« 世界らん展・・・美を競う(3) | トップページ | 終盤の河津桜 »

2009年3月 2日 (月)

伊豆のつるし雛

弥生三日はひな祭り、昔は何処からともなく ♪明かりを点けましょボンボリに・・・♪ と聞こえてきたものですが、最近はあまり耳にしなくなりました。
現在、蘭シリーズの途中ですが、ひな祭りに合わせて伊豆のつるし雛をUPします。
昔をしのび、いっときの夢と想い出にひたってみては如何でしょうかsign03
(画像をクリックすると拡大します。)

one
Aka0101

two
Aka0102

three
Aka0103

four
Aka0104

five
Aka0105

six
Aka0106

seven
Aka0107      

eight
Aka0108

nine
Aka0109 

|

« 世界らん展・・・美を競う(3) | トップページ | 終盤の河津桜 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お雛様、いいですね~。

昔の女性が残り布や古い着物の一部を一針、一針心をこめて作ったつるし雛。
どのつるし雛も日本人の知恵が凝縮されていて見てるだけでも楽しくなります。
カメラを初めてさらにお雛様を撮る楽しみまで増えました!
今年はバタバタと忙しい日が続いたので、うっかりお雛様を忘れるところでした。
それにしてもつるし雛、よくできていますね~。

投稿: 瑠璃 | 2009年3月 3日 (火) 00時31分

impact 瑠璃さん
伊豆の河津桜を撮りに行ったときに展示してあったものを撮ってきました。
内部の照明が暗く、撮影には苦労しましたが何とか見えるように撮れましたので、ひな祭りに合わせてUPして見ました。
手持ちで1/15は厳しい条件でした。

投稿: isoxp | 2009年3月 3日 (火) 01時14分

さすがイソップさん♪
つるし雛が綺麗に撮れてますね~♪
拡大してみたら、もっともっと綺麗であでやかに
見えたよo(*⌒―⌒*)oにこっ♪

私が撮ったのはボケボケだったから
やっぱりイソップさんの写真の腕は最高~と
あらためて感じました( v^-゚)ぶぃ♪

投稿: ねこ | 2009年3月 3日 (火) 01時35分

おはようございます。

つるし雛、初めて見ます。
綺麗なものですね。

⑦に写真を一押ししますが、細かな手作り作品がこれほど集まると、華やかになりますね。

イソップさんに狙いどころを参考にしたいです。

投稿: 花と風景 | 2009年3月 3日 (火) 08時34分

impact ねこさん
これは見せるための展示品であることはご承知の通りです。
ただ、綺麗に見せるために、照明も暗くなっていて、おまけにスポット照明をあちこちに使っていて、撮影条件は非常に悪かったです。
艶やかさと美しさを感じてもらえば嬉しいです。

投稿: isoxp | 2009年3月 3日 (火) 08時59分

impact 花と風景さん
お早うございます。
今回は、歴史のある古い物ではなく、みんな新しく作られた物なので、色も艶やかでした。
つるし雛も回顧主義にこだわる訳では有りませんが、毎年、時代の流れに沿ったものとなって来ていますので、一抹の寂しさもあります。
まあ、何かの参考になれば・・・と思います。

投稿: isoxp | 2009年3月 3日 (火) 09時05分

やはりお雛様をみるとなぜか懐かしい想いが沸いてきます。
伊豆の吊るし雛はみたことありませんがこんなに綺麗に撮れているのは初めてみました。撮りかたひとつでこんなに印象が変わるんですね!
我が家の押入れで眠っているお雛様もたまには出してあげなくちゃあ・・

投稿: おこ | 2009年3月 3日 (火) 14時49分

impact おこさん
こんばんは。
ひな祭りと言うのは、女性にはほのかな温かい思い出があるものでしょうね。
伊豆地方のつるし雛はその歴史も長く、代々引き継がれてきているので、次第に数も増え、ひとつの財産となっているのでしょう。
皆さん大変大切に扱われているようです。
年齢に関係なく、女性の春のお祭りとして、一年に一度は外の空気を吸わせてあげて下さい。

投稿: isoxp | 2009年3月 3日 (火) 18時00分

isoxpさん
こんにちは
以前テレビで紹介されたのを見たような記憶があります。
一つ一つがこんなに手が込んだ物とは思いもしませんでした。
わが宝(娘)の幸せを願い、一針、一針と、いったい愛する者の
ためどれだけの時間を費やしたのでしょう。
「忙しい」が口癖たっだ私には眩しいお雛様たちです。
自分はどれほど娘を愛したのか?こんな反省さえさせられます。

投稿: おいちゃん | 2009年3月 4日 (水) 16時15分

impact おいちゃん
こんばんは。
つるし雛は見れば見るほど細かい手間のかかったものでした。
わが子に対する親の心がにじみ出ている素晴らしい作品です。
それだけに、おろそかに撮影できず、如何に、心を表すか、というところに力点を置いての撮影でした。
少しでも、その時の気持ちが伝わってくれれば、との真剣勝負でした。

投稿: isoxp | 2009年3月 4日 (水) 20時23分

稲取りのつるし雛ですね
友が出かけて 写真を見せてくれました
イソップさんの写真はとても素敵で
つるし雛が身近に感じられました
手作りで 作るかたの気持ちが伝わってきます
すばらしい 作品ですね
こちらでも 岐阜県大垣市 で明日まで つるし雛展
開催されています
一軒 一軒 と飾ってある家を見て歩くんですよ

投稿: Tulip | 2009年3月 7日 (土) 22時41分

impact Tulipさん
つるし雛も稲取から始まって全国的に普及したみたいですね。
でも、やはり古い伝統は伊豆のもののようです。
子供に対する愛情と言うのは、誰でも同じでしょうが、一針ひと針、心を込めて作っている真情にはうなるものがあります。
それをどう表現しようかと迷いつつ撮影しました。その辺を感じ取っていただければ有り難いです。

投稿: isoxp | 2009年3月 7日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/44226779

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆のつるし雛:

« 世界らん展・・・美を競う(3) | トップページ | 終盤の河津桜 »