« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

法医学リーズン《71》

イ 自他殺の判断
  一酸化炭素中毒死の自他殺を判断するための一般的着眼点と一応の基準
 を示しておきます。

① 施錠の状況
 ○ 自 殺
  ・ 部屋の内部から完全に施錠されているときには、自殺と考えられる。
    ただし、プッシュ式の錠や自動車のドアは、外からも施錠できるので十分
   注意しなければならない。
 ● 他 殺
  ・ 施錠されていない場合、特に逃走口と思われる出口がある場合は、他殺
   の疑いが強い。

② 外傷の有無
 ○ 自 殺
  ・ ガス自殺の場合には、外傷は見られない。
 ● 他 殺
  ・ 扼痕や絞痕などの外傷がある場合は、他殺である。

③ 現場や着衣の状況
 ○ 自 殺
  ・ 現場が整頓され、着衣に乱れがない。
 ● 他 殺
  ・ 現場が乱れ、かつ着衣等が乱れているときは、他殺の疑いが強い。

④ ガス栓やゴムホース等の状況
 ○ 自 殺
  ・ 自殺の場合、その目的を遂げるためにゴムホースなどを口にくわえたり、
   あるいは、鼻、口の近くまで引いていることが多い。
 ● 他 殺
  ・ ガス栓が閉められているときには、他殺の疑いがある。
    ただし、ガス漏れに気付き、ガス栓を閉めた後に、死亡することがあるの
   で、この点に注意する必要がある。

⑤ 指紋の状況
 ○ 自 殺
  ・ ガス栓に死者の指紋が付いているときは、自殺の疑いが強い。
 ● 他 殺
  ・ ガス栓に死者以外の指紋が残っているときは、他殺の疑いが強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法医学リーズン《70》

(イ) 自動車の排気ガスの場合
   自動車の排気管にゴムホースを接続して車内に引き込み、そこから出る
  排気ガスを利用して自殺する事案が多く発生していますが、これは、自動車
  の排気ガスに含まれている一酸化炭素による中毒死なのです。
   また、車内に練炭コンロを持ち込んで練炭をおこして死亡したり、車庫内な
  どで自動車のエンジンを掛けっ放しにして仮眠していて死亡することもありま
  が、これらもやはり一酸化炭素中毒死です。
  a 場所の選定
    自殺の場合には、なるべく他人に発見されないようにするため、人目に付
   かない場所(例えば、人通りの少ない山道・川岸、シャッター付き車庫の中
   など)を選んでいます。
  b 密閉保持工作
    自殺の場合、車庫や自動車のドアなどのすきまに新聞紙を挟んだり、ある
   いは、ガムテープなどをはっていることが多いようです。自殺の目的を遂げ
   るために、排気ガスがなるべく外部に逃げないようにするという意図からこの
   ようなことが行われますので、その点の観察を十分に行う必要があります。
  c 死者の着衣に破損や乱れがなく、しかも、運転席等にきちんと腰を掛けた
   状態、あるいはシートを倒して寝た状態のまま、自然な形で死亡している場
   合には、自殺と考えられます。これに対し、他殺の場合は、よほど事後の偽
   装工作を行わない限り、そのような形に整えることは不可能ですから、死者
   の着衣及び姿勢などから自他殺のある程度の判断が出来ます。
  d 手指掌の付着物
    排気ガスを利用して自殺する目的で、自動車の排気管にゴム管をつない
   で自動車内に引き込んだ場合には、死者の手指掌に排気管の煤煙などが
   付着していることが考えられますから、手指掌から付着物を採取することを
   わすれてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

ペリー・ロードを歩く・・・(2)

1時間半のペリーロードの撮影散歩も、最後にお吉資料館を見学して終わりました。
思ったほどよい被写体も有りませんでしたが、往来する人影も少なく、昔の雰囲気に少しでも触れられたことは、それなりに意義のあるものではありました。

※ Nikon D700

one
Aka0309

two
Aka0310

three
Aka0311

four
Aka0312

five
Aka0313

six
Aka0314

seven
Aka0315

eight
Aka0317

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

ペリー・ロードを歩く・・・(1)

伊豆・下田の一番おしゃれな散歩道といわれているペリーロードを歩いてみました。
この道は、その昔、ペリー提督の歩いた道筋で、平滑川という小さな川沿いに、かの有名な了仙寺から下田港にかけて数百メートルの長さの柳並木の道ですが、界隈には蕎麦屋、喫茶店、ブテックなどが並んでいます。
今回は、ペリーロードそのものをぶらぶらと散歩がてらに撮り歩いてみましたが、確かに、古い建物が数件ある程度で、場所柄“怪しい雰囲気のお店などもあれば”などとあらぬ期待は裏切られたようでした(笑)。
昼間と夜とはまた、違いも有るのでしょうし、かなり、細い路地なんかもありましたから、その奥にはそれなりに面白いところがあるのかもしれません。
ペリーロードだけでは方手落ちとなりますので、了仙寺に隣接する宝福寺にも詣で「お吉の墓」にもお参りをしてきました。

※ Nikon D700

one
Aka0301

two
Aka0302

three
Aka0303

four
Aka0304

five
Aka0305

six
Aka0306

seven
Aka0307

eight
Aka0308

| | コメント (12) | トラックバック (0)

法医学リーズン《69》

b 燃焼器具等の点検
  家庭用ガス(都市ガス・プロパンガス等)や石油を燃料として燃焼器具を用
 いる場合、その燃焼器具の機能が不良のために不完全燃焼を起こし、一酸
 化炭素が発生していることがあります。したがって、ガスコンロ・石油ストーブ
 などの機能が正常に働いているか否かを調べる必要があります。
  なお、燃焼器具が不良である場合には、たとえ火が燃えていても一酸化炭
 素が発生していますから、器具の点検に当っては、専門家に依頼して検査し
 てもらう配意が必要です。
c 部屋の密閉状況
  最近ではあまり使用されなくなりましたが、木炭・練炭・豆炭などは、完全に
 燃焼しているように見えても、実は多量の一酸化炭素を発生させています。
  したがって、締め切った室内で木炭などを長時間使用すれば、その部屋に
 いる者は一酸化炭素中毒に陥ります。また、密閉された部屋で長時間の燃焼
 を続ければ、通常、次第に酸素が不足していきますから、燃焼器具の良否に
 かかわらず、また、燃焼物の種類のいかんを問わず、その燃焼はやがて不完
 全燃焼となり、一酸化炭素が発生します。
  このように、一酸化炭素中毒は部屋の密閉状況と大いに関連しますので、
 検視に当っては、その状況を綿密に観察することが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法医学リーズン《68》

(1) 一酸化炭素中毒死
  ア 一酸化炭素中毒死体検視上の留意点
    一酸化炭素を含有するガスは製造ガス(6B)に限られており、ブタンガス
   や天然ガスは一酸化炭素を含んでいません。したがって、これらのガスが
   部屋に充満して死亡した場合は、その死因は酸素の欠乏であり一酸化炭
   素中毒ではありません。もっとも、ガス自体には一酸化炭素が含まれてい
   なくても、それが不完全燃焼を起こした場合には一酸化炭素が発生します
   から、それが原因で一酸化炭素中毒に陥ることはあります。なお、これは、
   プロパンガスについても同じことがいえます。
    また、自動車の排気ガスにも多量の一酸化炭素が含まれており、最近で
   は、自動車の排気ガスによる一酸化炭素中毒死の事例がかなり多く見られ
   ます。
    そこで、ここでは、いわゆる家庭燃料(都市ガスを含む)による一酸化炭
   素中毒死と自動車の排気ガスによる一酸化炭素中毒死に分けて、検視上
   の留意点を述べることにします。
   (ア) 家庭燃料(都市ガスを含む)の場合
     a  ガス栓等の状況
        最近の都市ガスは、製造ガスから天然ガス(13A)に切り替えられ
       いますが、未だに製造ガスが配給されている地域もあります。
        ところで、製造ガスによる一酸化炭素中毒死体を検視する場合に
      は、ガス栓が閉まっているかどうか、ガス管が破損しているかどうかな
      どを観察しなければなりません。ガス栓が開き放しになっていたり、ゴ
      ムホースなどが死体の近くまで引かれていたり、あるいは、口にくわえ
      られていたような場合には、一応、自殺と考えられますし、ガス管に自
      然な破損があった場合には、事故死と考えられます。
       ただ、ゴムホースが死体の近くにある場合でも、犯人が、ガス自殺の
      ように偽装していることがありますので、死体現象や現場の状況と矛盾
      がないかどうかを検討しなければなりません。
       これに対して、ガス栓が閉まっている上、ガス管にも異常がない場合
      は、他殺の疑いが強くなります。しかし、それでも、直ちに他殺と断定す
      ることは出来ません。なぜなら、先に説明したように、一酸化炭素含有
      量が少ない空気でも、それを吸い続けると中毒に陥っていきますから、
      ガス漏れに気付いてガス栓を閉めたとしても、部屋の空気を入れ替え
      ずにいれば、そのうちに中毒死に陥ることが考えられるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

世界らん展・・・Epilogue・・庭を造る夢

最終回です。
色々な種類の蘭をふんだんに使い、あるいは、蘭の花によって侘び寂を出すアンバランスな趣なども捨てがたいものがありました。
わが庵にこんな庭があったら・・・と、夢を見ながら「世界らん展」の撮影記を終わります。
多回に渡り、ご訪問、お付き合いを戴いた方々に感謝いたします。
(画像をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!!)


Ala0901


Ala0902


Ala0903


Ala0904


Ala0905


Ala0906


Ala0907


Ala0908


Ala0909


Ala0910

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

世界らん展・・・贅沢な集合の美

多くの蘭を集めてひとつの舞台で美を競わせる。
これほど贅沢なものはありません。それぞれが持っている美しさを集めて比べ、なおかつ人為的にその美しさが引き立つように配列し、見るものを魅了しています。
ちゃっかりディズニーキャラもスペースを持っていました。
(画像をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!!)


Ala0801


Ala0802


Ala0803


Ala0804


Ala0805


Ala0806


Ala0807


Ala0808


Ala0809


Ala0810       

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

世界らん展・・・美を競う(5)

美を競うの5回目です。
(画像をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!!)


Ala0701


Ala0702


Ala0703


Ala0704


Ala0705


Ala0706


Ala0707


Ala0708


Ala0709


Ala0710

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

世界らん展・・・美を競う(4)

美を競うの4回目です。
(画像をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!)


Ala0601


Ala0602


Ala0603


Ala0604


Ala0605


Ala0606


Ala0607


Ala0608


Ala0609


Ala0610       

| | コメント (6) | トラックバック (0)

終盤の河津桜

二月末に伊豆半島河津へ「河津桜」を撮影に行ってきました。
ロケハンの予定が立たず、この時期になってしまいましたが、今年は、暖冬で残念なことに桜花は既に終盤を迎えていました。
それでも、木々には散りかけた花の蜜を求めてメジロが来ていましたが、既に若葉が芽吹き、あるいは、葉を開いていて、思うようにその姿を追う事も出来ず、全てが不本意な結果となりました。
また、近接する「峰温泉大噴湯公園」の噴湯も、<100度の温泉が地上約30メートルまで噴き上がる>と言う宣伝程でもなく、ちょっと物寂しい気持ちでロケを終了してきました。
何の脈絡もなく、10枚ほどUPしましたので、ご覧戴ければ有難く思います。


Aka0202


Aka0201


Aka0203


Aka0204


Aka0205


Aka0206


Aka0207


Aka0208


Aka0209


Aka0210       

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

伊豆のつるし雛

弥生三日はひな祭り、昔は何処からともなく ♪明かりを点けましょボンボリに・・・♪ と聞こえてきたものですが、最近はあまり耳にしなくなりました。
現在、蘭シリーズの途中ですが、ひな祭りに合わせて伊豆のつるし雛をUPします。
昔をしのび、いっときの夢と想い出にひたってみては如何でしょうかsign03
(画像をクリックすると拡大します。)

one
Aka0101

two
Aka0102

three
Aka0103

four
Aka0104

five
Aka0105

six
Aka0106

seven
Aka0107      

eight
Aka0108

nine
Aka0109 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

世界らん展・・・美を競う(3)

美を競うの3回目です。
(画像をクリックすると拡大します。大画面でどうぞ!)


Ala0501


Ala0502


Ala0503


Ala0504


Ala0505


Ala0506


Ala0507


Ala0508


Ala0509


Ala0510         

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »