« 法医学リーズン《59》 | トップページ | 法医学リーズン《61》 »

2008年12月 3日 (水)

法医学リーズン《60》

        ~中  毒  死~

1 概 説
  中毒死は、睡眠薬や農薬を飲んで自殺したとか、家庭燃料の不完全燃焼
 に気づかず一酸化炭素中毒死したとか、あるいは、フグの毒に当り食中毒で
 死亡したというように、その大半は自殺または事故死です。しかし、中には、
 コーラや牛乳などの飲み物に青酸カリを混入して人を殺害したり、心中を装っ
 て相手に大量の睡眠薬を飲ませて殺害するなどの他殺もあります。
  このように、中毒死には、自殺・他殺・事故死の場合があり、しかも、中毒死
 の原因となる毒物も多種多様ですから、自他殺の判断や毒物の究明などが
 非常に難しいといえます。
(1)  定 義
    一般的に中毒とは、「毒物の作用により生体の生理的機能が障害され、
  生理的現象に変調を来たした状態」のことを指しますが、これを簡単に言え
  ば、「毒物により生体に引き起こされる障害」ということになります。
    そして、その障害によって死亡した場合を中毒死といいます。
    いずれにしても、ここで中毒死というのは、毒物及び劇物取締法にいう
  毒物や劇物の影響を受けて死亡した場合だけでなく、その他一切の毒物の
  影響を受けて死亡した場合をも含みます。
    ところで、毒物というと、通常、毒物及び劇物取締法にいう毒物・劇物だけ
  を連想しがちですが、実際はそれだけに限りません。法医学上、毒物とは、
  「無機あるいは有機の無生物で、主としてその化学的作用によって比較的
  少量で生体の健康を害し、あるいは死に至らせる物質」と一応は定義付けら
  れています。
    しかし、毒物をこのように定義付けてみても、現実には、どの種類のどの
  範囲までを毒物といっていいのか必ずしも明確ではありません。というのは、
  金属・酸・アルカリ・アルカロイド・有機溶媒、医薬品、食品類などから細菌に
  至るまで、多くのものが毒物となり得るからなのです。 

|

« 法医学リーズン《59》 | トップページ | 法医学リーズン《61》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

一つ質問して宜しいでしょうか?

睡眠薬を大量に飲むとどうして死に至るのかが疑問に感じていたのですが。

少量だと、快眠できるお薬ですよね。
それを誤って大量に飲んでしまうと、死に至るのが不思議なのです。

大漁に飲料すると、体内で何が起きるのでしょうか?

投稿: 花と風景 | 2008年12月 4日 (木) 08時14分

impact 花と風景さん
睡眠剤を多量に摂取すると、脳神経や中枢神経等に変化をもたらし、その機能が働かなくなり不全を起こすことにより、内窒息のような症状を起こしてしまいます。
次第に多臓器も不全となり、死に至るのです。
細かいことについては、後日、睡眠剤中毒死のところで説明いたします。
何れにしても薬の飲みすぎは危険なんです。

投稿: isoxp | 2008年12月 4日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/43273879

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《60》:

« 法医学リーズン《59》 | トップページ | 法医学リーズン《61》 »