« 法医学リーズン《61》 | トップページ | 新春御挨拶 »

2008年12月11日 (木)

法医学リーズン《62》

(2) 毒物の分類
   中毒死の原因となる毒物は、種類が極めて多い上に、その作用も多様に
  わたるものですから、すべての中毒死についてここで説明することは困難で
  す。
   そこで、私たちが日頃耳にする機会の多い、一酸化炭素・青酸化合物・燐
  ・有機燐剤・睡眠剤による中毒死について説明することにします。
  (1)  一酸化炭素中毒死
     締め切った部屋の中で都市ガスや石油ストーブなどの暖房器具の不完
    全燃焼ガスを吸ったり、あるいは、自動車の排気ガスを吸ったりして死亡
    する事案が数多く発生していますが、これらはいずれも、ガスの中に含ま
    ている一酸化炭素による中毒死です。
     一酸化炭素による中毒死は、その大部分が事故死または自殺によるも
    のです。しかし、時には、睡眠剤を飲ませて眠らせたり、あるいは、酒を飲
    んで熟睡している機会をねらい、ガス栓を開いて一酸化炭素中毒死させる
    という殺人事件が発生していますし、また、他の方法で殺害した後にガス
    を漏出させて、ガス自殺に見せかけたという事案も発生しています。
    ア   一酸化炭素の性状
       一酸化炭素は、都市ガス(ただし、通常、6Bと呼ばれている製造ガ
      スに限る。)や自動車の排気ガス、更には、炭素を含有するもの(例え
      ば、炭火や練炭など)の不完全燃焼ガスの中などに含まれていますが、
      空気よりもやや軽く(比重0.967)、無色・無臭・無刺激の可燃性ガス
      です。
        イ  一酸化炭素の作用
       一酸化炭素は、赤血球の中に含まれているヘモグロビンと酸素との
      結合を阻害して内窒息を起こさせ、その結果、種々の中毒症状を生じ
      させて、ついには人を死亡させることになるのですが、この関係をもう
      少し詳しく説明します。
       血液中の赤血球の中には、ヘモグロビン(血色素)と呼ばれるものが
      あります。このヘモグロビンは、体内の臓器や細胞への酸素の運搬、
      さらには、臓器及び細胞から肺臓への炭酸ガスの運搬という重要な
      役割を果たしているのです。すなわち、ヘモグロビンは、肺臓において、
          呼吸作用によって吸収された酸素と結合し、酸素ヘモグロビンとなって
      酸素を体内の各臓器及び細胞へ運んで供給する一方、臓器及び細胞
      から炭酸ガスを受け取って、これを肺臓へ運び、酸素と炭酸ガスを交
      換する作用を常時繰り返して、人の生命を維持させているわけです。
       ところが、一酸化炭素が肺臓へ入ると、酸素よりも200~300倍強い
      といわれる結合力でヘモグロビンと結合して一酸化炭素ヘモグロビン
      となりますから、その分だけ酸素ヘモグロビンが減少することになりま
      す。結局、血液によって運搬される酸素の量が少なくなり、体内の臓器
      及び細胞は次第に酸素が不足して、いわゆる内窒息を起こすわけで
      す。
       そして、一酸化炭素ヘモグロビンが血液中の約40~60%に達すると、
      人は死亡するといわれています。
    ウ  中毒症状
       一酸化炭素中毒の主な原因は、体内の酸素が欠乏することにあり
      ますから、その中毒症状も、酸素欠乏による意識障害が主たる症状
      となります。そして、一酸化炭素中毒の初期には、頭痛・耳鳴り・動悸
      ・嘔吐などの症状が現われ、その後、意識を失って昏睡状態となり、
      ついに死亡するといわれています。最も、これは、一酸化炭素が少な
      い場合の症状であり、一酸化炭素を多量に吸い込んだ場合には、数
      回の呼吸で昏睡状態に陥り死亡してしまうことがあるといわれていま
      す。
    エ  死体所見
       死体の外部所見からは、その死因が一酸化炭素中毒であると直ち
      に分かるようなものはありません。ただ、一酸化炭素ヘモグロビンは、
      通常のヘモグロビンよりも赤味が強く鮮明な血をしているために、血
      液全体が鮮紅色となり、このため、一酸化炭素中毒死体の死斑が鮮
      紅色を呈していることが多いのは事実です。また、手・足の爪床や口
      唇などの粘膜部が鮮紅色を呈していることもあります。
       そして、時には、眼瞼結膜などに溢血点が発現していることもあり、
      その多くは、通常の溢血点よりも赤味の強い色を呈しています。   

|

« 法医学リーズン《61》 | トップページ | 新春御挨拶 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

自殺にしろ他殺にしても、最近の不況がもたらす社会現象には閉口するばかりですね。
最近よく耳にする機会が多い、大手企業の大量リストラ。
いきなり解雇を言い渡し、即座に寮の明け渡しを迫るという話も聞かれる。
決して企業がリストラを結構せずとも、経営には危機感がないとも聞く。

この正月もまともに迎えられずに苦しむ労働者が社会に溢れ出すことになる。
国は、それを黙って見ているのだろうか。

投稿: 花と風景 | 2008年12月11日 (木) 12時36分

impact 花と風景さん
うーん、なかなか難しい問題ですね。
最近の国際情勢から派生的に日本にも影響が出てきたようですが、私の分析では、大きな転換の過渡期のような気がします。
今の政府が悪いのではなく、だれが政局を担当しても、長短はあるでしょうが同じような状況が出てくるのではないでしょうか。
三度の飯を二度にしてでも、とにかく年を越すことを考えなければ!

投稿: isoxp | 2008年12月11日 (木) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/43285904

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《62》:

« 法医学リーズン《61》 | トップページ | 新春御挨拶 »