の症状は、その死因が薬物中毒死であるか、あるいは、薬物の
    種類は何であるかを判断する上において貴重な資料となりますから、嘔
    吐・下痢・腹痛・痙攣・昏睡などの症状が死亡前にあったかどうか、あった
    とすればその状況はどうであったか等を、詳細に聴取しておかなければ
    なりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

♪春が来た、春が来た・・・(5)

チューリップ。早撮り一発勝負sign03  最終回です。
ミニチューリップの軍団に出会いました。その艶やかな色に圧倒されながら、思い切ってひたすら撮影に勤しみました。
春は来てしまいました。

※ Nikon D700 / Zoom 28-300

one
Aia0606

two
Aia0608

three
Aia0609

four
Aia0603

five
Aia0604

six
Aia0601

seven
Aia0602

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

♪春が着た、春が来た・・・(4)

ポピー。早撮り一発勝負sign03
広場いっぱいに咲いていましたが、強い春風に揺れて楽しんでいました。
この花ほど名前をいっぱい持っている花も少ないのではないでしょうか。
ポピー(赤色系の、鬼ゲシ・オリエンタルポピー)、(黄、橙、白色系の、アイスランドポピー)。
アマポーラ(スペイン)、コクリコ(フランス)。
おなじみの、ひなげし、虞美人草等々。

※ Nikon D700

one
Aia0801

two
Aia0805

three
Aia0802

four
Aia0804

five
Aia0803

six
Aia0806_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

♪春が来た、春が来た・・・(3)

木瓜、群植えの花たち、早撮り一発勝負。
太陽に大きく開き、その色は鮮やかsign03
ボケと言う名前なのに、決してボケることなく咲き誇っている。

※ Nikon D700

one
Aia0701

two
Aia0704

three
Aia0705_2

four
Aia0702

five
Aia0703

six
Aia0706

seven
Aia0707

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

♪春が来た、春が来た・・・(2)

水仙、早撮り一発勝負sign03
花はいっぱい咲いていたのですが、何処にでも在る平凡なものばかりでした。

※ Nikon D700

one
Aia0501

two
Aia0502

three
Aia0504

four
Aia0505

five
Aia0506

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

水ぬるむ頃・・・噴 水

底冷えのするトンネルからようやく抜け出たような陽気になりました。
いよいよですね。春本番。
噴水を見てもさほど身の縮む思いをしなくなり、飛沫のかかる近くまで寄ることも出来るようになりましたので、ちょっと遊んでみました。
急いで撮って急いでUP、時期を失しないように、久しぶりに、即、処理をして見ました。

※ Nikon D700

one
Aia0201

two
Aia0205

three
Aia0202

four
Aia0203

five
Aia0206

six
Aia0204

seven
Aia0207

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

♪春が来た、春が来た・・・(1)

クロッカス、冬から春への橋渡し。
ワンチャンス勝負、撮り直しや複数枚の撮影をせず一画面一枚のみの撮影で取り組みました。

one
Aia0401

two
Aia0409

three
Aia0403

four
Aia0407

five
Aia0408

six
Aia0404

seven
Aia0405

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »