« 法医学リーズン《56》 | トップページ | 法医学リーズン《58》 »

2008年11月26日 (水)

法医学リーズン《57》

6 銃器による創傷
  けん銃などの各種銃器による創傷(いわゆる銃創)は、銃器の種類及び射
 撃距離などの違いにより異なった性状を呈します。

 (1)  銃創の意義・種類・名称
    銃創とは、銃器から発射された弾丸による創傷をいい、射創ともいわれ
   ます。
   ア 銃創の種類
     銃創には、貫通銃創・盲管銃創・擦過銃創・反跳銃創・回旋銃創・散弾
    銃創などがあります。
   イ 銃創部等の名称
     銃創には、今まで説明した創傷とは異なった種々の特徴点があり、そ
    れには、それぞれの名称が付けられています。
      (ア) 射入口・・・弾丸が打ち込まれた部分で、通常は、円形の挫創を形成
             していますが、弾丸が発射された距離・角度の違いにより、
             異なった形状を示します(参考図ア)。
     (イ) 射創管・・・弾丸が体内を通過したためにできた創洞をいいます(参
             考図イ)。創洞部分の組織には、炭末(すす)・火薬粉末・
             油などが付着していることが多く見受けられます。
     (ウ)  射出口・・・打ち込まれた弾丸が身体から飛び出した部分をいいま
             す(参考図ウ)。形状は、射入口とほぼ同じですが、射入
             口よりも大きくなっているのが通常です。
    (エ)  挫滅輪・・・射入口及び射出口の創縁は、通常、挫滅して輪状の挫創
             を形成しており、これを挫滅輪といいます。挫滅輪は、弾丸
             の威力が強くなるに従って大きくなるといわれています。
    (オ)  焼輪・・・弾丸が発射されると、銃口からは、弾丸とともに火炎や熱気
            が噴射されるため、接射・近射した場合には、射入口付近が
            黒く焼けただれます。これを焼輪または焼暈(しょううん)とい
            います。
    (カ) 煤暈(ばいうん)・・・射入口付近に未燃焼の火薬及び炭末が付着し、
            射入口を中心とした輪状の隈取をしているものがあります。
            これを煤暈といいます。
    (キ)  汚物輪・・・弾丸に油などが付着している場合に、それが射入口付近
             に輪状に付着することがあります。これを汚物輪といいます。

Dscn086048
Dscn086149
   A 遠射   B 近射    C,D 至近射      E 銃口

|

« 法医学リーズン《56》 | トップページ | 法医学リーズン《58》 »

事件分析」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法医学」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

最近もありましたが、モデルガンの摘発押収。

日本でも、危険な拳銃が横行しているニュースには、ビックリしています。

最近では、暴力団ばかりではなく、普通の市民までが拳銃を持っているのかと思うと怖いですよね。

投稿: 花と風景 | 2008年11月26日 (水) 19時40分

impact 花と風景さん
過去には、銃というと暴力団という相場になっていましたが、最近は誰でもが世界中に出かけるようになり、簡単に拳銃などを購入できるようになったのもその一因でしょうね。
法をいくら厳しくしても、所詮は人間の運用するもの、目をかいくぐって持ち込む事案が増えているそうです。
素人だけに怖いですねー
製造技術も進歩したためでしょうが、真正銃に近い性能の物が造られるのも怖いことです。

投稿: isoxp | 2008年11月26日 (水) 21時17分

う~~ん、面白い、って言っちゃぁいけませんね。

でも、銃創というだけで こんなにいろいろあるんですね。
普段、聞いたことがないテーマだけに興味津々です。

投稿: 田吾作 | 2008年11月27日 (木) 02時39分

impact 田吾作さん
なかなか一般にはなじまない問題ですが、興味を持って読んでいただけれ幸いです。

このところ、凶器を使用した凶悪事件が頻発しており、私のブログにアクセスが増えてきていて、更新を急かされています。

投稿: isoxp | 2008年11月27日 (木) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181265/43211601

この記事へのトラックバック一覧です: 法医学リーズン《57》:

« 法医学リーズン《56》 | トップページ | 法医学リーズン《58》 »