« 法医学リーズン《57》 | トップページ | 法医学リーズン《59》 »

2008年11月28日 (金)

法医学リーズン《58》

(3)  射撃距離による創傷の所見
   射撃は、弾丸を発射する位置と目的物との間の距離によって、接射・近射
  ・遠射に分けられますが、銃創の所見もその距離によって異なった所見を呈
  します。
  ア 接射による射創
    銃口を身体に接着させたり、近接させて弾丸を発射した場合には、弾丸
   とともに爆発ガスが猛烈な勢いで皮膚に当るため、射入口付近は破裂状
   に挫滅している上に、強く焼けただれ(焼輪)、火薬粉末の炭末が多数付
   着しています(煤暈)。そして、射入口は、星形の破裂創を形成し、創縁は
   挫砕され、その直径は弾丸よりも数倍大きくなります。
    このため、接射の場合には、近射や遠射の場合と異なり、射出口より射
   入口の方が大きくなっています。また、射入口の破裂と同様、射出口の破
   裂も著しく、さらに内部の組織片や骨片が押し出されていることがあります。
   そして、射創管についても、その内壁の焼けただれや破壊が著明です。
  イ 近射による射創
    近距離(1~2メートル以内)から弾丸を撃ち込んだ場合、射入口付近は
   内部へ陥没し、円形の挫滅輪を形成します。そして、挫滅輪の周囲には、
   焼輪や煤暈がつくられています。また、射創管は、組織が破壊されて出血
   し、挫滅状になっており、射出口は射入口より大きく、その形は不整で、周
   辺には小破裂が生じています。
  ウ 遠射による射創
    遠距離から撃たれた場合、射入口付近には、焼輪・煤暈がなく、射入口
   は、小さな円形の挫創を形成します。射出口は、通常、射入口より大きい
   破裂状を呈しています。また、弾丸が斜めに撃ち込まれた場合の射入口
   は、射出口よりも大きくなり、いずれが射入口か射出口か分からない形状
   を呈することがあります。
(3) 散弾銃創
   散弾銃は、一度に多数の散弾が飛び出す銃器ですから、散弾銃によって
  受けた銃創は、いわゆる単体の銃弾による創傷と違った性状を呈します。
   すなわち、創面は、一定の幅を持った円形の区域に多数の小さな銃創を
  つくっています。そして、その銃創は、中心部に密集し、外周に従って分散
  しています。ただし、射撃の距離が約2メートル以内の場合には、各散弾が
  集合して当るために1個の大きな創口を形成しています。なお、散弾の火薬
  の量が多いため、散弾銃創には焼輪・煤暈が著明に見られます。

|

« 法医学リーズン《57》 | トップページ | 法医学リーズン《59》 »

事件分析」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

7年程前に栃木県で起こった散弾銃事件。
被害者の2階台所へ向けられた散弾銃。
私は、その時の状況証拠となる冷蔵庫に当たった無数の弾痕を写真で見る機会がありました。

なお、加害者は直後に隣に住む被害者の義理の妹(今でも生存)さんへも発砲した後、自ら同じ銃で自害しています。

生存している妹さんは、今でも頭に無数の散弾が入ったままで、車椅子生活となって苦しんでいます。

投稿: 花と風景 | 2008年11月28日 (金) 14時45分

impact 花と風景さん
散弾銃の被害は単弾と違い悲惨です。
火薬の量も多く、その威力は絶大なもので、弾丸が広く拡散するところから命中率も非常に高くなります。
確かに狩猟には向いていますが凶器として使用されるとこれほど危険なものはありませんね。
所持許可者の認定には厳しい規制が必要だと思います。意外と簡単に入手できることも問題ですよね。

投稿: isoxp | 2008年11月28日 (金) 20時28分

う~ん、恐ろしい。

刃物の傷のほうが可愛いですね。

白人が考える武器は残虐です。
特にショットガンは嫌らしい。

とは言いながら、田吾作は子供のころ空気銃で随分小鳥を殺しました。


投稿: 田吾作 | 2008年11月29日 (土) 16時05分

impact 田吾作さん
飛び道具(古い!)は嫌ですね。
アメリカ西部の開拓時代を考えると、毎日が生死をかけた真剣勝負だったんではないでしょうか。それに比べれば、日本の武士道は可愛いもんですね。危なくなったら間合いを取って逃げればよいわけですから・・・
余り、呑気なことも言っておれませんが、銃器の犯罪は怖いです。
私も子供の頃は空気銃を持っていました。もちろん、親の名義で購入したんですが、小鳥は撃たず、射撃訓練をしていました。
今は、そう簡単には購入できないそうですね。いいことです。

投稿: isoxp | 2008年11月29日 (土) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/43225451

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《58》:

« 法医学リーズン《57》 | トップページ | 法医学リーズン《59》 »